Qtasljnmylyezf4m37nf

女優

CATEGORY | 女優

浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?自伝が良い?映画は?

2018.07.15

浪花千栄子さんという昭和の大女優をご存知ですか?数多くの映画に出演し、関西弁を使った演技は今も高い評価を得ています。そんな浪花千栄子さんの死因や本名、子供について今回はまとめました!死因や本名、子供以外にも映画作品や自伝についても特集していきます!

  1. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】昭和の大女優・浪花千栄子特集!
  2. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】浪花千栄子の死因は?
  3. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】浪花千栄子の結婚相手は?離婚していた?
  4. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】元夫の二台目天外とは?
  5. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】浪花千栄子に子供はいる?
  6. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】浪花千栄子が出演した映画特集!「悪名」が話題に?
  7. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】行方不明状態から人気女優へ!
  8. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】オロナインのcmでも人気!
  9. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】今でも人気!浪花千栄子の自伝特集!
  10. 【浪花千栄子の死因や本名は?子供はいたの?】浪花千栄子特集・まとめ

浪花千栄子プロフィール

浪花千栄子さんは、1907年(明治40年)11月19日生まれの昭和初期から後期にかけて活躍した女優です。大阪府南河内郡東板持町(現・富田林市)出身で、本名は南口キクノ(なんこうきくの)になります。大阪生まれなだけあってコテコテの関西弁が特徴的な女優さんでした。

女優になるまでの生活とは

浪花千栄子さんは養鶏業を営む家に生まれており、裕福な家庭で生まれ育ったわけではありませんでした。8歳の頃には、道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公に出されたそうです。その後、京都で女給として働きます。女給とはカフェやバーなどの飲食店でお客さんの接待や給仕をする女性を表す言葉なのですが、今でいうホステスに近いニュアンスになります。

女優としての来歴

そんな浪花千栄子さんですが、18歳のときに知人の紹介で一座に入ります。舞台にも立つようになりますが入場客に恵まれず東亜キネマ等持院撮影所に移っています。「香住千栄子」の芸名で端役出演を続け、1926年に「帰って来た英雄」という大作映画の準主役に大抜擢となりました。その後順調に映画出演するも、給料未払いなどが理由で一度映画界から足を洗うことになります。

松竹新喜劇の看板女優へ

映画界から離れた浪花千栄子さんは「新潮劇」に参加し、後に夫となる二代目渋谷天外などが旗揚げした松竹家庭劇に加わります。その後、松竹新喜劇の看板女優となり活躍しました。関西弁が印象的な浪花千栄子さんですが、大阪で旗揚げされた劇団に所属していたことも大きな理由となるでしょう。

66歳で死去

浪花千栄子さんは66歳で亡くなっており、既に故人となっています。1973年12月22日にお亡くなりになっているので、今の若い世代は浪花千栄子さんを知らない人が殆どと言えるでしょう。

死因は消化管出血

引用: http://www.shochiku.co.jp/shinkigeki/wp/cast/wp-content/themes/sinkigeki_cast/images/meiyu_img19.jpg
浪花千栄子さんの気になる死因ですが、消化管出血による急逝とのことです。急逝とのことですから、死去直前までは、大きな病気など患っていなかった可能性があります。没後には、勲四等瑞宝章受章しています。

二代目天外と結婚

引用: http://www.tv-ranking.com/photo/detail/9/9727_3.jpg
浪花千栄子さんは、松竹家庭劇に入ったことがきっかけとなり、旗揚げメンバーの二代目渋谷天外と結婚しています。1930年、松竹家庭劇に入った年に結婚されているようですから、今でいうスピード結婚だったのかもしれません。

離婚の理由とは?

ただ、二代目渋谷天外と浪花千栄子さんは離婚しています。離婚した時期は明確にはわかりませんが、松竹新喜劇を退団されているのが1951年なので、約20年程結婚していたのではないかと推測されます。この離婚理由は、二代目天外が新人女優との間に子供を作ったからだそうです。女性としてはショックな離婚理由ですよね。

二代目渋谷天外プロフィール

引用: http://www.shochiku.co.jp/shinkigeki/wp/cast/wp-content/themes/sinkigeki_cast/images/meiyu_img16.jpg
浪花千栄子さんの夫だった二代目渋谷天外さんは、松竹新喜劇を創立した上方を代表する喜劇俳優、劇作家です。楽天会の主宰者、初代渋谷天外の長男だったこともあり、二代目と名乗っています。松竹家庭劇、松竹新喜劇の旗揚げに関わり、看板俳優兼作家としても活躍し昭和の演劇界に名前を残しました。

