Apbtwzlvbqh0qehxc8jd

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

ブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較!おすすめ商品紹介!【2018最新】

2018.10.15

2018年最新の安いプチプラ価格のブラシ型ヘアアイロンの人気アイテムを比較してみると、おすすめの人気のブラシ型ヘアアイロン毎に特徴がいろいろあります。かわいいヘアスタイルを作るブラシ型ヘアアイロンとストレートアイロンの違いも比較してみます。

目次

  1. 【2018最新ブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】ブラシ型ヘアアイロン
  2. 【2018最新ブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】メリット
  3. 【2018最新ブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】デメリット
  4. 【2018最新ブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】ストレートと比較
  5. 【2018最新ブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】安いプチプラ①
  6. 【2018最新おすすめブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】安いプチプラ②
  7. 【2018最新おすすめブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】安いプチプラ③
  8. 【2018最新おすすめブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】安いプチプラ④
  9. 【2018最新おすすめブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】安いプチプラ⑤
  10. 【2018最新おすすめブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】かわいいヘアスタイル
  11. 【2018最新おすすめブラシ型ヘアアイロン人気アイテム比較】まとめ

ストレートヘアアイロンやかわいいカールを作るコテ巻きヘアアイロンは、髪の毛をアイロン部分で挟みながらスタイリングをします。ブラシ型のヘアアイロンは、ブラシの部分に熱を通して、ブラシでスタイリングをしながらヘアアイロンとしての役割も果たすのがブラシ型ヘアアイロンです。

ブラシ型のヘアアイロンは、ストレート向けが多くありますが、中にはかわいいカール向きのブラシ型ヘアアイロンもあります。ブラシ型のヘアアイロンはブラシのように扱うタイプなので、ヘアアイロンを初めて使う人にも向いています。

ブラシ型のヘアアイロンのメリットは、ブラシのように扱いながらヘアアイロンとして使うことができるので、扱いやすいという点です。

毎朝ドライヤーとブラシを使ってヘアスタイルを整えていた人は、ヘアアイロンのブラシ型1つで同じことができるということです。

ブラシ型のヘアアイロンは、1度で多くの範囲に熱を加えることができるので手早くかわいいヘアスタイルをセットすることができます。

ブラシ型のヘアアイロンのデメリットは、髪をプレスして使わないので熱の伝わり方が弱く強いクセを直すには不向きです。

ブラシ型のヘアアイロンを使って強いクセを直したい場合は、何度もブラシを滑らせないといけないので、髪が傷む可能性があります。

ブラシ型のヘアアイロンは、ブラシの目から髪の毛が落ちていくので、引っ張る髪の毛の量が少ないショートカットや短い前髪には使いにくいというデメリットがあり、髪の毛が短い人は、片手で髪を引っ張りながら使うようにする工夫が必要になります。

ブラシ型のヘアアイロンはストレートにしやすいと評判です。

ストレートヘアアイロンは、髪の毛をプレスしながらセットするので、慣れないときにはストレートになりすぎてしまいます。

ブラシ型のヘアアイロンは、ブラシでセットするような使い方なので、自然なかわいいストレートになります。

ストレートヘアアイロンは、髪の毛を少しずつにわけてセットしていくので、時間がかかってしまいます。慣れないうちは、全体が均等に仕上がらずにムラになりやすいということもあります。

1 / 3