miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category雑貨

100均のフェルト完全まとめ!サイズや種類は?洗える?【ダイソー・セリア】

100均のフェルトが話題です。サイズのまとめがあると助かりますね。100均にはダイソー、セリア、キャンドゥなどありますが、種類は違うのでしょうか。毛玉や洗えるかどうかも気になります。100均フェルトのサイズなどまとめました。

【100均フェルトのサイズまとめ】フェルトとは

フェルトとはヒツジやラクダといった動物の毛を薄く板状に圧縮してつくる布地の事です。ふわふわとした厚めの生地が特徴で、表面はけば立っています。通常布は切り口から糸がほつれてきますが、フェルトはその性質上ほつれがありません。
引用:https://www.instagram.com/p/BpTEMHLgKhw/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
切り口の処理が不要という事で、フェルトは手芸好きの間で人気のアイテムとなりました。初めて手芸に触れる子供が手にするのもフェルトが多く、マスコットや小物作成の本も多く出版されています。
子供から大人まで手芸好きに支持されているフェルトですが、以前は手芸屋でしか手に入らなかったフェルトが、最近は100均でも購入できると話題になっています。100均で販売されているフェルトを調べました。

【100均フェルトのサイズまとめ】フェルトの種類は?

一言でフェルトと言っても、様々な種類があります。これから手芸をしてみようという人にとっては、まずはフェルトにはどんな種類があるのか知っておく必要があります。フェルトの種類を調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BpTDYW4ncqb/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
フェルトの種類ですが、フェルトにはまず通常のフェルトとシートタイプのフェルトという種類に分かれます。シートタイプとは裏面がシールになっているフェルトで、好きな形に切ってシールのように手軽に貼る事ができます。
またフェルトの種類としては、洗えるタイプのフェルトや柄物のフェルトといった種類があります。サイズの種類も豊富ですし、色の種類も豊富です。特に手芸屋では様々な色、種類のフェルトがあるので、興味がある方は一度のぞいてみましょう。

【100均フェルトのサイズまとめ】使い道は?

フェルトと聞いて使い道がすぐに思い浮かぶ人は、普段から手芸などが好きな人でしょう。
引用:https://www.instagram.com/p/BpTCSXUgkJR/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
手芸に慣れていない人はフェルトと聞いても使い道がすぐには思い浮かばないかもしれませんね。
フェルトには様々な使い道があります。マスコット作りや手作りカードのワンポイントなど、アイデア次第で使い道は広がります。

【100均フェルトのサイズまとめ】ダイソーのフェルト

100均と言えば最大手はダイソーですよね。ダイソーにはもちろん、手芸用のフェルトが売られています。ダイソーのフェルトはどんなサイズがあるのか気になりますね。ダイソーのフェルトを調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BpTBINgHAdw/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
ダイソーのフェルトはサイズが豊富な事も人気です。ダイソーのフェルトに大判フェルト、柄ものフェルト、アソートタイプのフェルト、シートタイプフェルトがあります。さすがダイソーという品ぞろえですね。
気になるダイソーのフェルトのサイズですが、大判フェルトが70センチ×60センチ、柄ものが45センチ×45センチ、フェルトアソートは色違いの6枚セットでそれぞれ18センチ×18センチです。シートタイプは9センチ×9センチ、18センチ×18センチタイプがあります。色も種類があるので、まずダイソーをのぞくのが良いでしょう。

【100均フェルトのサイズまとめ】セリアのフェルト

ダイソーと並んで人気の100均がセリアですよね。ダイソーほど店舗はありませんが、どの店舗も人で常に賑わっているなど、セリアは100均としてとても人気です。特にハンドクラフト好きにファンが多いのがセリアの特徴です。
引用:https://www.instagram.com/p/BpS84s5AObr/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
セリアにも様々なフェルトがあり、大判フェルト、洗えるフェルト、ラメ入りフェルト、シートフェルト、厚手フェルトがあります。特にラメ入りは他の100均ではあまり見かけないので、セリアが近くにある方は一度足を運んでみましょう。
気になるセリアのフェルトサイズですが、大判タイプが60センチ×60センチ、洗えるタイプが18センチ×18センチで3枚入り、ラメイリは18センチ×18センチ、シートタイプは18センチ×18センチ、厚手タイプが18センチ×25センチで、厚みは3ミリほどあります。以上がセリアのフェルトです。

