Jirvudzdyxitmvhhdfx8

女優

CATEGORY | 女優

安藤サクラの両親って誰?サラブレッド女優との噂は?【要保存】

2018.02.09

有名人の両親を持ち、サラブレッド女優として幼い頃から自身の夢と周囲の目の間で葛藤を続けていた安藤サクラさん。彼女のご両親はどのような人物だったのでしょうか?また、やはり芸能人として活躍している結婚相手はどんな人でしょう?安藤サクラさんについてまとめてみました。

  1. 安藤サクラってどんな人?
  2. 安藤サクラのプロフィールは?
  3. 安藤サクラはサラブレッド?その両親とは!
  4. 父親の奥田瑛二ってどんな人?
  5. 母親の安藤和津ってどんな人?
  6. 両親だけじゃない?安藤サクラの姉も有名人?!
  7. 両親だけじゃない?血縁者も有名人だった?!
  8. 安藤サクラの結婚相手は?その親も芸能人?
  9. 結婚相手の柄本家も芸能人一家?
  10. 安藤サクラの性格は?
  11. 安藤サクラのエピソードは?
  12. 安藤サクラの子供は?
  13. まとめ
安藤サクラさんは、テレビドラマ・舞台・映画と幅広い活躍を見せている女優さんです。
代表作は「百円の恋」「愛のむきだし」。優さんとして数々の名だたる賞を受賞されています。
本名は柄本さくら(旧姓 安藤さくら)
1986年2月18日生まれ東京都出身
身長160cm 血液型A型
学習院女子大学国際文化交流学部を卒業
サラブレッドと言われている安藤サクラさんの父親は俳優として活躍している奥田瑛二さん、母親はエッセイストの安藤和津さんだそうです。
父親の影響で幼いころから舞台に触れ、5歳のときには早くも女優になるという夢を抱いていました。一方で芸能関係者を家族に持っていることから、周囲の目を気にし一度は夢を諦めてしまったそうです。
高校生になり、再び女優の道を志したそうですが、やはり父親である奥田瑛二の名は大きく、しばらくは二世女優と言われる事に悩んでいました。サラブレッド所以の悩みですね。
そういった環境の中でも、難しい役、癖のある役を実力をもってこなし、「ブルーリボン賞」や「日本アカデミー賞」など多くの賞を受賞しています。
安藤サクラさんの父親である奥田瑛二さんは、俳優として活躍されている人物です。また、声優・ナレーターとして活動する一方で映画監督という顔も持っています。監督として手がけた「長い散歩」はモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞するほどです。
引用: https://www.pakutaso.com/20171058290post-13704.html
安藤和津さんはエッセイストとして数々の著書を出している方です。夫である奥田瑛二さんが映画監督として手がけた「長い散歩」の小説版も出版しています。
結婚前にはキャスターとしてデビューした経験もあるそうです。一家で多彩なようですね。
また、お姉さんは映画監督の安藤桃子さん。姉である安藤桃子さんが助監督として参加していた作品「風の外側」は安藤サクラさんの映画デビュー作となっています。
そんな姉とも一種の共演の形になった映画デビュー作には、両親も出演されたのだとか、サラブレッドと言われる女優ならではの作品ですね。
また、安藤サクラさんが主演を演じている「0.5ミリ」は姉の安藤桃子さんが監督を務めている作品です。
この作品は安藤サクラさんいわく、世間からの見られるイメージが変わった作品でもあるのだとか。この映画の役によって、自分が今まで出せてなかった部分を表現できたそうです。姉妹であるからこそわかっている内面を姉である桃子さんが引き出せたのかもしれませんね。
ちなみに、「0.5ミリ」は姉の桃子さんが高知に移住するきっかけの作品でもあったそうです。
芸能関係者以外にも、安藤サクラさんの血縁者には名だたる人物がいることがわかりました。
引用: https://www.pakutaso.com/20160623180post-8257.html
