Mevsazmmaqtieqxglyrx

CATEGORY | 服

開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!

2018.10.16

開襟シャツがこの秋トレンド!開襟シャツを使ったおすすめメンズコーデ!開襟シャツはインナーとしても使える?人気の柄やブランドって?この秋のトレンドアイテムとなっている開襟シャツのおすすめコーデ、人気の柄、ブランドなどについてまとめてみました!

目次

  1. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 開襟シャツ
  2. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 選び方
  3. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 インナーとして
  4. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 人気ブランド
  5. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 人気柄
  6. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 開襟シャツおすすめメンズコーデ①
  7. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 開襟シャツおすすめメンズコーデ②
  8. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 開襟シャツおすすめメンズコーデ③
  9. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 開襟シャツおすすめメンズコーデ④
  10. 【開襟シャツがこの秋トレンド!おすすめメンズコーデ!インナーとしても!人気柄・ブランドは?】 まとめ

開襟シャツってどんなシャツ?                 

この秋に流行を見せている開襟シャツです。開襟シャツは主に半そでのデザインになっているタイプが多く発売されていますが、肌寒くなってくる秋や冬の季節にはコートやアウターのインナーとしても着ることができる着回しの効くオシャレアイテムとなっています。

前部分がすべて開くようになっているのでボタンを全部閉めてキレイめにきっちりと着ても良いし、開襟シャツの中にインナーを着て、前のボタン部分を開けてまた違った雰囲気のコーディネートを楽しむことができる優秀なシャツとなっています。

開襟での着用を前提に作られたシャツで、オープンシャツとも呼ばれる。 台襟を持たない平折襟で、前立てのない仕立てのものを指す。 シャツの裾は一般に短めで、ズボンから出しての着用を想定した直線的なカットになっている。 第一ボタンは省略されたり、ボタン穴の目立たないループ式とされることが多い。 首元までボタンを留めての着こなしも可能だが、台襟がないためネクタイの着用には向かない。 防暑服であるため、そのほとんどは半袖で、長袖のものは少ない。女性用のブラウスではノースリーブやちょうちん袖のものも散見される。 学校や職場の夏季制服、アロハシャツ、かりゆしウェアなどにみられるスタイルである。

また開襟シャツはフォーマルな場面でも使える通常のシャツよりも首元がゆったりしているのが特徴的で、息苦しい感じもなく楽に着れて着心地が良いという点もありますね!

開襟シャツを選ぶときサイズ感                    

カジュアルだけれどキレイめな落ち着いたコーディネートに仕上げてくれる開襟シャツは、いろいろ着回しもすることができて使い勝手の良いファッションアイテムですが、選ぶときにサイズ感を間違えてしまったり、着こなし方がうまくいかなかった場合には周りの人たちからだらしなく見えてしまう可能性もあるので注意が必要となってきます。

首元が大きく開いているのが特徴的な開襟シャツは、大きめで少しゆったりとしたサイズ感のものを着ることで全体的にオシャレに決めることができます。ほっそりとした体形に見せようと小さめのサイズの開襟シャツを選んでしまうとトレンド感がなくなってしまう可能性があるので要注意です!

開襟シャツの素材                 

フォーマルなシーンでも活用することができる襟付のシャツは綿素材できっちりとした素材のものが一般的となっていますが、開襟シャツはサテンやレーヨン、ナイロンやポリエステルなどといったさまざまな素材のものがあります。

選ぶ素材によって開襟シャツを使ったコーディネートの全体的な雰囲気が大きく変わってくるので、開襟シャツを選ぶ際にはどういった雰囲気のコーディネートをしたいかによってデザインだけでなく素材にも注目しながら選んでいくことが重要です。

1 / 4