【100均フェルトのサイズまとめ】キャンドゥのフェルト

人気の100均でダイソー、セリアに続いて人気なのがキャンドゥです。キャンドゥも多くの店舗がありますから、こまめに通っている人も多いかもしれませんね。キャンドゥにフェルトはあるのでしょうか。キャンドゥのフェルトを調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BpS8Yxundv5/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
キャンドゥのフェルトを調べたところ、キャンドゥでもフェルトを取り扱っているようです。ただキャンドゥのフェルトに関しては口コミなども含めてあまり情報はなく、種類なども含めてキャンドゥのフェルトは豊富ではないのかもしれません。
少ない情報の中でキャンドゥのフェルトについて確認したところ、大判タイプのフェルトで50センチ×50センチのものを取り扱っている事が分かりました。大判タイプなので使いやすいですから、気になる方はキャンドゥ店舗で確認してみましょう。

【100均フェルトのサイズまとめ】毛玉

フェルトに限らず、布製品で気になるのは毛玉ですよね。洋服もしばらくすると毛玉ができている事が多く、見た目も悪くなってしまいます。フェルトにも毛玉はつくのでしょうか。フェルトの毛玉を調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BpS8EaNh1h4/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
フェルトの毛玉を調べたところ、フェルトでも毛玉はつく事が分かりました。フェルトは繊維を圧縮していますから、毛玉がつきやすいのかもしれませんね。フェルトの毛玉はある意味仕方がないのかもしれません。
人気のダイソー、セリアで調べましたが、どちらも数回洗濯などを繰り返すと毛玉ができることが多いようです。気を付けていても少量の毛玉はできてしまうので、完全に毛玉をつけさせないのは難しいかもしれません。

【100均フェルトのサイズまとめ】毛玉対策

毛玉ができてしまうのはある程度は仕方がないのですが、それでもできるだけ毛玉を少なくしたいとは考えますよね。毛玉を予防する方法はどんな方法があるのでしょうか。毛玉対策の方法を調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BpS6qTclgeb/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
毛玉を完全に予防する事は難しいですが、毛玉をできるだけ予防する対策方法として、スプレーのりを使ってアイロンをかける方法があります。スプレーのりを吹きかけ、アイロンをかける事で生地が落ち着き、毛玉ができにくくなります。
またスプレーのりも100均で取り扱っている事が多いですから、フェルトを購入するついでに一緒に買っておくと便利です。スプレーのりはフェルトだけではなく、他の衣類にも使えるので持っておくと便利です。

【100均フェルトのサイズまとめ】洗えるの?

100均に限らず、フェルトは洗えるのでしょうか。フェルトで洋服を作ることはほぼないでしょうが、使っているうちにフェルトの作品が汚れてくる事はあると思います。フェルトが洗えると便利ですよね。フェルトが洗えるか調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BpS2u1zHl88/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
フェルトが洗えるかどうかですが、フェルト商品に洗えるタイプと書かれている場合には洗って構いません。
しかし多くのフェルト商品には、洗えるという表記はありません。そのため、洗濯機などで洗えるとは考えない方が良いでしょう。

【100均フェルトのサイズまとめ】洗い方は?

フェルトは洗濯機などで洗うと繊維がけば立って他の衣類についてしまう事もあります。
引用:https://www.instagram.com/p/BpS1fKPA6dK/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88
汚れが気になる場合は手洗いで、ごしごしこすると繊維がけばだってしまうので、やさしく洗いましょう。
フェルトは洗えるのですが、乱暴にすると繊維がこわれたり変形の原因になります。洗えることは洗えるのですが、扱いには注意が必要です。