なんと祖父は政治家として活動し、法務大臣も務めた犬養健さん。そして曽祖父は元内閣総理大臣の犬養毅さんなのです。
これは芸能関係の道に進まなかったとしてもサラブレッドと言われたかもしれませんね。
安藤サクラさんは、俳優の柄本佑さんと2012年に結婚しています。
代表作は「あさが来た」「雲霧仁左衛門」「美しい夏キリシマ」などです。
結婚よって義理の両親はそれぞれ、俳優の柄本明と女優の角替和枝となりました。
柄本明さんは映画や舞台はもちろんのこと、テレビドラマ・CMも多数出演し、紫綬褒章を受賞するほどの人物であり、「ふるさと再生 日本の昔話」でナレーションを務めています。
義理の母親である角替和枝さんは「コメディー道中でござる」などに出演しており、名脇役としてドラマ界隈ではかかせない人物となっています。
さらに義理の弟に俳優の柄本時生をもつことになり、さらに芸能関係者の親戚が増えることになったのです。
義理の弟にあたる柄本時生さんとは、NHKの連続テレビ小説で夫婦役として共演したこともあります。
柄本時生さんは「ノルウェイの森」「関数ドミノ」「愛してたって、秘密はある」など、テレビドラマ・舞台・映画幅広い活躍を見せています。テレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。
安藤サクラさんの性格について調べてみると悪い噂もちらほらあります。本当なのでしょうか?
本人が昔は素行が悪かったという発言をしていたようです。素行が悪いといっても、人に危害を加えるような素行の悪さではなく、学校をサボりがちだったということらしいです。悪さをしていたわけではないようですね。
そういった発言に加え、性格が悪いイメージがついたのは彼女の役柄のせいかもしれません。演技派の女優さん、俳優さんは役のイメージによって世間からの高感度が上がったり下がったりすることも珍しくありませんよね。例に漏れず安藤サクラさんも怖い役をすればあまりに演技がうますぎて、本人が怖い人であるという印象を植え付けてしまったのかもしれません。
ある意味、女優として最大の評価ともいえそうですね。実際、性格が悪いと言われるようなエピソードは見当たりませんでした。
女優として人前に出ている彼女ですが、実はとても引っ込み事案で人見知り、内向的な性格だそうです。一方で仕事となると人が変わったように積極的になるのだとか。そういうところが彼女の演技力にもつながっているのかもしれませんね。
役に関しては、監督の理想に沿って演じるのが本人自身性格に合っていると発言しているそう。引っ込み思案な部分があるからこその発言かもしれません。
役柄のためにかなりハードな減量も行っていたそうです。それも10日間に10kgもおとしたのだとか。それでも体調を崩すどころかどんどん役にのめり込み、素晴らしい演技を見せた彼女。女優という立場に対する執着と誇りが安藤サクラさんを凄い女優さんにしたのかもしれませんね。
また、役がとり憑いたような演技と評される安藤サクラさんですが、その演技をみた観客は時に「彼女にとり憑かれた」と口にするそうです。まさに役者ですね。
安藤サクラさんの子供がいるとしたら、これまた両親そろっての俳優一家に生まれることになります。
安藤サクラさんは夫である柄本佑さんとの子供を2017年の6月に出産しているそうです。性別も当初は明かしていなかったことから、あまり情報を公にしたくないのかもしれませんね。今は性別も安藤サクラさんご本人から女の子であるという報告がされています。
自信が将来の進路を決める時に、サラブレッドであることを悩んだために、そういったしがらみをお子さんからなくしたいとも考えているのかもしれません。
NHKの連続テレビ小説のヒロインに、出産後選ばれ、母親であるヒロインは連続テレビ小説では初とのことで、話題になりました。
デビュー前からデビュー当初は親の名前がついてまわっていたものの、圧倒的な演技力で周囲に実力を認めさせた安藤サクラさん。出産を経験したあとでもその活躍はますます期待されています。
母として女優として、プライベートでも仕事でも素敵な女性としての姿に憧れる女の人も多い、そんな彼女の今後の活躍に注目です。