2018年05月13日 UPDATE

夏の弁当で必要な保冷対策!フルーツは痛みやすい?オススメレシピも!

夏の弁当で必要な保冷対策!フルーツは傷みやすい?夏のお弁当で一番気をつけなければいけないことは食材を痛ませないで保つことです!お弁当の中は湿気があり、常温保存の状態にしておくと菌が繁殖し、食中毒なる可能性も非常に高いです!最後にはオススメレシピも紹介します!

目次

  1. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】
  2. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】調理前にしておくこと!
  3. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】夏に入れてはいけない食材①
  4. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】夏に入れてはいけない食材②
  5. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】傷みにくい料理①
  6. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】傷みにくい料理②
  7. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】とにかく常温保存をさけるように!
  8. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】豆知識
  9. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】オススメレシピ
  10. 【夏の弁当で必要な保冷対策!】まとめ

【夏の弁当で必要な保冷対策!】

Dcoly1suqaahwtb
引用: https://pbs.twimg.com/media/DcoLY1SUQAAhWtb.jpg

夏のお弁当で一番気をつけなければいけないことは食材を痛ませないで保つことです!特に夏は気温が高いため食材が傷みやすく、食中毒にも気をつけなければいけません。

近年はお弁当箱も進化しており、より新鮮な状態を保つお弁当箱も販売されていますが、毎日お弁当を作らなければいけないお母さんや金銭的に余裕がない方は、食材をいかに新鮮なまま保てるかは知って損はないと思ったので今回紹介させていただきます!

Lisa78 naniittenda20141018102414 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/LISA78_naniittenda20141018102414_TP_V1.jpg

【夏の弁当で必要な保冷対策!】調理前にしておくこと!

お弁当前にも衛生面には気をつけなければいけません。夏は特に菌が発生しやすくなるので、作る前にも気を配るようにしましょう!

『手洗い』

当たり前ではありますが、当たり前のことを怠ると食中毒などにも繋がってしまいます。皮膚にはブドウ球菌やマセラチア真菌など多くの菌が付着しています。これらの菌がついた状態で食材を触り、それを食べた人は病気にかかるなんてことも十分にあります。料理をする前には必ず手を綺麗にしましょう!

Dkdfg01v4ewrha21z3hz
引用: https://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%AE%B6-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2-%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%9A%84%E3%81%AA-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E5%BA%8A-%E5%AE%B6%E5%85%B7-2165756/

『お弁当にも注意』

お弁当箱もにも気を付けましょう。しっかり洗い、よく乾いてない状態のまま使用してしまうと何かしらに菌が入っているなんてことも夏は十分あり得ます。特プラスチック製のお弁当を使う方は非常に多いかと思います。油をしっかり落とし、キッチンペーパーなどでよく拭き取ってから食材を詰めるようにしましょう!

Dcpotjwu8aatiza
引用: https://pbs.twimg.com/media/DcPOTjwU8AAtiza.jpg

お湯でお弁当箱を洗うことをオススメします!また、定期的に除菌・消臭や漂白もするようにしましょう!もちろん毎回やるのが一番良いです!

【夏の弁当で必要な保冷対策!】夏に入れてはいけない食材①

『生野菜』

Smimgl3676 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smIMGL3676_TP_V1.jpg

レタス・きゅうり・トマトなどのサラダや生野菜には要注意です。生野菜には水分が多く含まれています。夏は時間が経つと水分が出てきます。水分が出ると食中毒になりやすいです。生野菜はお弁当に高確率で入っています。しかし、夏場は入れないようにしましょう。また、生野菜を使った料理も注意しましょう。

例:サンドイッチ・漬物・サラダ・ハンバーガーなど

『果物』

004stockphoto tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/004stockphoto_TP_V1.jpg

果物も生野菜同様に水分が多く含まれています。特にカットしてあると尚危険です。生野菜もそうなのですが、どうしてもフルーツやサラダを入れたい場合はフルーツ、サラダ専用の容器に入れて、保冷剤で冷やし鮮度を保つようにして保存しておくようにしましょう。

例:ブドウ・オレンジ・キウイ・リンゴなど

【夏の弁当で必要な保冷対策!】夏に入れてはいけない食材②

『混ぜご飯』

Yama dsc1894 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YAMA_DSC1894_TP_V1.jpg

混ぜご飯は色々な具や調味料が含まれています。特に卵などを使用すると食中毒の危険性が非常に高いです。夏場に卵は使用しないようにしましょう!

