Kx547gxcl1uorvsfwdlo

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

市販ヘアカラーで暗めアッシュにするなら?おすすめ市販品はこれ!

2019.02.23

ヘアカラーは美容院でカラーリングしてもらうのが確実ですが、お金もかかりますし、その時間が取れない人も多いでしょう。そこで便利なのが市販ヘアカラーです。今年の流行、アッシュに染めたいと思っている人もいるでしょう。市販ヘアカラーのおすすめを調べました。

目次

  1. 【市販ヘアカラー】2018年はアッシュがおすすめ
  2. 【市販ヘアカラー】髪が痛まないためには?
  3. 【市販ヘアカラー】暗めアッシュが人気?
  4. 【市販ヘアカラー】おすすめは?
  5. 【市販ヘアカラー】色を出したいならブリーチしてから
  6. 【市販ヘアカラー】おすすめ商品「泡カラー」
  7. 【市販ヘアカラー】おすすめ商品「フレッシュライト」
  8. 【市販ヘアカラー】おすすめ商品「ルシードエルミルクジャムヘアカラー」
  9. 【市販ヘアカラー】おすすめ商品「ビューティーンメイクアップカラー」
  10. 【市販ヘアカラー】カラーバターで暗めアッシュを作る

ヘアカラーにも流行があります。2018年はアッシュが流行のようですね。アッシュとはヘアカラーの色の一つで、直訳すると灰色です。ヘアカラーの世界では鉛色など、少し色の抜けた透明感のあるヘアカラーをアッシュと表現する事が多いです。

アッシュは色が抜けてくすんだように見える特徴があります。透明感もあり髪が軽く見えるところがアッシュの人気の理由です。2018年は透明感と軽さがキーワードになってくるかもしれません。

ヘアカラーをアッシュにするのは抵抗があるという人もいるでしょう。確かに仕事や学校の校則によってはアッシュは目立ちすぎてしまいます。しかしアッシュも色が豊富で、暗めのアッシュも最近では出ています。まずは暗めのアッシュにチャレンジするのもおすすめです。

ヘアカラーには興味があるけど、髪が痛まないか心配という人も多いでしょう。確かにヘアカラーは髪が痛まないものではありません。少なからず髪に影響が出ます。しかしその後のケア次第で髪が痛まないようにする事は可能です。

髪が痛まないためには、髪が痛まないヘアカラーを選ぶのが近道です。最近では髪が痛まないように保護成分を配合したヘアカラーもあります。また普段から髪を丁寧に手入れする事で痛みを防止する事も可能です。

Kywooaqqokcdpomzhmom
引用: https://www.instagram.com/p/BjnSU4OgmMU/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

髪が痛まないために美容室でヘアカラーをお願いするという方法もあります。しかし髪は一度の手入れでどうにかなるものではありません。美容室でヘアカラーをお願いし髪が痛まないようにしても、その後の手入れが雑では結局髪を痛めてしまいます。髪が痛まないようにするには日々のケアが大切です。

アッシュは透明感があり髪も軽く見えるので、特に夏に向いているヘアカラーです。夏の青空にもよく映えます。しかし明るすぎるアッシュは目立つためにチャレンジできない人もいるでしょう。そんな人には暗めのアッシュがおすすめです。暗めアッシュなら職場や学校でも目立ちすぎる事はありません。

Jfu7barxzmzqwe4dlzka
引用: https://www.instagram.com/p/BjnRbsWAZYa/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

アッシュはヘアカラーで出しにくい色と言われています。日本人の髪色がアッシュと相性が悪いためとも言われています。しかしそれを利用して暗めのアッシュにする事もできそうです。染まりにくいために自然と暗めアッシュに仕上がる事もあります。

ヘアカラーはセルフだと色ムラが出る事も多く難しいと言われています。しかし暗めアッシュならあまり目立ちませんし、もし色ムラが出てもそれも暗めアッシュの魅力として楽しむ事ができます。

1 / 3