2018年06月01日 UPDATE

低刺激シャンプー王道5選!ドラッグストアで買えるプチプラ商品!

皮膚の弱い人にとっては、肌に直接つけるシャンプーは、どんなものを使ったらいいのかが、気になるところです。最近は、低刺激シャンプーもたくさんあります。今回は、ドラッグストアで買えるプチプラな低刺激シャンプーの王道5選について調べてみました。

目次

  1. 【低刺激シャンプー】刺激の少ないシャンプー選び
  2. 【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道①:いち髪 アミノシャンプー
  3. 【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道②:ボタニスト ボタニカルシャンプースムース
  4. 【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道③:ミノン 薬用ヘアシャンプー
  5. 【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道④:ミノン全身シャンプー
  6. 【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道⑤:ジュレーム アミノシャンプー
  7. 【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプー

【低刺激シャンプー】刺激の少ないシャンプー選び

刺激に弱い頭皮を持っているアトピーで悩んでいる敏感肌の人にとって、シャンプー選びはとても大切です。

一概に、敏感肌と言っても人によって症状は様々です。自分が、どんなものに対してアレルギーがあるのか知っておくことは、とても大切なことです。

ここでは、アトピーなどがある敏感肌さんでも使える低刺激シャンプーを紹介していきたいと思います。

【低刺激シャンプー】刺激の少ないシャンプー選び:洗浄力

刺激の少ないシャンプー選びをするときに気をつけたいのは、洗浄力です。

洗浄力は、アミノ酸系のものが一番刺激が少ないと言われていますが、絶対ではありません。中には、アミノ酸で、アレルギーになる人もいるからです。

ただ、基本は、肌への刺激が少ないアミノ酸シャンプーを選ぶようにしましょう。

【低刺激シャンプー】刺激の少ないシャンプー選び:ノンアルコール

アルコール(エタノール)は、殺菌作用がある分、刺激が強く敏感肌の人には使用しないほうがいい成分です。

エタノールが配合されていないノンアルコールのシャンプーを選ぶようにしましょう。

【低刺激シャンプー】刺激の少ないシャンプー選び:パッチテスト

自分に合わない成分は、何なのかを知るということは、重要なことです。

まず、合わないシャンプーや化粧品を皮膚科に持っていき成分を調べてもらいます。次に、自分の血液をとってアレルギー検査をしてもらえば、アレルギーを起こす成分がわかります。

金額はかかりますが、一度検査すれば、アレルギーを起こす成分がわかるので、シャンプーだけではなく、化粧品など肌につけるものの中で、自分に合うものだけを選ぶことができます。

【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道①:いち髪 アミノシャンプー

【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプーの1つ目は、いち髪 アミノシャンプーです。

いち髪は、クラシエの商品です。いち髪は、認知度が高い商品です。アミノ酸系洗浄成分を使っています。

価格が安く、試しに使うのには、「いち髪」はお手軽な価格です。

【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道②:ボタニスト ボタニカルシャンプースムース

【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプーの2つ目は、ボタニスト ボタニカルシャンプースムースです。

シンプルなパッケージが特徴のある『ボタニスト』です。洗浄剤には、アミノ酸系や両性イオン系が入っています。肌に優しい処方です。気になるのは、界面活性剤の種類が多いところです。

エタノールが入っているので、ノンアルコールではない点も気になるところではありますが、天然植物由来成分90%以上配合なのでおすすめの商品ではあります。

グリーンアップルやローズの香りがします。

【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道③:ミノン 薬用ヘアシャンプー

【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプーの3つ目は、ミノン 薬用ヘアシャンプーです。

大島優子さんがCMをしているミノンヘアシャンプーは、植物性のアミノ酸系洗浄成分を配合しています。刺激も少なく、医薬部外品です。抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」という成分が入っています。

気になるのは、パラベンや香料が入っている点です。

【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道④:ミノン全身シャンプー

【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプーの4つ目は、ミノン全身シャンプーです。

ミノンには、全身シャンプーがあり、髪を洗うこともできる商品です。ミノンシャンプーと同様に、医薬部外品です。抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」という成分が入っています。

さらっとタイプとしっとりタイプの2種類があります。しっとりタイプには、「グリチルリチン酸2K」にプラスして、「アラントイン」という創傷治癒成分が入っています。

気になるのは、パラベンや香料が入っていることですが、抗炎症作用の「グリチルリチン酸」と、傷の治りを早めてくれる「アラントイン」は、魅力です。

全身が洗えるので、ヘアシャンプーより洗浄力が弱いところが欠点ですが、低刺激で肌には優しい商品です。

【低刺激シャンプー】低刺激シャンプー王道⑤:ジュレーム アミノシャンプー

【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプーの5つ目は、ジュレーム アミノシャンプーです。

ジュレームのシャンプーの種類は多いのですが、アミノ酸配合は、「ジュレーム アミノ」のシリーズのパープルとブルーのボトルです。

ノンシリコンシャンプーと同じシリーズのリンスとトリートメントがあります。トリートメントには、10種類のアミノ酸が配合されています。

ブルーのモイスト&スムースは、痛んだ髪をしっとりサラサラにします。パープルのエクストラモイストは、しっとりしなやかにまとめたい人向けです。

【低刺激シャンプー】ドラッグストアで市販されているアトピーにも使える安いシャンプー

いかがだったでしょうか。自分にあう、低刺激シャンプーは見つかりましたか。

ただ、肌に使うものなので、自分がアレルギーになる成分が入っているのかいないのかは、十分注意して使用してください。

肌に合わないと思ったときには、使用は中止し、病院へいくことをおすすめします。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BdUTGSflvai/?tagged=%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%B3%E5%85%A8%E8%BA%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC