Tz3kfxmniaojpobngpx5

メイク

CATEGORY | メイク

「化粧がめんどくさい…」という女性向け!おすすめ時短メイク術!

2018.02.07

化粧をするのが面倒くさい、だけどすっぴんで外は出たくない、女性ならそんな日もありますよね。そこで今回は、時短メイクでささっと化粧ができるのにしっかりメイクをしているように見えるメイク術を紹介!面倒くさい日にもこれで解決です!

  1. 化粧をしている時に見られるポイント
  2. 面倒くさい時でもできるスピードアップ化粧
  3. 0.面倒くさい時のスキンケア
  4. 1.面倒くさい時のベースメイク
  5. 2.アイブロウメイク
  6. 3.アイメイクでポイント化粧効果
  7. 4.リップメイクもポイント化粧効果あり
  8. 5.チークメイク
  9. 面倒くさい時、時間のない時の本気 超時短メイク
  10. 面倒くさい時の化粧・まとめ
普段女性をパッと見たときに「あ、しっかり化粧をしているな。」と感じるのは何を見て感じるのでしょうか?もちろん顔全体を細かに見て、すっぴんではないことを確認する時もあると思いますが、実は他人に見られてメイクをしていると感じてもらうには、肌、眉毛、目元、口元がポイントです。最低限これらの箇所に色がついていたりすると、女性はメイクをしているように見えるのです。
では早速、化粧が面倒くさい時でもスピードを上げてささっと行うことのできる時短メイクの方法を紹介します。すっぴんでは外に出たくない、会社に行かなければならない、だけど今日はいつもの化粧が面倒くさい。そんな気分の乗らない日にぜひ参考にしてみてくださいね!
面倒くさい時には、時間をかけてスキンケアを行うことも億劫ですよね。しかし、そういう時でも肌への保湿だけはおろそかにしてはいけません。そのため、高い保湿力を持ったスキンケア用品を使うことをおすすめします。通常のスキンケアアイテムより保湿力が高いと、重ねづけする時間が省けてスピードアップできますし、スキンケア後のメイクのノリも良くなります。
また、時短メイクではしっかり目に行う時のメイクより、すっぴんの素肌に近い状態になります。そのため、いつでも保湿を考えたスキンケアを行うことで、すっぴんの肌を美しく保っておくことも、時短メイクを綺麗に見せるポイントなのです。よく化粧が面倒くさいと感じる女性は、普段使いのスキンケアと別に高保湿の基礎化粧品などを準備しておくのも良いですね。
化粧が面倒くさいと感じる女性におすすめなベースメイクは、BBクリームやCCクリームです。BBクリームは、それだけで日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの役割を担っており、1本持っているだけでいつものメイクの3倍スピードアップができます。カバー力もしっかりしている商品が多いので、すっぴんでいるには毛穴やくすみが気になるという女性にもおすすめです。
一方で、CCクリームカラーコントロールクリームの略で、肌の色を整える、補正を行うという意味があります。CCクリームは、化粧下地、ファンデーション効果の他に、肌色補正効果、高い保湿力があるのが特徴です。BBクリームと比較するとややカバー力には劣りますが、すっぴん素肌に自身があるけれど肌の色ムラは気になるという女性におすすめです。
時短メイクのベースメイクの塗り方は、まず手に1cm程度のBBクリームまたは、CCクリームを取り、両手の手のひらに広げます。そのまま、顔の内側から外側に向けてポンポンと優しくクリームを乗せていきましょう。細かいところは、メイクブラシやスポンジ、パフなどで伸ばしても良いでしょう。
時短メイクのアイブロウは非常に重要な役割を果たします。例えば、いくら他の場所を丁寧にメイクした時でもアイブロウメイクをしていない、またはアイブロウメイクが適当な女性は、しっかり化粧をしているという印象を与えにくいのです。そのため、逆を言えば、アイブロウメイクはしっかり行うことで、時短メイクをしていてもナチュラルメイクのように見えます。
