miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryメイク

アイシャドウの付け方選び方大公開!初心者でも大丈夫なおすすめの色や塗り方紹介!

メイクの中でも印象を与えやすいアイシャドウ。今回は、初心者でも簡単にできりアイシャドウの付け方を紹介します。正しい塗り方・付け方を学び、始めて合う人にも好印象を与えるアイシャドウメイクを心がけましょう!アイシャドウのカラーの選び方もポイントですよ!

アイシャドウの選び方!素肌に合わせる?

1.素肌の色に合った色の選び方

アイシャドウの色を自分にマッチさせるためには、自分の素肌に合ったカラーの選び方が大切です。メイク初心者の人などは、素肌カラーを参考にアイシャドウの色を決めるのがおすすめです。
素肌が黄色寄りの人は、黄色ベースの温かみのあるアイシャドウがおすすめです。パッと明るいカラーよりはクリーム系のフワッとした色がマッチすることが多いです。イエローベースは、黄みを帯びた温かみのあるイメージの色です。ブルーベースの素肌の人は、ブルー、パープル、シルバー、ダークブラウンなどのハッキリした明るい色が素肌にはおすすめです。素肌は大きなポイントです。

2.メイクに合った色の選び方

メイクに系統がある人は、自分のメイクに合ったカラーの選び方もできます。メイク初心者の人や、ナチュラルメイクが好きな人は、暖かみのあるベージュやブラウンがおすすめ。自然でクリアな目元を演出できます。ポップな感じや可愛いメイクの好きな人は、ピンクや黄緑など明るめのカラーがおすすめです。目元がパッと明るくなり、自然な可愛らしさを演出することができます。
クールな大人な雰囲気のメイクが好きな人のカラーの選び方は、暗め青やグレーなど鋭めのカラーをベースにしましょう。上品だけどセクシーメイクが好きな人は、パープルや暗めのカーキなど、大人な雰囲気を演出しやすいカラーを選択するのがベターです。

アイシャドーベースについて

メイク初心者の人は、ファンデーションの後にそのままアイシャドウを付けてしまいがちですが、アイシャドウベースを使うことがおすすめです!アイシャドウベースを付けるだけで、本来のアイシャドウの発色を良くし、アイシャドウによる目元の雰囲気をより引き立たせてくれます。

アイシャドウに使う道具

ここではアイシャドウメイクを行うときにあれば良い道具を見ていきましょう。アイシャドウを指で重ねることももちろん可能ですが、指が汚れるのが嫌だったり、細かいメイクをしたいという人は、ぜひメイクツールを使用することがおすすめです。

アイシャドウブラシ

アイシャドウブラシは、やや太めの筆を使い、ハイライトカラーをアイホールに重ねたり、メインカラーをまぶたに重ねたりする際に用います。先の細いアイシャドウブラシは、まつ毛付近の目の淵にカラーを細く加えたり、ラインを足したりする際に有効です。

アイシャドウチップ

アイシャドウチップは、ブラシよりも小さく、アイシャドウのケースに付属してくることが多いです。細かな部分や、下まぶた、目尻のラインなどにアイシャドウを乗せるときに、使いやすい形です。スポンジ状のアイシャドウチップは、やや太めのラインを書きやすく、ブラシ状のアイシャドウチップは角度により細めのラインが書きやすいです。

アイシャドウの基本的な付け方

ここからは、基本的なアイシャドウの塗り方を紹介します。メイク初心者の人は、まずは基本的なアイシャドウメイクの塗り方に慣れることから始めましょう!

