miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category歌手

加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚での声優で活躍!アルバム?

加藤登紀子さんは今現在どんな活動をしているのでしょうか?さらに話題となったCM曲や、紅の豚での声優の他にも加藤登紀子さんのコンサートやアルバム、赤い風船についての話題や情報など、加藤登紀子さんの今現在やCM曲以外にも色々と調べたのでご覧ください!

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子のプロフィール

引用:https://www.instagram.com/p/Blpa0C5g98d/
・名前:加藤登紀子(かとうときこ) 
・本名:藤本登紀子(ふじもとときこ)
・生年月日:1943年12月27日 現在74歳
・出身地:満州国 ハルヒン市
・血液型:O型
・職業:シンガーソングライター
・所属事務所:トキコ・プランニング
引用:https://www.instagram.com/p/Bkqj8ougLU1/
満州ハルビンで生まれて、京都で育った加藤登紀子さん。実の父親は南満州鉄道に勤務しています。東京大学文学部西洋史学科を卒業し、在学中には「日本アマチュアシャンソンコンクール」で優勝したという功績を残しています。その後1966年に「誰も誰も知らない」で歌手デビュー。プライベートでは、1972年には学生運動指導者の藤本敏夫さんと結婚。次女のYaeさんは歌手として活動しています。

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子の経歴

引用:https://www.instagram.com/p/BjyH9OeAkZ6/
加藤登紀子さんの歌手としての経歴を辿ってみましょう。まず1966年の「誰も誰も知らない」でデビューを果たし、「赤い風船」という楽曲では日本レコード大賞の新人賞を受賞しています。1969年の「ひとり寝の子守唄」では日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。その後も様々な賞を受賞するなど、歌手として素晴らしい功績を残している方です。
引用:https://www.instagram.com/p/Bl3DrqRHkLJ/
1987年に発売した「百万本のバラ」が大ヒットを記録し、さらには楽曲提供を行った中森明菜さんの「難破船」や、石原裕次郎さんの「わが人生に悔いなし」もヒット。そして1988年と1990年にはニューヨークのカーネギー・ホールでコンサートも行っています。

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子の今現在の活動は?

引用:https://www.instagram.com/p/Bo4AJ5zFNGb/
過去の功績が素晴らしすぎる加藤登紀子さんですが、その活躍は今現在も続いています。2006年には人気フェス「FUJI ROCK FESTIVAL」に出演した他、若手ミュージシャンらとコラボレーションを行ったりと精力的な活動を行っています。
引用:https://www.instagram.com/p/Bn4dVGmgDqi/
2012年にはブータンの首都であるティンプーにてコンサートを行い、2014年には「富士山だ」を全世界に向けて音楽配信を行うなどもしています。現在74歳という年齢の加藤登紀子さんですが、歌手としての活動は止めず若々しい活躍ぶりを見せてくれています。

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子がCM曲を歌って話題?

引用:https://www.instagram.com/p/BiwvgMPBAc7/
そんな加藤登紀子さんが大関のCMソングを歌い話題となっています。加藤登紀子さん自身も大の日本酒好きで、その日本酒への愛は、毎年10月1日に「日本酒の日コンサート」を開催するほど深いのだそうです。そして、1971年にはこの大関のCMソングである「酒は大関」を歌い、大関から樽酒が贈られたのだとか。
それがきっかけでコンサートに来たお客さんにも日本酒を振る舞い、自らも飲みのがらコンサートをするという「ほろよいコンサート」を行っているのだそうです。ステージでお酒を飲みながらほろ酔いで歌うなんて、普通であればバッシングを受けそうですが、やはり自由に生きている加藤登紀子さんだからこそ成立しているのかもしれません。

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子は紅の豚の声優をしていた?

引用:https://www.instagram.com/p/Bqd_q-VllOJ/
加藤登紀子さんは実は、ジブリの名作「紅の豚」に声優として出演しています。その役とはメインキャラのマダム・ジーナの役です。さらに作品の主題歌である「さくらんぼの実る頃」やエンディングテーマとなった「時には昔の話を」も歌っており話題を集めました。
引用:https://www.instagram.com/p/BplCtlonisJ/
ちなみに、このマダム・ジーナを演じた際、アフレコ時に36回もやり直しをしたそうでかなり苦労したシーンがあったのだそうです。そのシーンとはマダム・ジーナとポルコ・ロッソが電話で話すシーンで、最後に「馬鹿ッ!」と受話器を置く場面です。この時の会話の流れが一番苦労されたそうで、加藤登紀子さん自身も一番好きなシーンだそうです。

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子は女優業もしている?

