miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryニュース

ApplePayがPASMO対応になるメリット5選!いつから実装?

Apple Payの使い方、id作成方法が気になります。動画はあるのでしょうか。PASMO対応のメリットや設定、登録、クレジットカードとの連携も気になりますね。Apple Payの使い方動画、idについての情報を色々とべました。

【Apple Payの使い方・id・動画】Apple Payとは?

Apple Payが話題ですが、そもそもApple Payがどんなものか知らないという人も多いかと思います。Apple Payについては言葉を知っていても良く分からない場合があるでしょう。Apple Payについて調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/BorYlrSAweD/?tagged=applepay
Apple PayとはSuica(スイカ)やiD(アイディー)、QUICKPay(クイックペイ)などの電子マネーに対応している電子ウォレット機能です。
クレジットカードや財布がなくても、iPhoneさえあれば支払いができる機能です。

【Apple Payの使い方・id・動画】お財布ケータイと同じ?

日本でもお財布ケータイという似たシステムがありました。
しかしユーザー数の多いiPhoneではそういった機能がなく、不便な思いをしている人も多くいました。
Apple Payの導入はiPhoneユーザーの間で大きな話題となりました。

【Apple Payの使い方・id・動画】iDとは?

Apple Payで利用できる電子マネーの中に、iDがあります。iDとはどんな電子マネーなのでしょうか。iDは聞いた事はあるけど、自分が利用できるのか、どういった電子マネーなのか分からないという人も多いでしょう。iDについて調べました。
iDとはNTTdocomoの電子マネーです。ドコモのスマートフォンを使っている人には、iDのロゴも含めておなじみの電子マネーかもしれませんね。iDは電子マネーですから、スマートフォンと連携して支払いをスムーズに行う事ができます。
iDはコンビニやレストラン、レジャー施設、ショッピングモールなどで、料金の支払いの際にクレジットカードや現金を出す必要がなく、スマートフォンをかざすだけで支払いができる電子マネーです。

【Apple Payの使い方・id・動画】QUICKPayとは?

QUICKPayとは電子マネーの一種です。
通常電子マネーは予めチャージをしてその分の金額を上限として支払いができます。
しかしQUICKPayはクレジットカードと連携しているので、チャージがなくクレジットカードの上限での買い物が可能です。

【Apple Payの使い方・id・動画】PASMOの実装は?

Apple Payの導入に大きな関心を寄せたのは、PASMOユーザーも多かったようです。Apple Payが導入されれば、PASMOを持ち運ぶ必要がなくなります。Apple PayのPASMO実装はいつからなのでしょうか。
Apple PayのPASMO実装を調べたところ、PASMOは2017年9月にモバイルPASMOを商標登録しています。これはモバイルSuicaと同じくPASMOスマートフォンやスマートウォッチからPASMOを利用できるサービスのようです。
気になるモバイルPASMOの実装ですが、商標登録がされて騒がれたモバイルPASMOですが、実際にモバイルPASMOが実装されたという情報はなく、モバイルPASMOは商標登録のみになっているようです。

【Apple Payの使い方・id・動画】メリットは?

Apple Payのメリットはどんなところにあるのでしょうか。メリットがないと、Apple Payが導入されても使おうという気持ちにはなりませんよね。Apple Payのメリットを調べました。
Apple Payのメリットですが、まず第一に財布をはじめ現金などを持ち運ぶ必要がなくなる、というメリットがあります。荷物が少なくてすみますし、ポケットにスマートフォンを入れるだけで外出が可能です。
Apple Payのメリットとしては、クレジットカードなどと同じ後払い方式ですから、プリペイドカードのように現金でのチャージが必要ありません。例えば電車などに乗るために使う場合、チャージの必要がないので料金不足で慌てる事がなくなります。

【Apple Payの使い方・id・動画】対応しているのは?

Apple Payはどんな電子マネーに対応しているのでしょうか。対応している電子マネーが多いほど、Apple Payの使い道も広がりますよね。Apple Payに対応している電子マネーについて調べました。
Apple Payに対応している電子マネーですが、Appleの説明の通り、現時点で分かっている対応している電子マネーはSuica(スイカ)、iD(アイディ)、QUICPay(クイックペイ)になります。一番気になるのはPASMOの対応ですが、こちらは特に情報はありません。
Apple Payは導入されて話題となりましたが、まだ全ての電子マネーに対応しているわけではなく、現時点ではまだApple Payを日常に取り込めないという人もいます。しかし今後対応する電子マネーが増えていけば、使い勝手もよくなるでしょう。

【Apple Payの使い方・id・動画】Suicaカードの設定は?

Apple Payを早速使ってみようと考えた場合、設定方法が気になりますね。Apple Payはどのように設定すれば良いのでしょうか。Apple Payを使っていくうえで必要な設定を調べました。
Apple Payの設定ですが、もしApple PayでSuicaカードを使う場合は、Suicaの情報をApple Payへと転送する必要があります。SuicaカードとApple Payが連携していなければ、使う事は当然ですができません。
もしSuicaカードを持っていない状態で、今後使うという場合には、新規にSuicaカードの情報を設定します。この設定ができれば、あとはSuicaカードは必要なく、iPhone一台でお出かけする事が可能です。

【Apple Payの使い方・id・動画】クレジットカードの登録は?

Apple Payにはクレジットカードの情報も登録できます。Apple Payにクレジットカードの情報を登録しておけば、買い物の際にクレジットカードを持ち歩く必要はなく、レジでスマートフォンをかざせば登録してあるクレジットカードで買い物が可能です。
Apple Payにクレジットカードを登録する方法ですが、Walletアプリを起動し、カードを追加という項目をタップする事でApple Pay対応のクレジットカードを登録する事が可能です。
Apple Payにクレジットカードの情報を登録したら、次は登録したクレジットカードでの買い物方法ですが、これはレジで該当の場所にスマートフォンをかざすだけです。簡単に買い物が終わるので驚くはずですよ。

【Apple Payの使い方・id・動画】どのクレジットカードでも対応できる?

Apple Payを使ってクレジットカードで買い物をする場合、どのクレジットカードなら使えうるのか気になっているかもしれませんね。クレジットカードならどのクレジットカードでも問題ないのでしょうか。
今は様々なクレジットカードがありますが、クレジットカードの中にはApple Payに対応していないものもあるようです。
Apple PayのためにiPhoneの購入を考えている場合、手持ちのクレジットカードがApple Payに対応しているクレジットカードか確認しておく必要があります。