時短メイクの時のアイブロウメイクは、普段使い慣れているものが一番扱いやすいと感じる女性もいると思います。その場合は、普段使用しているアイブロウメイクのアイテムで大丈夫です。ただ、普段のメイクの時のように、入念に眉毛の形を描くことは不必要です。自分の眉毛の上からサッサッと色を重ねてあげましょう。
普段はペンシルやジェルなどを使っている女性で、使い慣れているアイブロウアイテムではなく、もっとスピードアップしたい時は、眉マスカラがおすすめです。これは、自分の眉毛にマスカラのように塗るだけで、自然な色が付き、しっかり眉毛を描いているように見せてくれます。
目元というのは、人と会った時にかなり印象を強く持つ部分です。そのため、綺麗なメイクを目元に入れている女性は「しっかりメイクしている」という印象を与えやすいのです。スピードアップ化粧の際のおすすめは、アイシャドウの中間あたりの色をアイホール半分くらいまで塗り、それより暗めの色をもう一色目の淵にササッと塗ります。これだけで目元にグラデーションを作ることができます。
下まぶたには、ハイライトカラーなどの明るめの色を、淵に細く入れましょう。アイラインを引かない時には、目尻から3分の1程度の範囲まで、濃い目のカラーを細く入れてあげることがポイントです。アイラインほどハッキリと印象はつきませんが、目元にぼかしを入れることによって、時短メイクなのに温かい印象の化粧になりますよ。
リップメイクもスピードメイクにおいては非常に重要です。アイブロウやアイメイクも重要と話しましたが、すっぴんの女性とすっぴんだけど口元に色を入れた女性では、かなり印象が違います。唇にほんのりと色がついているだけでも大丈夫なので、スピードメイクの際は色付きリップだけでも良いでしょう。最近では、リップなのに口紅のように発色の良いアイテムもたくさん販売されています。
ただし、リップの場合は口紅などと比較すると、比較的色が落ちやすい傾向にあります。そのため、色付きリップで済ませる人は、ポーチにリップを入れておくのが良いでしょう。いつでも簡単に塗り直しができるので、いつ見られてもしっかり化粧をしているような口元を作ることができます。
チークは、してもしなくても構いません。面倒くさいと感じる人は、チークメイクは省いても大丈夫ですが、顔に立体感を持たせたり、温かい印象を持たせたい人は、軽く乗せるのがおすすめです。チークは演出したい肌質によってアイテムを変えます。しっとりした肌質を出したい時は、クリームタイプや練りチークのアイテムを使いましょう。
さらっとした肌感を出したい時は、パウダータイプのチークを乗せることで、スムーズな肌に仕上がります。チークを乗せる場所ですが、笑った時に頬が一番盛り上がる部分を中心にして、くるくると少し広げてあげれば上手に色をつけることができますよ。
さて、化粧が面倒な時におすすめの時短メイク術を紹介しましたが、ここでは、さらに時短したい時、本当に時間のない朝に実践できる、最低限メイクを紹介します。まずはベースメイク。ここでもBBクリームやCCクリームが大活躍します。しかし、急いでいて手が汚れるのは嫌という人には、クッションファンデもおすすめです。リキッドファンデのカバー力、保湿力があります。
アイブロウは、眉マスカラでササッと色を付けます。目元は1色濃い目の色を選んで、目の淵から二重ラインにかからない程度まで薄くぼかします。この時、ラメなどが入っているとより自然でメイクしている印象が出ます。下まぶたはハイライトカラーで細くラインを入れるだけでも大丈夫です。口元は、もちろん色付きリップで大丈夫です。この時もリップを持ち歩くことを忘れずに!
今回は、化粧が面倒くさいと感じる朝、忙しくて時間がないという朝でも、しっかりメイクをしているように見える時短メイクを紹介しました。普段のように全てに気を遣うのではなく、ポイントポイントをしっかり抑えることがコツです!