miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryヘアカラー

透明感あるヘアカラー画像総まとめ!【暗め・明るめ】【ブリーチ】

外国人のような、透明感のあるヘアカラーって憧れますよね。透き通るような柔らかさと、ふんわりとした優しさを感じて、春や夏にトライしたくなるヘアカラーではないでしょうか。どんな髪色だと透明感が出るのか、まとめてみました。なりたい髪色が見つかりますように。

透明感ヘアカラーってなに?

透明感ヘアカラーとは、外国人の髪の毛のように軽やかで柔らかく見えるヘアカラーのことです。明るめの色はもちろん透明感が出やすいのですが、暗い色でも色味を抜いておくことで透明感のある髪色を出すことができます。アッシュやマット、ベージュやグレーなどの色が入ったヘアカラーが多いですが、パープルやラベンダーも透明感の出る色として人気があります。

今、大人気のヘアカラー

この透明感ヘアカラー、実は今とっても人気の髪色です。瞳の色が薄い、外国人風の顔立ちの人はもちろんですが、そうでない人にも似合います。柔らかい雰囲気やおしゃれな印象を残せますので、幅広い年代の人がチャレンジしています。

外国人のような柔らかさを出すには?

ふんわりとした外国人のような雰囲気を出すには、透明感ヘアカラーで適度なウェーブが付いているとなお優しい印象になります。ショートヘアーでも可愛いですが、風が吹いた時に揺れるようなミディアムからミディアムロングだとより雰囲気が出ます。ハイライトやグラデーションカラーもおすすめです。

おすすめの透明感ヘアカラー

ベージュ

王道のベージュは誰でもトライしやすい透明感ヘアカラーです。明るめだと派手な印象になりそうですが、茶色より赤みを減らしているのでおしゃれなカラーです。暗めだと、落ち着いた大人なイメージになります。これにグレーを合わせたり、アッシュを合わせたりするのも可愛いです。

グレージュ

グレージュというカラーは、最近出てきたカラーですがファッションでも人気でしたよね。グレーにベージュを足したカラーで、クールな透明感カラーと言えます。可愛い中にもセクシーさもあり、かっこよさもありますね。明るめにするには、脱色した方がしっかりと入りそうです。暗めでも透明感が出るカラーです。黒でもなく、茶色でもないこういう色が、今人気のカラーです。

アッシュ

アッシュといえば、昔から人気の外国人風カラーですよね。アッシュは、青いという意味です。明るめのアッシュはベージュやブラウンと混ぜるといい感じになります。暗めでも黒髪とは違い、柔らかさが出るので大人っぽくなります。市販のカラー剤は、アッシュとついたネーミングのものも多いですね。一度チャレンジしてみるのもおすすめです。

ラベンダー

パープル系のラベンダーは、透明感カラーにしては赤みも入っているので少し可愛い感じになります。クールになりすぎず、甘めのコーディネートとよく合います。これまでのレッド系のカラーと違うのは一目瞭然で、ナチュラルでおしゃれなカラーです。透き通ったように柔らかく、ふんわりと見えるので、モテ髪といえそうです。

自分で透明感ヘアカラーを作るには?

外国人風の透明感へアカラー、とっても可愛いですよね。髪の毛のダメージのことを考えると、美容院でお願いするのが一番いいです。しかし、暗い髪色や黒髪からだとダブルカラー(ブリーチ&カラー)が必要なため、結構な金額に。そこで、自分で挑戦する透明感カラーのご紹介です。暗い髪色や黒髪は、明るくしてから色を入れます。明るい髪色は、そのまま入れてもすんなり入るかもしれません。

ブリーチして髪色を抜いておく

暗い髪色(特に黒髪)だと、なかなか透明感のある髪色になりません。そこで、おすすめなのは一度ブリーチする方法。ただし、やりすぎるとものすごく明るい髪色になり毛も傷みますので、ほどほどにしておきましょう。透明感のある色は、薄めの色彩の色です。薄い色は濃い色にはうまく入りません。なので、ブリーチをしておくことで、透明感のある色でも入りやすくなります。外国人風の髪色を目指すなら、ブリーチをしておくのがおすすめです。

