Mqvsfbpbw2py0rgsyspg

子育て・家族

CATEGORY | 子育て・家族

木村功の今現在!写真はある?妻と仲睦まじい理想夫!俳優かつ歯科医師?

2018.12.17

俳優・木村功さんの写真や妻、死因などを今一度振り返りましょう。木村功さんのお名前で現在ではバスケ・歯科医師・札幌などのキーワードも関連されています。ここでは現在でも語り継がれる木村功さんの妻や写真画像などと共に昭和の名優を振り返ります。

目次

  1. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】プロフィール
  2. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】戦後の名優
  3. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】主な作品
  4. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】妻は?
  5. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】理想の夫婦
  6. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】死因は?
  7. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】歯科医師との関係は?
  8. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】バスケって?
  9. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】札幌との関連
  10. 【俳優・木村功の現在!妻と仲良し?写真画像はある?死因は?歯科医師・バスケ・札幌との関係】まとめ
Ye7lfi9h4x1bigz24k4m
引用: https://www.instagram.com/p/BJwMC9chIcB/

【名前】          木村 功(きむら いさお)

【肩書】            映画俳優

【生年月日】         1923年6月22日

【没年月日】         1981年7月4日

【出身地】          広島県

【身長】           175㎝

【活動期間】        1946年 - 1981年

Msowpquxxfhcxpvg7vw4
引用: https://www.instagram.com/p/BTIS0FgA8fJ/

木村功(きむらいさお)さんは、昭和期を代表する映画俳優。戦後の日本映画史を代表する名優の1人です。

Pleexk1tp43fvav87q94
引用: https://www.instagram.com/p/BBv6Uoyoi22/

広島県広島市出身の木村功さんは、広島二中(現・広島県立広島観音高等学校)を卒業後、文化学院に進学のため上京。在学中より演劇に没頭し、様々な学生演劇に出演。

俳優として駆け出しの頃には招集され、1年間海軍生活を送ります。その間、地元広島には原爆が投下され、家族全員が原爆の被害に遭い、帰らぬ人に。失意の中で再び上京し、俳優座に入団。俳優としての仕事に没頭していきます。

黒澤明監督の『野良犬』の出演により、大きな注目を浴び、以降も『生きる』、『七人の侍』、『天国と地獄』など黒澤明監督の中期作品の常連俳優となります。

Uhuaaaik8qcxiocbga5y
引用: https://www.instagram.com/p/BdXiYTnFumn/

まさに戦後の昭和期を代表する作品に次々と出演。その素晴らしい演技力と存在感は人々の心に響き、名実ともに戦後日本映画史に残る名優となりました。

Jzqz1hzr8jmw3csgvshk
引用: https://www.instagram.com/p/Bf0JNSAhk3F/
Jxibennpraos5hfo85cf
引用: https://www.instagram.com/p/BZJDBcph4bC/

木村功さんの代表作品をご紹介します。

野良犬

Do3d4mah2qp2vpjszor9
引用: https://www.instagram.com/p/Bl_j5WVnWOR/

1949年公開の黒澤明監督作品。三船敏郎さん主演。

終戦直後の東京を舞台に、拳銃を盗まれた若手刑事がベテラン刑事と共に犯人を追い詰める姿を描いています。

第23回キネマ旬報ベスト・テン第3位。昭和24年度芸術祭賞作品。

黒澤監督が痩せこけた俳優を探している際、目に留まったのが木村功さん。当時はまだ無名の俳優でした。三船敏郎が演じる刑事役に追われる特攻隊あがりの復員兵役を熱演。この出演にて、大きな注目を浴びることとなりました。

暑い夏の日の午後だった。若い村上刑事は射撃訓練の帰り道、満員のバスの中でコルトを盗まれ、犯人を追ったが路地裏で見失った。そのコルトには7発の実弾が装てんされていたため、もしやこの銃を使って事件が起こるのでは、と村上は悩む。村上はスリ係の老刑事と、捜査線上に浮んだお銀という女を訪ね、なんとか貸しピストル屋を聞き出し、そこからさらに本多という男を捜し当てる。村上はベテラン刑事・佐藤と満員の後楽園球場に乗り込み、本多をおびき出す。逮捕された本多は、仲間の遊佐が拳銃を持っていると白状する。こうして村上と佐藤は遊佐を追いつめていくが、ついに村上のコルトによる強盗事件が起きてしまう……。

生きる

Yxku0cn8gcjhcsxigaqn
引用: https://www.instagram.com/p/BOB82e6gP95/

1952年公開の黒澤明監督作品。主演は志村喬さん。

癌におかされた主人公が、残りの人生をどう生きるかを描いた作品。黒澤明監督作品の中では、最もヒューマニズムの頂点に達した作品と言われています。第4回ベルリン国際映画祭でベルリン市政府特別賞を受賞。第26回キネマ旬報ベスト・テン第1位。昭和27年度芸術祭賞も獲得しています。

1 / 4