紫綬褒章・勲四等旭日小綬章を受賞

二代目渋谷天外さんは1983年に76歳でこの世を去っていますが、1968年には紫綬勲章、1977年には勲四等旭日小綬章を受賞しています。紫綬褒章とは、社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰する日本の栄典の一つであり、「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与されるものです。そのことからも二代目渋谷天外さんが、いかに昭和の文化に大きな影響を与え、大きな功績を残したかがわかります。

子供がいる情報はなし

引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201403/11/93/b0324293_09260603.jpg
浪花千栄子さんに子供がいるのか気になるところですが、子供に関する情報はありませんでした。夫と別の女性に子供ができて離婚していることを考えても、浪花千栄子さんには子供がいなかった可能性が高いです。

三代目渋谷天外は誰の子供?

夫であった二代目渋谷天外さんには、三代目渋谷天外(渋谷天笑)さんがいます。ただ、三代目渋谷天外さんの母親は渋谷喜久栄さんであり、二代目渋谷天外さんの後妻になります。浪花千栄子さんの息子ではありませんでした。

関西弁を魅力に多数の昭和映画に出演

離婚後も多数の映画に出演している浪花千栄子さん。溝口健二監督の「祇園囃子」では、ブルーリボン助演女優賞を受賞しています。このことがきっかけで、映画監督の溝口健二監督、木下恵介監督の作品に重用されるようになります。演技力だけではなく関西弁がうまい、関西弁が印象的といった評価も多いです。

「悪名」シリーズは必見!

浪花千栄子さんには代表的な映画作品が多数ありますが、中でも「悪名」シリーズは浪花千栄子さんにとっても代表作と言えるでしょう。「悪名」は勝新太郎さん主演で、勝新太郎さん中村玉緒さんの代表作でもあります。この「悪名」で浪花千栄子さんは、主人公に渾身の折檻を加える女親分・ 麻生イト役を演じています。ここでも、関西弁を使った演技で存在感を光らせました。「悪名」以外にもサザエさんシリーズ、宮本武蔵シリーズに出演していますが、「悪名」は浪花千栄子さんを知りたい人にとって必見の映画と言えるでしょう。

松竹新喜劇を退団後は芸能界から去っていた

数多くの映画で活躍した浪花千栄子さんですが、実は離婚し松竹新喜劇を退団した後は芸能界から足を洗っており、同業者の間では行方不明状態だったそうです。離婚理由もショッキングなものですから、お芝居する気持ちになれなかったのかもしれません。

プロデューサーが浪花千栄子を発見!NHKラジオに出演!

そんな浪花千栄子さんを当時のNHK大阪放送局のプロデューサー・富久進次郎さんが探し出します。NHKラジオの「アチャコ青春手帖」に花菱アチャコの母親役として出演し、人気を得ます。その後、「お父さんはお人好し」にも出演、長寿番組となり、斎藤寅次郎監督により映画化もされました。「アチャコ青春手帖」は「悪名」同様に、浪花千栄子さんの代表作と言えるでしょう。

オロナインのおばちゃんと言えば浪花千栄子

浪花千栄子さんはcmでも活躍しています。オロナイン軟膏のcmに出演し、昭和の街並みでよく見かけるホーロー看板にも登場しました。

オロナインのcmに出た理由は?

ちなみにオロナインのcmに起用された理由は、浪花千栄子さんの本名が大きく影響しているようです。浪花千栄子さんの本名は「南口キクノ」。「なんこうきくの(軟膏効くの)」にちなんでcmに出演が決まりました。オロナインのcmは多数のキャラクターが器用されていますが、その長い歴史を見ても浪花千栄子さんのcmキャラクターは大きな存在感を放っています。

自伝「水のように」を出版

浪花千栄子さんは自伝も有名です。1965年に自伝「水のように」を出版しました。これまでの半生を綴った内容に、胸打たれたという人もたくさんいます。

自伝を元にしたドラマも

この自伝「水のように」はドラマ化もされました。1965年10月~12月の間、連続ドラマとして放送されています。浪花千栄子さんの自伝を元に、下積みから喜劇人として脚光を浴びるまでをドラマチックに描いたドラマとなりました。
昭和の大女優、浪花千栄子さんの特集を今回はご紹介致しました。浪花千栄子さんの関西弁はやわらかく、艶があって素晴らしいと今でも高い評価を得ています。2016年には浪花千栄子さんの映画特集もあったようですし、今後も昭和の大女優の功績を見直す特集があるかもしれません。たまには昔の映画作品に心ときめかせるのもいいですね。演劇界に大きな功績を残した、浪花千栄子さんを心に留めておきましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/panacho/20140515/20140515091503.jpg