miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category雑貨

ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!布で縫わないものも!

100均の紙袋やブランドの紙袋でオリジナルのブックカバーを作る作り方やおしゃれな布で縫わないブックカバーを作る作り方、印刷した紙を使ってブックカバーを作る作り方や100均の布でサイズをあわせて手縫いでブックカバーを作る方法をみていきましょう。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】自分で作る

ブックカバーを自分で作ろうとする時に気になるのは、どんな素材で手作りするのが良いかということでしょう。ブックカバーのサイズや本のサイズで作り方も変わります。
ブックカバーを作る時に、紙袋や包装紙、自分で紙を印刷するなどして縫わない素材を使って作る方法もあります。
布を使って縫わない方法でブックカバーを作る方法や手縫いしてブックカバーを作る方などいろいろあります。
どんな作り方があるのかみていきましょう。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】紙袋で作る

ブックカバーに使いたいと思うおしゃれな印刷がしてある紙袋を使ってブックカバーを作る方法を紹介します。

用意するもの

・本
・おしゃれな印刷がしてある紙袋
・はさみ、またはカッター

おしゃれな印刷がしてある紙袋を使ってブックカバーを作る作り方

1.紙袋の底の角から切り込みを入れ、底の部分を切り離し、取っ手を取り除き、1枚の紙の状態にします。取っ手や、底の部分などの糊がついている部分、二重になっている部分は使いません。
2.開いた紙袋に本を置いてみて、サイズや使いたい柄の印刷をチェックして、どのあたりを使うといいか、だいたいの見当をつけます。
3.自分が使いたい柄が印刷してある部分の上に本を置いて、本のサイズよりも大きめに紙袋を切ります。このとき、最低でも上下3cmずつ、左右10cmずつ程度は、余裕をもって切るようにします。
紙袋に最初からついている折り目を利用すると、仕上がりが綺麗になります。場所を決めるのがいちばん大切なので、どの印刷を使うとおしゃれになるかじっくり納得がいく場所を探してください。
4.本の高さに合わせて、紙の上下を折ります。この時に、数ミリずつ余裕を持たせます。
5.左右も折り、本の表紙を差しこみます。おしゃれな自分だけのオリジナルなブックカバーの出来上がりです。

もっと簡単にブックカバー作る方法

本屋さんでもらった紙のブックカバーがあれば、自分でサイズを調節して紙袋を切るよりも紙のブックカバーのサイズに合わせてつくることができるので簡単にブックカバーを作ることができます。

紙袋の再利用の方法

おしゃれなデザインが印刷されている紙袋をなにかに利用したいと紙袋を保管している人もいるでしょう。紙袋がたくさん家にたまっている人は、ブックカバーに変身させてみるのも一つの方法です。
少し折り目がついていたり、よれている紙袋でも、作ってみると案外素敵なブックカバーになったりします。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】紙で作る

包装紙やポスターなどでもブックカバーを作ることはできます。紙の状態から作り始められるので、より簡単に作ることができます。
印刷がされていない無色の紙でもマスキングテープや、スタンプでアレンジするとおしゃれなブックカバーを作ることができます。マスキングテープは、100均でも売られています。ただの茶色い紙でも、かわいくおしゃれなブックカバーになります。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】紙を印刷して作る

A4サイズの紙を使って、文庫本のブックカバーを作ることができます。印刷した紙を使ってブックカバーを作ると、自分だけのオリジナルなブックカバーができます。
「ブックオフオンライン」では、文庫サイズのブックカバーが無料でダウンロードできる「オリジナルブックカバー」のサービスをしています。

ブックカバー無料ダウンロード │ ブックオフオンライン

オリジナルデザインの文庫サイズブックカバーを無料でダウンロードできるページです。お好きなデザインのブックカバーを使って、お手持ちの文庫本をデコレーションしてみてください。

www.bookoffonline.co.jp

無料でダウンロードするサービスや自分のお気に入りのデザインをプリンターで印刷してオリジナルのブックカバーを作ってみましょう。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】縫わない布で作る

