Cspuol1msxxxnlkid9qk

女優

CATEGORY | 女優

江波杏子の死因は?独身・結婚の噂や若い頃の美人画像までまとめ!

2019.02.11

美人女優として活躍した江波杏子の死因、死去した年齢は?結婚はしておらず、生涯独身だった?今回は「津軽じょんがら節」「ちりとてちん」などに出演した女優・江波杏子の死因、死去年齢、幼少期や若い頃、出演作品などを徹底調査しました!

  1. 江波杏子のプロフィール
  2. 江波杏子の幼少期~若い頃
  3. 【美人女優・江波杏子の出演作】映画「津軽じょんがら節」
  4. 【美人女優・江波杏子の出演作】ドラマ「破れ傘刀舟 悪人狩り」
  5. 【美人女優・江波杏子の出演作】大河ドラマ「春の波涛」
  6. 【美人女優・江波杏子の出演作】朝ドラ「ちりとてちん」
  7. 母親は女優・江波和子!
  8. 江波杏子は独身?結婚していた?
  9. 【江波杏子の死因】死去した年齢
  10. 【江波杏子の死因】肺気腫が死因
  11. 【江波杏子の死因】まとめ
【名前】江波 杏子(えなみ きょうこ) 【本名】野平 香純(のひら かすみ) 【生年月日】1942年10月15日 【出身地】東京都渋谷区千駄ヶ谷 【血液型】A型

江波杏子の代表作

【テレビドラマ】 「非常のライセンス」「Gメン’75」「破れ傘刀舟悪人狩り」 「春の波涛」「ちりとてちん」 【映画】 「女賭博師」「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」「津軽じょんがら節」
江波杏子は幼少時代、若い頃はどんな人物だったのでしょうか?
江波杏子はとても恥ずかしがり屋で自意識過剰な子供だったそうです。 そのため、本ばかり読んでいたのだとか。 女優を目指すようになったのは、小学生の時に「落ちた偶像」を観たことがきっかけだそうです。 また、母親で女優の江波和子の仕事を引き継ぎたいという思いもあったようです。
中学時代から女優を志していた江波杏子。 宝仙学園高校在学中の1959年に大映に入社。 当時16歳でしたが、オーディションの際は年齢を1歳上に偽って参加しました。 また、母親が女優だとは明かさなかったそうです。
1960年に映画「明日から大人だ」で女優デビューを果たしました。 芸名は母親の芸名「江波和子」と、新聞連載小説の「杏っ子」が由来なのだとか。 大映時代は厳しい上下関係にうんざりしていたそうです。 縦社会に我慢ならず、先輩に反発したこともあったと明かしています。
デビュー以降、長らく助演としての活動が続いた江波杏子。 その後、映画「女の賭場」で主演を果たしました。 「女賭場」は当初、若尾文子のために企画された作品でした。 しかし、若尾文子が自宅で転倒しケガをしたため、江波杏子が主演に抜擢されました。 58本目の出演にして初めての主役となりました。
「津軽じょんがら節」は1973年に公開した映画です。 江波杏子、織田あきら、中川美穂子が主演を務めました。 江波杏子は同作でキネマ旬報・主演女優賞を受賞しました。
 故郷津軽を嫌って都会へ出た女が、愛人を連れ、ワケありで戻って、そこで生活をするさまを描く。津軽のさびれた漁村。ある日、東京のバーで働いていた中里イサ子が、ヤクザ風の若い男を連れてやって来た。そこはイサ子の郷里で、連れの若い男・徹男が組の幹部を刺し、追われる身となったため、ここで匿うことにしたのだった……。荒涼とした津軽の風景と、津軽三味線の感情を揺さぶる音色が印象的。

「破れ傘刀舟 悪人狩り」は、1974年~1977年まで放送された時代劇ドラマです。 主人公の刀舟を萬屋錦之助が演じ、江波杏子は稲妻のお蘭を演じました。
。時は江戸時代の天保期、千住宿の瑞光院に住む叶刀舟は長崎で蘭学を修め、内科・外科にも精通した名医。だが刀舟は大酒呑みでだらしがない、金持ちは相手にせず、貧乏人からは一切治療費を取らないという偏屈者。しかし義理人情にはめっぽう厚く、多くの人々に慕われていた。そんな彼が弱い庶民を守るため、鬼となって悪人どもを叩き切る!

