Xboor58nf6yanjpjsa3h

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

市販ヘアカラーでアッシュに染めるのにはコツがある?セルフでも大丈夫!

2019.02.24

ヘアカラーは美容院でお願いする人も多いと思いますが、時間がなかなか取れない人もいますし、お金もかかります。最近はアッシュのヘアカラーが人気ですね。市販品でも可能なのでしょうか。市販ヘアカラーでアッシュに染める事はできるのか調べました。

  1. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】アッシュ系とは?
  2. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】セルフでもできるの?
  3. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】色落ちが心配?
  4. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】色落ちを防ぐには?
  5. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】おすすめのヘアカラーは?
  6. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】ブリーチ剤は必要?
  7. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】アフターケアで色落ち防止
  8. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】人気ヘアカラー「プリティア」
  9. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】人気ヘアカラー「ビューティーン」
  10. 【市販ヘアカラーでアッシュに染める】人気ヘアカラー「フレッシュライト」
最近人気のアッシュ系、美容室でもおすすめされる事があり、気になっている人も多いでしょう。しかしアッシュ系は聞き慣れない言葉のため、アッシュ系とはなんだろうと思っている人もいるかもしれません。
アッシュとはヘアカラーにおいての色の表記の一つです。直訳すると灰色ですが、一般的に灰色を表すグレーとは違い、ねずみ色や鉛色のような色合いを表しています。透明感のある色合いが人気です。
日本人は黒髪が多いため、そのままではアッシュ系の色が入らない事が多いです。日本人の多くの髪は赤味がかった黒髪ですから、それを打ち消すために青系の色を使っています。同じヘアカラーでも元々の髪により仕上がりが変わって見えるのも特徴です。
アッシュ系は独特の色合いですから、セルフでは難しいと思っている人も多いようです。セルフではなく美容室でアッシュ系をお願いする人も多いでしょう。しかしアッシュ系は美容室でも色がなかったり、値段の高さからセルフで染める事を希望する人もいます。
アッシュ系は個性的な印象を与える色ですから、セルフではできないと思っている人もいます。しかしアッシュ系は美容院専門の色ではありません。アッシュ系はセルフでもできます。
その証拠にドラッグストアへ行けば、たくさんのセルフ用アッシュ系ヘアカラーを見つける事ができます。一言でアッシュ系と言っても様々な種類があり、色合いも違います。メーカーにより色名も違いますから、セルフでヘアカラーに挑戦する場合は色の名前にも注目して下さい。
アッシュ系ヘアカラーは色落ちがしやすいと言われています。アッシュ系に染めたくても、この色落ちが嫌でなかなか決心がつかないという人もいるようです。アッシュ系は本当に色落ちしやすいのでしょうか。
アッシュ系の色落ちについて調べたところ、確かに他のヘアカラーに比べて色落ちしやすいようでした。アッシュ系の色落ちに悩んでいる人も多くいるようです。アッシュ系は個性的でかっこいいですが、色落ちするのは嫌ですよね。
この色落ちのために、セルフでアッシュ系に染めるのを諦めている人もいるようです。色落ちを防ぐために美容院でヘアカラーをしてもらう人もいます。しかしアッシュ系は値段が高い事もあり、諦めている人もいるようです。
色落ちしやすいと言われているアッシュ系ですが、コツを掴めば色落ちを防ぐ事もできます。完璧に防ぐのは難しいのですが、セルフでもお手入れ次第で極力色落ちを予防する事は可能です。
アッシュ系に限らず、ヘアカラーが色落ちする一番の原因は洗髪です。しかし洗髪しないわけにはいきませんよね。ですが色落ちを防ぐためには、せめてヘアカラーした当日はシャンプーを控えましょう。できれば翌日も控えた方がいいです。