上まぶた

まず、先ほども説明した通り、アイシャドウベースを使います。指にベースを取ったら、アイホール全体に優しく均一に塗ります。塗り過ぎはテカリの原因にもなるので、薄くで大丈夫です。
ベースを塗り終わったら、ハイライトカラーをブラシですくい、アイホール全体に塗ります。次にメインカラーをブラシにとり、アイホール半分くらいに塗りましょう。ミディアムカラーを追加する際はメインカラーよりやや狭めに塗ります。この時グラデーションにしても良いです。余分な粉を手の甲で落とします。

下まぶた

下まぶたは、細いブラシを用い、ハイライトカラーを目元から目尻にかけて細く乗せていきます。目を大きく見せたい人は、目尻から3分の1程度まで、暗めのカラーを重ねると良いでしょう。

アイシャドウを付ける時の注意点

アイシャドウは好みによって指で載せても大丈夫ですが、ブラシを使うときは、そのまままぶたに乗せる前に手の甲で余分な粉を落とすようにしましょう。ブラシでアイシャドウを救った際には意外に粉が多くすくえるので、事前に粉を落とすことで、思いがけず色が入りすぎるのを予防します。

一重まぶださんのアイシャドウの付け方

一重まぶたの人は、肌やメイクで合わせたアイシャドウカラーの中でも、暗めの鋭い色を使うのがおすすめです。一重まぶたの場合、まぶたに凹凸が表現しにくく目が細く見えがちです。しかし、暗めのカラーでシャドーなどを上手くコントロールすることで、ぱっちりとした大きな目元を演出できます。ポイントは、目尻を中心に濃いめの色を重ねることです。
この時、やや太目に色を重ねることで、目元に立体感を出し、大きく見せることができます。また、一重まぶたの人は、アジアンビューティーのようなクールな印象を表現しやすいので、濃い目のアイシャドウを目尻に向かてやや跳ね上げるように載せるのもおすすめです!
初心者の方は、色の塗り方が難しいかもしれませんが、練習をすることで自分だけの魅力的な雰囲気を作る上げることができるようになりますよ!

奥二重さんのアイシャドウの付け方

奥二重の人は、二重幅にカラーの入ったアイシャドウを塗っても、目を開けたときにあまり主張をしてくれません。そのため、中間色となるメインカラーは二重のラインからはみ出すように重ねるのが塗り方のポイントです。こうすることにより、目を開けたときでも、メインカラーの色味を確認でき、よりイメージ通りの目元を演出することができます。
また、奥二重の方で目が細く見えがちなのが嫌な人は、一重まぶたの人におすすめした塗り方のポイントを応用しましょう。目の目尻を中心に濃い目のアイシャドウカラーを太めに重ねることで、奥二重でも大きく見える目元に仕上げることができます。

二重さんのアイシャドウの付け方

二重の方もともと目元のぱっちりと大きな印象があるので、無理にアイシャドウで目元を大きく見せるよりも自然なカラーを選び、メイクに馴染ませる塗り方を心がけましょう。には二重を活かせるように自然なカラーを選ぶのがポイントです。メインカラーは二重幅の範囲に塗りましょう。
より自然な目元を演出したい時で、濃い目のカラーでポイントを付けたい時には、まつ毛付近に細く色を入れましょう。目元に印象を強くもたせたい時は、目尻3分の1の範囲で濃い目の色をやや太めに重ねると二重を生かしたクールさの際立つメイクとなります。

グラデーションを綺麗に出すときのポイント!

アイシャドウメイクでは、色を重ねてグラデーションのように綺麗に仕上げることが多いですが、ブラシやアイシャドウチップを使ってもなかなか上手くアイシャドウにならない!と悩んでいる人はいませんか?
そんな人は、ブラシやチップでカラーを載せたあと、指を使って優しくポンポンと叩いてあげたり、軽く伸ばすイメージでこすってあげることによってカラーの淵部分がぼやけやすく、周りの色とよく馴染み綺麗なグラデーションアイメイクに仕上げることができますよ!

アイシャドウの塗り方/選び方・まとめ

今回は、メイク初心者の人でも失敗しにくいアイシャドウの塗り方や選び方を紹介しました。初めは基本的なアイシャドウの塗り方から練習し、慣れてきたらアイシャドウのバリエーションを増やすことで色んな雰囲気を演出する目元メイクをすることができます。ぜひ今回の記事を参考に、自分に合った目元メイクを探してみましょう!