Kb5eorfqxvuhne7iji1c

女優

CATEGORY | 女優

京マチ子の今現在!若い頃の出演作品まとめ!ピーターとの関係や結婚は?

2019.05.15

【2019/5/15更新】心不全で亡くなられた京マチ子さんの生涯とは?タレントのピーターと仲が良いのは本当?羅生門や犬神家の一族など、若い頃に出演した作品もご紹介!結婚に関する噂や、若い頃の画像など、京マチ子さんの今現在までを振り返りながらお伝えしていきます。

目次

  1. 【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子のプロフィール
  2. 【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の今現在は?
  3. 【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の若い頃の画像が見たい!
  4. 【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の出演作品をご紹介!
  5. 【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子とピーターとの関係は?
  6. 【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子は結婚している?
  7. 【2019/5/15更新】京マチ子さんが心不全で亡くなられたとのこと
  8. 京マチ子の若い頃から現在までをまとめ!大往生の美人女優のご冥福をお祈りします
Edvinrcn4i9xp5ajcsoa
引用: https://www.instagram.com/p/Bl0etErnRGt/

こちらの画像でも、強い目力と女性らしい官能的な雰囲気が素敵ですね!

【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の出演作品①羅生門

H0wxqvlsloecuijzqva8
引用: https://www.instagram.com/p/BmmYySBgn7R/

そんな京マチ子さんが若い頃に出演した作品で有名なのは「羅生門」ではないでしょうか?羅生門はあの黒澤明さん監督の作品で、芥川龍之介の短編小説である「藪の中」「羅生門」を、黒澤明監督がミックスして脚色した作品だそうで、京マチ子さんはその作品のヒロイン・真砂役に抜擢されたのです。

Dynywc7mi1gqlgoeskui
引用: https://www.instagram.com/p/BoT4j5fHrUk/

ちなみに、この「羅生門」は「ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞」「アカデミー賞名誉賞」を受賞するという、まさに日本映画初となる快挙を成し遂げ、そのことにより黒澤明監督や日本の映画が世界で評価されるきっかけに繋がったそうです。

【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の出演作品②甘い汗

Gsl55wi2bcpbd7msdlod
引用: https://www.instagram.com/p/Bna36lBDIO4/

次に紹介するのは、羅生門と同じく京マチ子さんの代表作の一つとされる「地獄門」です。1953年に公開されたこちらの作品は、日本初となるイーストマン・カラー作品。衣笠貞之助さん監督で長谷川一夫さんが主演を務めています。京マチ子さんはこの「地獄門」で袈裟役を演じました。

Psvig3zmbe7xdzikmc6b
引用: https://www.instagram.com/p/Bpd0Z6BDdR-/

この作品は、「カンヌ国際映画祭」でパルムドール、「アカデミー賞」で名誉賞・衣装デザイン賞を受賞しています。これまで妖艶な役どころを演じさせたら右に出る者はいないと言われていた京マチ子さんが、貞淑な妻役を演じ話題となりました。

【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の出演作品③犬神家の一族

Epv3bbpgxkczmgqkilxt
引用: https://www.instagram.com/p/BpPEv3zlufH/

所属していた大映が倒産して以降は、テレビドラマや舞台などに活動の拠点を移したという京マチ子さんは、1977年に放送されたドラマ「犬神家の一族」で犬神家の長女・犬神松子役として出演しています。犬神家の一族は誰もが知るミステリードラマ。古谷一行さんが主人公・金田一耕助を演じ、最高視聴率はなんと40%を超えたのだそうです。

Sgjuecysumldulz5ib6t
引用: https://www.instagram.com/p/BVA1p3EhatG/

犬神家の大黒柱・佐兵衛の長女で、未亡人と言う犬神松子を演じた京マチ子さんの、狂気じみた演技に視聴者も目が釘付けとなったことでしょう。妖艶な役だけでなく、いろんな役どころを見事に演じる京マチ子さんの演技力、さすがです!

【京マチ子の若い頃から現在まで!】京マチ子の出演作品④男はつらいよ

L69wxac27ru7k8j8q8v2
引用: https://www.instagram.com/p/Bj45Oz_HdQY/

京マチ子さんは「男はつらいよ」の第18作にマドンナ役として出演されています。京マチ子さんが演じたのは、柴又で古くから隆盛をほこった柳生家の娘・柳生綾という役です。破産寸前の実家を助けようと、戦争成金に嫁ぎ、その後は離婚してしまいます。病気がちで入退院を繰り返している生粋のお嬢様育ち。寅さんと出会い、人生の最後のひとときに幸福な日々を過ごすという内容だそうです。

2 / 3