miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category俳優

古谷一行の息子はイケメンバンドマン!?おすすめ画像30選!

俳優・古谷一行さんの息子さんが誰がご存知ですか。実は、あの有名なロックバンドのボーカルだったんです。古谷一行さんのプロフィーや画像と共に、息子のプロフィールや活動内容をご紹介します。息子の名前を聞いたら、あなたはきっとびっくりするはずですよ。

古谷一行さんのプロフィール

古谷一行さんは1944年1月27日東京都浅草区(現在の豊島区)に生まれました。中央大学法学部に進み勉学に励むかたわら、俳優になることを目指していました。

古谷一行さんと言えば「金田一耕助」シリーズ

大学卒業後は俳優座の研修生として稽古に励んでいた古谷一行さんは、33歳の時にテレビシリーズ「横溝正史シリーズ」で金田一耕助を演じました。これが当たり役となり俳優として名が挙がるきっかけとなりました。2016年にはカップヌードルのCMで再び金田一耕助を演じました。

25年間「混浴露天風呂連続殺人」シリーズに出演

38歳からはテレビ朝日系推理ドラマ「混浴露天風呂連続殺人」シリーズに25年間出演しました。主人公の左近太郎警部を演じた古谷一行さんの俳優としての地位は、不動のものとなりました。同作品に同じく出演した女優の木の実ナナさんとは、恋愛関係なのではないかと報道されることもありましたが、2人はただの共演者という間柄でした。

古谷一行さんの息子は「降谷建志」さん

古谷一行さんの息子は、降谷建志さんだいうことはあまり知られていません。降谷建志さん自身が頑なに公表してこなかったことが理由のひとつです。ツーショットの写真や画像などもないため、それぞれのファン以外には驚きの事実でしょう。

古谷一行さんの息子「降谷建志」さんのプロフィール

降谷建志さんは1979年2月9日東京都に生まれました。青山学院高等学校に入学しますが、その後中退、通信制の世好高等学校に編入学しています。留学などを経て、音楽バンドを結成して活動しました。

古谷一行さんの息子「降谷建志」さんの妻はタレントの「MEGUMI」さん

降谷建志さんは2008年7月7日、タレントのMEGUMIさんと結婚しました。翌年には第一子である長男が誕生しています。現在までの写真などの画像は公開していません。

古谷一行さんの息子はロックバンド「dragon ash」を結成

降谷建志さんは1996年、高校時代の友人などと共にロックバンド「dragon ash」を結成しました。降谷建志さんは本名の「古谷」を名乗ることをやめ「降谷」でデビューしました。親の七光りを嫌い、自分の力で成り上がりたいという気持ちからでした。
降谷建志さんはdragon ashのボーカルとして活動、徐々に知名度を上げた頃に古谷一行さんの息子であることを公表しました。すでに不動の地位にあったdradon ashにとって多少の宣伝効果はありましたが、それ以上に降谷建志さんが手掛ける楽曲に定評があり、親の七光りと笑う人は既にいませんでした。

ロックバンド「dragon ash」の主な楽曲

ここからは、降谷建志がボーカルをつとめる「dragon ash」の主な楽曲をご紹介します。降谷建志さんの写真などの画像や動画と共にご紹介します。

dragon ashおもな楽曲①grateful days feat.aco,zeebra

1999年5月1日に発売された「grateful days」は、DJとして活躍するZEEBRAさんが参加した楽曲です。「dragon ash」として初めてオリコンランキング第1位を獲得した曲でもあります。音楽番組や雑誌など多くの場面で降谷建志さんの写真などの画像を目にする機会が増えました。

dragon ashおもな楽曲②Deep Impact feat. Rappagariya

2000年3月15日に発売された「Deep Impact」は、ヒップホップグループ「ラッパ我リヤ」が参加した楽曲です。大ヒットした「grateful days」より約1年後に発売された曲です。同曲でオリコンチャート第2位を獲得しました。

dragon ashおもな楽曲③Life goes on

2002年1月23日に発売された「Life goes on」は、携帯電話会社「ボーダフォン(現在のソフトバンク)」のCMに起用されたことで人気となりました。オリコンランキングも第1位を獲得、dragon ashを代表する楽曲のひとつとなりました。メディアへの露出度が高まり、降谷建志さんの写真などの画像が多く流出するきっかけにもなりました。

