Ie2aa5aaupuqduatfduh

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

髪色は赤系に挑戦したい!市販ヘアカラー暗め・明るめやアレンジ髪色をご紹介!

2018.10.20

市販ヘアカラーを使うなら、髪色を赤系にしてみましょう。明るめ、暗めにするかで印象はガラリと変わりますし、アレンジもしやすいので人気です。おすすめ市販ヘアカラーも気になりますね。ぜひ挑戦してみたい赤系の髪色について調べました。

目次

  1. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】ヘアカラーに迷ったら赤系がおすすめ
  2. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】暗めの赤系ヘアカラー
  3. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】明るめの赤系ヘアカラー
  4. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】アレンジ例:インナーカラー
  5. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】アレンジ例:ニュアンスカラー
  6. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】アレンジ例:毛先だけ
  7. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:エンシェールズカラーバター リアルレッド
  8. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:マニックパニックヴァンパイアレッド
  9. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:ミルキィヘアカラーリッチロゼブラウン
  10. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:泡パックヘアカラーローズショコラ

イメージチェンジとして、ヘアカラーを入れてみたいと考える人が多いと思います。しかしヘアカラーが初めての人にとっては、どんなヘアカラーにするべきか分からない人も多いと思います。おすすめのヘアカラーは何色なのでしょうか。

Dpykxhwvaaa32xz
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpyKXhWVAAA32xZ.jpg

ヘアカラーの定番と言えばブラウン系です。ブラウン系ならオフィスワーカーでもできますから、多くの人がブラウン系のヘアカラーを選んでいます。しかし個性を出したい場合、ブラウン系はあまりおすすめできません。

Dpy4uhtuwaa8hev
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dpy4uHtUwAA8hEv.jpg

ヘアカラーで個性を出したいが、奇抜過ぎるのはNGという場合におすすめなのは、赤系のヘアカラーです。赤系のヘアカラーは日本人の顔立ちに似合う事も多く、ヘアカラー初心者にもおすすめです。

ヘアカラー初心者で、しかもオフィスワークなどで派手すぎる髪色はNGという場合、暗めの赤系ヘアカラーがおすすめです。暗めヘアカラーなら派手過ぎる事はありません。オフィスでも暗めヘアカラーなら問題になる事はないでしょう。

Dpxtktduyaauy12
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpxTKTdUYAAUy12.jpg

暗めの赤系ヘアカラーのメリットは、オフィスでも問題なくできる事だけではありません。暗めの赤系ヘアカラーなら、ブリーチなしでもカラーを入れる事ができます。髪への負担が比較的少なくて済むのも、暗め赤系ヘアカラーのメリットです。

Bysecypcqaa7qgw
引用: https://pbs.twimg.com/media/BySECYPCQAA7Qgw.jpg

ブリーチを入れない分、暗めヘアカラーは髪への負担は少なめですが、それでも痛まないわけではありません。ヘアカラーを入れた際は、特に念入りにヘアケアに気を遣うようにしましょう。

赤系の魅力をたっぷり出すなら、明るめの赤系ヘアカラーがおすすめです。日本人に明るめの赤系ヘアカラーで大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが、赤系ヘアカラーは日本人に合う色なので、明るめでも他の色に比べて違和感は少ないです。

Dpbfdndu4aajdiv
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpbfdNDU4AAJdiV.jpg

日本人の髪と言うと黒髪ですが、実は純粋な黒ではなく、赤系の入った黒髪になっています。そのため、日本人っぽくない明るめの赤系ヘアカラーでも違和感なく染める事ができます。明るめのヘアカラーにしたい場合は赤系がおすすめです。

Dpzafvjvaaiorqi
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpzaFvJVAAIoRQi.jpg

しかし日本人が元々持っている黒髪では、明るめの赤系ヘアカラーをしたくてもうまく染まりません。明るめのヘアカラーにする場合はブリーチが必要になります。髪がかなり痛みやすくなるので、ヘアケアは必須です。

1 / 3