引用:https://www.instagram.com/p/BkU5Dq5n0rx/
加藤登紀子さんは歌手としてはもちろん、紅の豚ではあの人気キャラであるマダム・ジーナ役として声優の活動も行っていましたが、実は女優としてドラマや映画に出演されているようです。1983年の映画「居酒屋兆治」ではあの高倉健さんの妻役を演じ、1986年にはドラマ「深夜にようこそ」で千葉真一さんの妻役を演じています。
引用:https://www.instagram.com/p/Bm7tPeiFCGb/
他にも数多くの作品に出演しており、映画「ハチ公物語」ではたみ子という役でも出演されています。歌手だけでなく声優や女優としても活躍されているとは、本当に多才すぎますね!

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子の最新アルバムは?

引用:https://www.instagram.com/p/Bpn0IXhjbLZ/
加藤登紀子さんはこれまでにたくさんのアルバムをリリースしています。その中でも最近話題となったのが、2018年4月にリリースされた最新アルバムの「ゴールデン☆ベスト TOKIKO'S HISTORY」です。このアルバムは2枚組のベスト盤。加藤登紀子さんの数々のヒット曲が収録されています。
引用:https://www.instagram.com/p/BplPfblHTk9/
日本レコード大賞の歌唱賞を受賞した「ひとり寝の子守唄」や紅の豚の楽曲「時には昔の話を」「さくらんぼの実る頃」大ヒットとなった「百万本のバラ」中森明菜さんに楽曲提供した「難破船」など全35曲というボリュームで、加藤登紀子さんのファン以外の方でも楽しめるアルバムになっています。

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子のコンサートが話題!

引用:https://www.instagram.com/p/BrHHliFlWGi/
ベスト盤が話題となった加藤登紀子さんですが、コンサート活動は今現在も精力的に行っています。先ほどもご紹介しましたが加藤登紀子さんはお酒を飲みながらほろ酔いでコンサートを行うことが有名でネットでも話題となっています。もちろん、通常のお酒を飲まないステージもありますが、やはりこの「ほろ酔いコンサート」はファンの方たちの間でも人気のあるコンサートのようです。
引用:https://www.instagram.com/p/Bn8naKQh6zv/
しかし、日本酒を飲んでほろ酔いでもしっかり歌い上げるということがまず驚愕です。普通お酒に酔うと上手く歌えないものですが、やはり加藤登紀子さんは歌唱力の高さも天下一品なので、多少酔っていても問題なく歌えるのでしょう。その姿に来ているお客さんも思わず楽しくなってしまうのではないでしょうか。気になる方はぜひ一度コンサートへ足を運んでみてくださいね!

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】加藤登紀子の赤い風船が話題?

引用:https://www.instagram.com/p/BnJGNIMgEs9/
加藤登紀子さんの楽曲の中で「赤い風船」という曲があることをご存知でしょうか?この「赤い風船」は第8回日本レコード大賞新人賞を受賞したという素晴らしい功績を残した楽曲です。作詞は水木かおるさんで、作編曲は小林亜聖さんという豪華なメンツで作られており、NHKの「みんなのうた」でも流されていたようです。
引用:https://www.instagram.com/p/BZq9lluDERU/
哀愁漂うメロディも印象的ですが、やはり注目すべきは歌詞です。衝撃を受けるほど暗く悲しい歌詞にネット上でも話題となっています。その気になる歌詞はこちらから見ることができます。動画もありますので、歌詞と一緒にぜひ一度聞いてみてくださいね!

加藤登紀子 赤い風船 歌詞

加藤登紀子の「赤い風船」歌詞ページ。「赤い風船」は、作詞:水木かおる、作曲:小林亜星。

j-lyric.net

【加藤登紀子の今現在!CM曲や紅の豚の声優で活躍!アルバムやコンサートは?赤い風船とは?】まとめ

引用:https://www.instagram.com/p/BpODj1CF79d/
これまでの数々の楽曲と素晴らしい功績を残してきた加藤登紀子さん。歌手以外でも「紅の豚」では声優として出演したり、テーマ曲を歌ったりしていたとのことで驚きました。現在79歳となる加藤登紀子さんですが、年齢を重ねても若々しく現役で活躍されている姿に、ますます応援したくなってしまいます。今後の活動にも期待大です!