古谷一行さんの息子「降谷建志」さんは俳優としても活動

降谷建志さんは、音楽活動と並行して俳優としても活動しています。父親である古谷一行に似た渋い演技を見せてくれています。

古谷一行さんの息子「降谷建志」さん映画出演作

ここからは、降谷建志さんが出演した映画2作品をご紹介します。脇役で出演した作品や主演で出演した作品などご紹介します。

降谷建志さん映画出演作①ゲレンデがとけるほど恋したい。

1995年12月9日に公開された映画「ゲレンデがとけるほど恋したい。」に降谷建志さんは出演しました。降谷建志さんは、松井健治役を演じましたが「Kenji」名義で出演しました。当時まだ古谷一行さんの息子であることを公表していなかったため、かたくなに「古谷」姓を名乗ることはありませんでした。
映画「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の主題歌は、冬の女王として活躍した歌手の広瀬香美さんです。主題歌「ゲレンデがとけるほど恋したい。」は大ヒットしました。

降谷建志さん映画出演作②アリーキャット

2017年7月15日に公開された映画「アリーキャット」に降谷建志さんは主演のひとりとして出演しました。俳優の窪塚洋介さんと初共演でしたがすっかり意気投合、映画撮影終了後は仲の良い友達として付き合っています。同映画では「降谷建志」名義で出演、ナチュラルな演技を披露しています。

古谷一行さんの息子「降谷建志」さんドラマ出演作

ここからは、降谷建志さんが出演したドラマ2作品をご紹介します。いずれもNHKのドラマに出演しましたが、どちらも素晴らしい演技で視聴者を魅了しました。

降谷建志さんドラマ出演作①八重の桜

2013年に放送されたNHK大河ドラマ「八重の桜」は綾瀬はるかさんが主演、福島を舞台にしたドラマです。2014年度国際エミー賞テレビドラマ部門にノミネートされるなど、話題となった作品です。
降谷建志さんは新撰組の副長「斉藤一(後の藤田五郎)」を演じました。同ドラマの出演は、降谷建志さん自身寝耳に水でした。しかし、2011年に起きた東日本大震災の被災地である福島を舞台にした「八重の桜」に出演することで力になれればと考え、出演を決意しました。写真などの画像で見ると、凛々しい武士を降谷建志さんが演じたことが分かります。

降谷建志さんドラマ出演作②精霊の守り人

2016年から3年にわたり放送されている「精霊の守り人」は、NHK大河ファンタジーとして放送されました。こちらも主演は女優の綾瀬はるかさんで、同ドラマのために格闘シーンの練習に取り組みました。
降谷建志さんは、2018年に放送された第3シーズンにカーム役として出演しました。アニメ「精霊の守り人」を見ていた降谷建志さんは、戦闘シーンの過酷さを想像していましたが、実際の撮影は困難を極めたそうです。降谷建志さんの華麗な戦闘シーンを見ることができるドラマです。

古谷一行さんの現在は?

古谷一行さんは2011年肺に悪性腫瘍が見つかり、翌年からはがんの療養によりテレビ出演を控えることを発表しています。抗がん剤の治療を続けており、再発の傾向は見られないため回復に向かっていることが分かります。
2017年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」では、ヒロインの祖父を演じ久しぶりにテレビに出演しました。同ドラマの公式インスタグラムには、元気な姿の古谷一行さんの写真などの画像を見ることができます。

古谷一行さんの息子はdragon ash「降谷建志」だった!

古谷一行さんの息子は、ロックバンド「dragon ash」のボーカル「kj」こと「降谷建志」さんでした。降谷建志さん自身も親の七光りを嫌い、古谷一行さんの息子であることを公表せずにデビューしました。親の力を借りずに音楽の道で成功した降谷建志さんは、日本のロック界をけん引するひとりとして称されています。
音楽以外にも降谷建志さんは、俳優としても活躍しています。映画やドラマに出演、脇役ながら確かな存在感を発揮し、見る人を魅了しています。俳優としての演技力は、親譲りなのでしょうか。
闘病中の古谷一行さんですが、テレビドラマに出演するなど回復へ向かっていることがわかります。古谷一行さんの渋い演技をまたテレビや映画などで見られるなんて、嬉しいことですね。
古谷一行さんと降谷建志さんが一緒に写る写真などは公表されていません。しかし、俳優とミュージシャンそれぞれの道で活躍する2人の姿を1枚の画像で見てみたいと思ってしまうのは、わがままな意見でしょうか。いつか2人揃った画像を見ることができる日が来るかもしれません。