Zz01bxjpr3qidbc0kq6t

ブランド

CATEGORY | ブランド

ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集【Louis Vutton】

2018.10.08

ヴィトンのアイテムはダサいのでしょうか?財布やバッグで超有名なビトンのださいアイテムが話題です。そんなLouis Vuttonについてモノグラム?ダミエはダサい?男がビトンが持つとだめ?などヴィトン(Louis Vutton)の情報をまとめてみました。

  1. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】誰もが知っているブランド:Louis Vutton
  2. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】ヴィトンはダサい?
  3. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】ださいヴィトンモノグラムアイテム
  4. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】ださいヴィトンダミエアイテム
  5. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】コラボアイテムが話題
  6. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】ビトンとSupremeのコラボがダサい?
  7. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】ビトンとロシアWorld Cupのコラボがダサい?
  8. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】2019コレクションがさらにださい?
  9. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】男の人がLouis Vuttonがださい?
  10. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】Louis Vuttonのカッコいいアイテム
  11. 【ヴィトンはダサい!ビトンのださいアイテム特集[Louis Vutton]】まとめ
  12. これを読んでいる人におすすめの記事があります。
Louis Vuttonといえば日本人誰もが知っているブランドです。特に財布やバッグなどのアイテムは街に繰り出せば誰かは絶対にもっていますよね。そんなヴィトンのブランドとしての歴史を振り返ってみましょう。
ルイ・ヴィトン(仏: Louis Vuitton Malletier)は、フランスのマルティエ(スーツケース職人)であるルイ・ヴィトン(Louis Vuitton[1][2]、1821年8月4日 - 1892年2月28日)が創始したファッションブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドである。

ルイ・ヴィトンは1821年開業したとても歴史があるブランドです。とにかく、とても人気が高く全世界が憧れているブランドです。
しかし一方で最近、ヴィトンはダサいのではないか?と取り生やされています。 今回はそんなLouis Vuttonのアイテム(財布やバッグ)ダサい?の噂についてまとめました。 また、最近ヴィトンはコラボアイテムが非常に多く出ています。 コラボアイテムもまとめてご紹介していきます。
ビトンのアイテムがなぜダサいかについていくつか理由があるようです。

Louis Vuttonもってるアピールがダサい

ビトンは財布やバッグ、一つ一つのアイテムが高いのでそれを持っているとついついアピールしてしまうもの。 しかし、それをあまりに見せびらかすのはよくなさそうです。 「ビトン持っているのを見せつけたいんだな」と思われてしまい、ブランド大好きな人と見なされてしまうようです。 しかし、そういった人が多いのでビトンはダサいと思われてしまうようです。

ヴィトンがシンプルにダサい

ヴィトンのダミエ・モノグラムどっちの柄であっても、あの特徴的な模様に賛否両論あるようです。 確かにあのグリーンな柄と他ブランドのアイテムを合わせるのは難しく、似合った着こなし方をするにはファッション上級者でなければいけないようです。

Louis Vuttonを持ってる人がダサい

ハイブランドは総じて、イメージの悪い人が着ている現実があります。 チャラい=ハイブランド着てるは言い過ぎですが、それに近い考えを持っている人は少なくありません。
よって、そういうイメージの人が持っているLouis Vuttonの財布、バッグなどのアイテム=ダサいと思われているようです。
それではここで、そんなださいと思われているビトンのアイテムをご紹介しています。 特徴として、みんなが持っているアイテム。柄が特徴的すぎるというのがあるようです。
さて、まずはヴィトンのモノグラム柄のださいアイテムを紹介していきます。
モノグラムはもっとも人気であるシリーズの一つで、日本の「家紋」からヒントを得ているようです。
モノグラムは、当時のヨーロッパで流行していたジャポニズムの影響受けて生み出されたものです。 ちなみに「モノグラム」というのは英語で、「組み合わせた文字」という意味。 創業者ルイ・ヴィトンの頭文字であるLとVを組み合わせたロゴ、それに日本の家紋からヒントを得て作られた星や花のモチーフを配したパターンは、今やルイ・ヴィトンの象徴とも言えるでしょう。

しかし、モノグラムは一目見てビトンとわかるため、主張しすぎてださいという意見もあるようです。

ださいヴィトンモノグラムアイテム(財布・バッグetc)①

ださいヴィトンモノグラムアイテム(財布・バッグetc)②

ださいヴィトンモノグラムアイテム(財布・バッグetc)③

ださいヴィトンモノグラムアイテム(財布・バッグetc)④

いかがだったでしょうか?ださいか否かの判定は個人の主観なので、あれですがださいという意見は確かにあるようです。
次は、ヴィトンのダミエ柄のださいアイテムを紹介していきます。
ダミエも非常に人気のあるシリーズです。
日本の市松模様をモチーフにした、1888年に発表されたラインです。 素材は、モノグラムと同様の樹脂加工されたトアル地。 現在は復刻したダミエ・エベヌや派生したラインが数種類あります。 軽さと耐久性を兼ね備えた鉱物グラファイトをヒントに作られた、メンズ向けの「グラフィット」、イタリア・リビエラの海と砂をイメージした、ブルーとクリームの淡い色合いの「アズール」などのバリエーションを持ったラインでもあります。

それではダサいと言われているアイテムを見ていきましょう。

ださいヴィトンダミエアイテム(財布・バッグetc)①

ださいヴィトンダミエアイテム(財布・バッグetc)②

ださいヴィトンダミエアイテム(財布・バッグetc)③

ださいヴィトンダミエアイテム(財布・バッグetc)④

こちらも持っている人が多く、アピールしてるからダサい!と言われかねないアイテムです。
1 / 2
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BeBEtFNnXzz/?taken-by=louisvuitton