Ehhzqpgkealmvzq6mz1e

アクセサリー

CATEGORY | アクセサリー

【100均】ダイソーのイヤリングがかわいい!手作りパーツおすすめ!

2018.10.25

ダイソーのイヤリングがかわいいと評判です。手作りパーツも豊富ですね。diy新作のおすすめやシリコンカバーの情報が気になっている人も多いでしょう。イヤリングは痛い場合もありますが大丈夫なのでしょうか。ダイソーのイヤリング、かわいい手作りを調べました。

  1. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】ダイソーのイヤリングがかわいい
  2. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】手作りパーツも豊富
  3. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】手作りがおすすめ
  4. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】diyがブーム
  5. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】痛い場合は
  6. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】シリコンカバーを使う
  7. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】新作が出るタイミングは?
  8. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】季節の変わり目にチェック
  9. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】どんなイヤリングがある?
  10. 【手作りも!?ダイソーのイヤリングがかわいい】手作りにかかる値段は?
何でもそろうと言われている100円ショップ、その中でも人気が高いのはやはりダイソーですよね。数々の人気商品、注目商品を抱えているダイソーですが、最近はアクセサリーも人気です。
I0l6j17vnxnkzyjpfons
引用: https://www.instagram.com/p/BXYgDcRAr2d/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
最近注目されているダイソーのアクセサリーが、イヤリングです。100円ショップは便利だけど、さすがにアクセサリーは…と今まであまり注目していなかった人もいるかもしれませんね。
しかしダイソーのイヤリングはかわいいものも多く、オシャレ女子の間で人気が出ています。またダイソーにはピアスを作れるピアスキットもあるので、オリジナルアクセサリーの作成にもおすすめです。
ダイソーのイヤリングは種類も豊富ですが、手作りのためのパーツも豊富です。市販のアクセサリーで自分好みのものがない場合は、パーツを使って手作りするのもおすすめです。ダイソーなら安くパーツが手に入りますよ。
Z92ztcpnjfgjbcmj17qj
引用: https://www.instagram.com/p/BL5z_wKAV-a/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
ダイソーの手作りパーツは種類が豊富なので、きっと好みのアクセサリーを作る事ができるでしょう。100円でパーツが買える、というのもポイントが高いですね。手芸屋なら数百円はしますよ。
ダイソーのパーツを購入して見たくても、アクセサリー作成初心者にはどうしたらいいか分からない人もいるかもしれません。最近は個人ブログやSNSなどでダイソーのパーツを使った手作り方法を解説しているサイトもありますよ。
市販のイヤリング、ピアスで好みのものがなかったら、手作りがおすすめです。手作りをすると自分好みのものがつくれますからおすすめなのですが、それ以外にも手作りがおすすめな理由はあります。
A1elw1p2btqqku2cbltp
引用: https://www.instagram.com/p/BeCgeUpDfiT/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
手作りをおすすめする理由をして、まずは作っている過程が楽しいという事があります。実際に手を動かしている時も楽しいですし、どんなものを作ろうかと考えている時も楽しいです。手作りをおすすめする理由は他にもあります。
手作りをおすすめするもう一つの理由は、できあがった時の達成感、そしてできあがったアクセサリーに対する愛着の高さもおすすめの理由です。手をかけて作り上げたアクセサリーはそれだけで愛着がわきますから、大事にしようと思えるようになります。
最近はお店に行けば何でも手に入ります。特にダイソーなどの100円ショップは、100円という安い値段で食品から日用品までを販売しています。100円ショップで生活に必要なものが一通りそろうと言われています。しかしそんな中でも人気が出ているのが、diyです。diyと言えば男性の日曜大工というイメージがあるかもしれませんが、今ではdiy好きの女子も増えています。
Exnnhggbyowcgoqyfvar
引用: https://www.instagram.com/p/Bf5CDs2FoEQ/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
diy(ディー・アイ・ワイ)とは、職人ではない素人が自分で何かを作る、直す事を言います。diyは英語でDo it yourserfを略した事です。自分自身でやる、という意味が込められています。
diyはアクセサリーなどの小さいパーツから始まり、小屋などの大きいものまで様々です。趣味のアクセサリー作りから洋裁を始めた、という人もいます。ブームの今、diyを始めてみるのもおすすめです。
イヤリングは小さなパーツですが、顔の印象を変えてしまう程の力を持っているアクセサリーです。ぜひ日常のおしゃれに取り入れたいものですが、イヤリングは痛いからつけたくないという人もいるようです。確かにイヤリングは耳たぶにはさむものですから、人によっては痛いと感じる事があるかもしれません。痛いイヤリングについて調べました。
Yvlughgtx7twpbpoxo5v
引用: https://www.instagram.com/p/BdZkz2cgrxZ/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
イヤリングで痛いと感じる理由ですが、痛い一番の理由は耳たぶのサイズとあっていない場合です。イヤリングは耳たぶにはさむ事でつけます。もしイヤリングの幅が耳たぶに対して狭すぎる場合、圧迫しすぎて痛いという場合があります。
イヤリングにも種類があり、パチンとクリップのように挟むタイプのものと、ネジのように回して幅を調整するものがあります。手作りの場合はクリップタイプで作る事も多く、痛い場合はクリップの幅を調整する必要があります。力を入れて少し広げるなどで痛い状態がおさまるか見てみましょう。
1 / 2
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BXYgDcRAr2d/?tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0