「春の波涛」は1985年にNHKで放送された大河ドラマです。 松坂慶子が主演を務め、江波杏子は雲井八重子を演じました。 「春の波涛」は平均視聴率18.2%、最高視聴率24.7%を記録しました。
明治、大正の文化や世相を背景に、日本の女優第1号として海外でも活躍した川上貞奴(さだやっこ)と、新演劇の旗手・川上音二郎(おとじろう)たちの生き方を描く、愛と悲しみのドラマ。4人の若者たちが織り成す名声、富、愛、嫉妬の青春模様。

「ちりとてちん」は2007年に放送されたNHKの連続テレビ小説です。 ヒロインは貫地谷しほりが務めました。 江波杏子はヒロインの祖母・和田小梅を演じました。
主人公、和田喜代美(貫地谷しほり)は福井県南部の若狭湾に面した小浜市で大らかな家族なの中で愛情たっぷりに育つ。しかし、喜代美は根は明るいのだが、どこか不器用で自分の夢や目標も持てず、物事をネガティブに考えがちな女子高生。 その喜代美が自身を変えるべく高校卒業後に大阪に飛び出す。そこで彼女が出会ったのが落語。人を笑わせる仕事である落語の魅力に取り付かれ、上方の天才落語家・徒然亭草若(渡瀬恒彦)に入門し、厳しい内弟子修業を経て上方の女流落語家を目指すというサクセス・ストーリーで

江波杏子の母親は戦前に東宝で活躍した女優・江波和子です。 江波和子は東宝映画の「百円スター」に応募し当選しました。 1938年に「牧場物語」でデビューしますが、1940年に引退しました。

江波和子のプロフィール

【名前】江波 和子(えなみ かずこ) 【本名】臼井 和子(うすい かずこ) 【生年月日】1920年1月24日 【没年月日】1947年 【出生地】福岡県久留米市
美人女優といわた江波杏子。 結婚はしていたのでしょうか?
江波杏子は結婚はしておらず、生涯独身でした。
江波杏子は2018年10月26日に体調不良を訴え、都内の病院に入院しました。 そして、翌日27日に76歳で死去しました。 死去する5日前までNHK FMのラジオドラマの収録に臨んでいました。 収録では元気な姿を見せており、録り終えた矢先の急逝でした。 ラジオドラマの遺作となった「FMシアター 罵詈雑言忠臣蔵」は、2018年12月8日に放送されました。
江波杏子の死因は「肺気腫」でした。
肺気腫とは、本来の肺構造が破壊されて空気がたまってしまい(気腫)、うまく息を吐けなくなってしまう病気を指します。原因の多くは喫煙であり、たばこに含まれる成分によって正常な肺組織が破壊されることで病気は発症します。

肺気腫が起こる最も大きな原因は「習慣的な喫煙」といわれています。 江波杏子は愛煙家だったそうです。
肺気腫を発症すると少し歩くだけでも息苦しくなり、日常生活のちょっとした動作にも支障をきたすようになります。肺組織が破壊されて空気がたまることで、心臓に負担もかかりやすくなり心不全を合併することもあります。 現在の医療をもってしても一度壊れた肺組織をもとに戻すことは困難であり、残された肺組織をうまく利用することを目的として、内服薬や吸入薬、酸素吸入などを中心とした治療介入が行われます。また、喫煙が密接に病気の発症に関わっているため、禁煙を行うことも必須であるといえます。

連続ドラマの遺作は、2019年1月に放送をスタートした「小吉の女房」です。 映画の遺作は2018年4月公開の「娼年」となりました。
今回は美人女優として活躍し、多くの映画やドラマに出演した江波杏子について調べてみました。 江波杏子は2018年に76歳で死去しました。 死因は肺気腫でした。 生前の江波杏子は愛煙家だったといわれています。 長年の喫煙が原因で肺気腫を患ったようです。
「津軽じょんがら節」「春の波涛」など、江波杏子が出演している作品をチェックしてみてください!