そこにアッシュ系のカラー剤を

ブリーチだけでは、黄色になってしまったりオレンジになってしまいやすいので、そこに透明感のあるカラーを入れます。アッシュ、マット、グレー、ラベンダー、ベージュ、などの色味が透明感が出やすいです。グレージュやアッシュベージュなど、2色以上の色味を組み合わせていたりするので、色の名前から入っている色を想像してみましょう。

市販のカラー剤の選び方

市販のカラー剤にも、いろんな塗布方法と色味がありますよね。種類ごとに見ていきましょう。

□泡パックタイプ

市販の泡パックのタイプは、簡単にムラなく染められるので、不器用さんにおすすめです。薬液を混ぜて、泡状にしたらシャンプーをするようにもみ込むだけ。ただし、頭皮がデリケートな方やダメージが気になる方にはあまりおすすめできません。刺激が強めです。放置する時に、髪の毛全体が頭皮に近くなるのでムラになるのを防ぎます。黒髪から初めてカラーをするのには、簡単にムラなく塗布できるのでチャレンジしやすいですね。

□クリームタイプ

市販のクリームタイプは、塗るのに少しコツがいりますが、泡タイプより刺激が少なめです。ムラにならないように塗るには、しっかりブロッキングすること。そして、特にブリーチの際には根元にべったりつけないことがポイントです。頭皮の近くは温度が高く、色が抜けやすいので、頭皮にベッタリとつけてしまうと頭のてっぺんだけ明るめになってしまいます。暗めにするときには、そんなに気にしなくても大丈夫です。暗めにするときのほうが、髪へのダメージも弱いです。

市販のカラー剤の色味の決め方

市販のカラー剤からもたくさんの色味が出ていますよね。アッシュ、マット、イエロー、パープルなど選ぶのは好みなんですが、私のおすすめの決め方は打ち消したい色を想像することです。
髪の毛の色の悩みといえば、色落ちしてくるときに出てくる赤っぽさや黄色っぽさが気になりますよね。暗めであればそんなに気にならないかもしれませんが、明るめだと結構目立ちます。それぞれ、髪のタイプによってどんな色味になってくるのかは違うのですが、その打ち消したい色の逆の色味を選ぶのがおすすめです。
例えば赤っぽいのが嫌な人だったら、反対色のマット系を選ぶと赤色を打ち消してくれます。オレンジが気になる人は、アッシュ系がお勧めです。黄色いのを打ち消してくれるのはパープルです。
それに、さっきの透明感のあるグレーやベージュを加えたカラーを選ぶことで、透明感のあるなりたい髪色になれます。明るめにする際は、色味が入りすぎると青や緑の頭になってしまうので、気をつけましょう。

グラデーションカラー

毛先に向かってハイトーンになっていくグラデーションカラーも、流行中です。毛先のみブリーチすると、しっかりとグラデーションになります。ミディアムやロングの人におススメです。軽くウェーブがかかっていると、より外国人風なヘアスタイルになります。また、内側のみに明るい色を入れたりするのも可愛いです。ヘアアレンジした時にチラリと見せるのがおしゃれです。また、伸びてきた黒い部分がナテュラルに誤魔化せるというのもいいところです。

ハイライトカラー

ハイライトカラーも、透明感や軽さ、柔らかさを出すのにはおすすめです。全体的に明るめにするのは抵抗がある人も、ベースは暗めで明るめのハイライトカラーを入れるだけで立体的に見えます。のっぺりとした髪質の人には特におすすめです。

透明感のある外国人風ヘアカラーのまとめ

透明感のあるヘアカラーは、いかがでしたか?明るめも暗めも可愛い、外国人風な柔らかいカラー。それが、透明感ヘアカラーです。黒に飽きた人は、暗めの色からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
市販のカラー剤を使う際は、ダメージに気をつけましょう。終わったらしばらくの間はしっかりとトリートメントをし、パサパサ感を無くしましょう。美容院でお願いする場合は、ツヤの出やすいカラー剤が今は主流ですので、美容師さんに聞いてみるといいかもしれません。
外国人風カラーで、さらにおしゃれを楽しんじゃいましょう!