またヘアカラーは熱に弱いので、シャンプーの時はぬるめのお湯を使って下さい。人の体温に近い36度前後が望ましいです。トリートメントのし過ぎにも注意です。適切なトリートメントはヘアカラーを長持ちさせますが、過度のトリートメントはキューティクルが開いてカラー剤が流れてしまいます。
アッシュ系のヘアカラーには色々と種類があります。ドラックストアにも多くのヘアカラーが並んでいますよね。どれにするべきか迷っていて、おすすめを知りたいと思う人もいるでしょう。おすすめが気になりますよね。おすすめのヘアカラーについて調べました。
おすすめのアッシュ系ヘアカラーですが、髪質や目指す髪色によっておすすめのヘアカラーは変わってきます。そのため、どのヘアカラーがおすすめと一言でおすすめする事は難しい状況です。
しかし人気のヘアカラーというのは存在していますから、その中から自分にあったおすすめ品を探すのも良いでしょう。アッシュ系ヘアカラーは最近人気だからか、色々と商品が出回っています。
アッシュ系に染めるにはブリーチが必要と言われますよね。美容院でアッシュ系の希望を伝えると、ブリーチをしないとできないと言われる事もあります。アッシュ系に染めるにはブリーチが必須なのでしょうか。
アッシュ系にも色々と種類があります。もしハイトーンのアッシュ系に染めるならブリーチはした方が良さそうです。しかしそうでないアッシュなら、必ずしもブリーチにこだわる必要はありません。
ただ赤系の髪色だったり、元が黒髪の場合はアッシュ系が入りにくいようです。そのため、赤系や黒髪の場合は一度ブリーチを入れてからアッシュに染めた方がいいかもしれませんね。
ヘアカラーの色落ちに悩む人が多いためか、最近は色落ちを防ぐ商品も出ています。
そういった市販のアフターケア商品を使って、ヘアカラーを長持ちさせましょう。
使うと使わないでは1か月後の髪色が違ってくるはずです。お手入れする事で髪に愛着もわきますよね。
ヘアカラーのプリティアならクールアッシュがおすすめです。
プリティアの泡カラーの特徴として、色の綺麗さがあります。その分色落ちしやすいとも言われていますが、はっきりとした色を求めるならおすすめです。
またヘアカラーの量はロングの場合は2箱必要になる事が多いです。しかしビューティーラボはロングヘアーでも一箱で済む特徴があります。これはかなり便利で、ロングヘアーの人にとってはヘアカラー代が半分で済むメリットがあります。
ビューティーンシリーズもヘアカラー剤として人気です。ビューティーンはホーユー社のヘアカラーで、比較的新たしいヘアカラーブランドです。明るい色合いが多いのが特徴のヘアカラーです。
Fy8yztrpvmymt3t3wk8i
引用: https://www.instagram.com/p/BiUUVG5FUQ8/?tagged=%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3
ビューティーンでのアッシュ系はグレーアッシュがあります。ビューティーンのグレーアッシュは染まりやすさが評判よく、染まりにくいと言われるオレンジ系の色味を持つ髪でもアッシュ系に染まってくれます。
元々明るい髪色なら更に綺麗にグレー色が出ますので、他のヘアカラーでは染まりにくい人はもちろんですが、しっかりとしたグレー色にしたい人にもビューティンはおすすめのヘアカラーです。
フレッシュライトはヘンケル社が販売しているヘアカラーです。アッシュ系ならシュガーアッシュが人気です。フレッシュライトシリーズの特徴は、泡タイプになっている事でしょう。
Ra2ul1lgvojqxdh2ztdy
引用: https://www.instagram.com/p/BhzZ0n9ACMQ/?tagged=%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88
一般的な毛染めは髪の毛にまんべんなく塗り込む事が難しいのですが、泡タイプなら簡単に染める事ができます。ヘアカラーが初めてという人にもおすすめです。
色味はかなり濃いめのグレーです。アッシュカラーに憧れているけど色を抜きすぎるのは嫌、という場合に適しています。濃いめのグレーなので会社務めでも使えそうな色味ですよ。
▽こちらもどうぞ▽
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bi8QpxLHben/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5