ブックカバーに使えそうな手ぬぐいの布は100均にたくさん売っています。手ぬぐいの布を使って縫わないブックカバーを作る方法を紹介します。

手ぬぐいの布で作る縫わないブックカバーの作り方

1.手ぬぐいの布を横半分に折ります。
2.本を手ぬぐいの布の上に置き、本にかぶせるように手ぬぐいの布を半分に折ります。
3.本の大きさからはみ出している余った手ぬぐいの布を外側折り返します。(反対も同様にします)
4.折り返した部分がずれないように気をつけながら優しく手ぬぐいの布を開いて、本を下ろします。
5.手ぬぐいの布を縦向きに変えて、本の高さに合わせて上、下の順番に折ります。
6.手ぬぐいの布の上下の折り重なった部分を入れ込むようにして合わせます。
7.手ぬぐいの布の内側から本の表紙を差し込むようにして、本を装着します。
8.これで縫わない手ぬぐいの布のブックカバーが完成します。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】ミシン布で作る

ブックカバーをミシンで縫って作る作り方を紹介します。

用意するもの

・表生地 41㎝☓18㎝
・接着芯地 41㎝☓18㎝
・裏生地 21㎝☓18㎝

布を縫って作るブックカバーの作り方

1.表生地の端と裏生地の端にロックミシンをかけます。
2.表生地の裏と、接着芯地の接着部分を合わせ、接着芯地にアイロンをかけます。
3.表生地の両端を1.5㎝ずつ折り曲げてミシンで縫います。
4.表地を中表にして両端を6.5㎝ずつ折り曲げます。その上に、裏生地を裏にしておき、表生地と裏生地の上・下を縫い合わせます。
5.開け口から表に返します。ブックカバーの完成です。
ミシンで縫うかわりに、針と糸を手に、手縫いで縫って作ることもできます。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】ボンド布で作る

布をボンドでつけて縫わないでブックカバーを作る作り方を紹介します。

用意するもの

・表生地 41㎝☓18㎝
・裏生地 21㎝☓18㎝
・リボン 18cm
ビーズ 1個

布をボンドでつけて作るブックカバーの作り方

1.表生地の両端を1.5㎝ずつ折り曲げてボンドをつけます。
2.表地を中表にして両端を6.5㎝ずつ折り曲げます。折り曲げた箇所の上下にボンドをつけます。
3.リボンにビーズを通して端をくくり、表地の真ん中の上にリボンをのせます。
4.その上に、裏生地を裏にしておき、表生地と裏生地の上・下にボンドをつけます。
5.開け口から表に返します。縫わないボンドで作るブックカバーの完成です。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】フェルト布で作る

フェルトには洗えるフェルト(ポリエステル100%)と洗えないフェルト(ウールとポリエステル混合)があります。洗えないフェルトは、使っていくうちに毛羽立ちが発生するので、洗えるフェルトを使い手縫いでブックカバーを作ります。

用意するもの

・洗えるフェルトの大判(100均のダイソーなど手にはいります)
・針と糸
・いらない紙 (型紙として使うので、広告で十分です)

フェルト布を手縫いして作るブックカバーの作り方

1.いらない紙の上に本を置いて、本の大きさをうつします。本にカバーがかかっていたら、それを参考にします。型紙の上下だけうつした線よりも最低でも5mmくらい大きくして、型紙として切っておきます。
2.フェルトの上に型紙を置き、フェルトに書き写しフェルトを切ります。
3.ポケットになる部分を折り返して、上下を手縫い(なみ縫い)します。
手縫いする時には、玉止めをかくすように縫います。手縫いをしながら本が入るかどうか確認しながら縫っていきます。左右同じようにポケットを作ります。
4.フェルトを表に返したらフェルト布を手縫いして作るブックカバーの完成です。
完成したブックカバーに好きなモチーフを接着剤で貼ったり、リボンやビーズなどを貼って飾り付けします。1枚のフェルトだと厚みが足りないと感じるときには、2枚のフェルトを合わせてベルトやしおりをはさんで縫い合わせるのもおすすめです。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】みんなの手作り

ブックカバーを手作りしている素敵な作品を集めてみました。

【ブックカバーの作り方!100均の紙袋でかわいく!】まとめ

いかがだったでしょうか。ブックカバーのいろいろな作り方を紹介しました。簡単にできる方法もありますので、一度作ってみてください。