ご飯に限らず、麺類も具を混ぜることで食中毒の危険が伴いますので注意しましょう。逆に常温保存しても大丈夫な海苔、青海苔、ふりかけ、ごまなどは大丈夫です。とにかく、冷蔵保存でないと鮮度が保たれない食材は混ぜないようにしましょう。

例:チャーハン・炊込みご飯・オムライス・親子丼・チラシ寿司・カツ丼など

『芋類』

0i9a2267 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A2267_TP_V1.jpg

芋類にはデンプンが多く含まれており、傷みやすい食材です、特にポテトを使ったグラタン、野菜炒めは注意です。

例:じゃが芋・里芋・さつまいも

『マヨネーズを使った料理』

023yama0629 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/023Yama0629_TP_V1.jpg

マヨネーズには卵が含まれています。ですので、ポテトサラダなどの料理は夏に長時間常温保存しておくと非常に危険です。

【夏の弁当で必要な保冷対策!】傷みにくい料理①

0i9a357215032110iine2 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A357215032110iine2_TP_V1.jpg

逆に傷みにくい、夏のお弁当に適した料理を紹介致します。

『ピクルス』

ピクルスは生野菜ですが、酢につけている料理です。酢は殺菌効果もありますし、さっぱりしているので夏にはピッタリです。

『キンピラ』

Dcam8jovqaeyanc
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dcam8joVQAEyAnc.jpg

キンピラは汁っ気が少ないので、夏には万能な料理です。また、キンピラは色々な食材と混ぜて料理することができます!

【夏の弁当で必要な保冷対策!】傷みにくい料理②

『生姜焼き』

肉は危険かと思われますが、生姜焼きは大丈夫です。生姜には腐敗を防ぐ効果があります。冷めても美味しい肉料理ですし、子供にも喜ばれる料理ですので、是非、お弁当のおかずに取り入れてみてください!

『唐揚げ』

Dcg2clfvmaechs4
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dcg2CLFVMAECHs4.jpg

ここでは、から揚げと紹介していますが、揚げ物全般は傷みにくい料理です。揚げ物は中まで熱が入っているので安全です。しかし、コロッケなどは芋を使っていますので気を付けましょう!

【夏の弁当で必要な保冷対策!】とにかく常温保存をさけるように!

Pak85 lalaawadateru20140321 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_lalaawadateru20140321_TP_V1.jpg

ここまで、夏に入れてはいけない食材と、傷みにくい料理を紹介しました。いくら傷みにくい食材だからといって、長時間暑いところに置いておくと傷んでしまいます。

お弁当を作ったら、しっかり保冷剤をいれてなるべく暑くならないように保存してください。菌は湿気が多くて、60度以下の場所を好みます。また、食材には湿気がたまりやすいので、お弁当箱の中は菌にとって最適の場所なのです。

作り手ももちろん注意すべきですが、お弁当を車の中などの温かいところにおきっぱなしにさせないように心がけてください!

【夏の弁当で必要な保冷対策!】豆知識

『酢を使いましょう!』

前にも紹介したように酢には殺菌効果があります。お弁当に欠かせないご飯を炊く際に酢を少量入れるのは夏に非常に効果的です。お米3合に対して酢を小さじ1杯程度がオススメです。

『梅干しには殺菌効果アリ!』

酢同様に梅干しにも殺菌効果があります。また、夏には熱中症対策にもなるので万能です。梅干しがお好きな方は必ず入れることをオススメします!

『前日のおかずには注意!』

前日のおかずを使用する際は一度熱に通すようにしましょう。また、熱い状態でお弁当箱に詰めるのではなく完全に冷めてから詰めましょう!

Kazdscf2666 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZDSCF2666_TP_V1.jpg

『まな板は変えましょう!』

Salad 2496263 960 720
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/12/09/18/salad-2496263_960_720.jpg

肉、魚、野菜を同じまな板で切らないようにしましょう。特に、生の肉、魚には菌が付着している可能性が非常に高いです。野菜などと一緒に使ってしまうと菌が移る可能性が非常に高いです。少し手間ではありますが、まな板は使い分けるようにしましょう。

『フルーツを入れるなら別の容器に』

Fcfg100144217 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FCFG100144217_TP_V1.jpg

先ほども紹介しましましたが、お弁当を食べた後にデザートとしてフルーツが食べたくなりますよね。本来夏場はゼリーなどが好ましいですが、どうしてもフルーツを入れたい場合は別の容器に入れて、特に保存状態には気をつけるようにしましょう!サラダも同様です。

【夏の弁当で必要な保冷対策!】オススメレシピ

夏のお弁当にオススメレシピを紹介致します!簡単に作れる料理のレシピのみを厳選しましたので是非参考にしてみてください!

アスパラとエリンギの甘辛味噌炒めのレシピ

竹輪の大葉巻きのレシピ

ひじきと蓮根の梅煮のレシピ

カレー風味のから揚げのレシピ

傷みにくいハンバーグのレシピ

【夏の弁当で必要な保冷対策!】まとめ

今回、夏にお弁当を作る際に気をつけなければいけないことや、傷みやすい食材、傷みにくい料理などを紹介致しました。以外にもお弁当の定番のサラダ、フルーツは傷みやすい食材でした。お弁当の装飾には欠かせないサラダ、フルーツには気をつけてくださいね。

Pasona 16 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PASONA_16_TP_V1.jpg

また、夏にオススメのレシピを紹介しましたので、是非参考にしてみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/19/19/52/onion-2766380_960_720.jpg