Nhpj4m1miakjrrzbfnwg

メイク

CATEGORY | メイク

ぷっくり涙袋を作るメイクの方法大公開!ナチュラルに見せるポイントとは?

2018.02.19

最近はやりの涙袋メイク。モテ顔の条件である涙袋は、実は誰でもメイクで簡単に作ることが出来ます。ぷっくりうるつやな涙袋を作るメイクはちょっとしたコツさえつかめば大丈夫!そんな誰もができる、涙袋を作るメイク方法をご紹介いたします。

  1. 涙袋があるとないとではこんなに印象が変わる?!
  2. 涙袋を作るメイク道具はなに?
  3. 涙袋を作るメイクのポイント
  4. 涙袋がチャームポイントの芸能人は?
  5. 涙袋メイクにおすすめのアイシャドウ・専用ライナー
  6. ラメアイシャドウで涙袋を作るメイク
  7. コンシーラーで涙袋を作るメイク
  8. 専用ライナーで涙袋を作るメイク
  9. 赤のアイシャドウで涙袋を作るメイク
  10. ぷっくり涙袋でモテ顔に!
  11. この記事を見た人は以下もチェックしています
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7e/7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_t.jpeg
顔を印象付けるパーツである目。そんな目元でも涙袋があるということは、芸能人のような美人かどうかを決める上で重要なポイントですよね。そんな涙袋は最近、メイクで作れると人気です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRTZLwYLCwGeiY4S92a-xKA6vEVlPaVNB1RuigMgnQ-mj8vjByJPg
涙袋メイクをしている目としていない目を比較してみましょう。こちらの写真は涙袋メイクをしていないもの。目全体がぼやけていて、顔の印象がぱっとしないものになっています。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20121116/15/mariebiscuit119/bd/07/j/o0480025012288375506.jpg?caw=800
次は涙袋メイクをしているものです。うるうるとした瞳が印象的な目になっていますね。顔全体がぱっと華やかなまるで芸能人みたいな雰囲気です。ここまでで涙袋の重要性がわかったと思います。次からは不自然でない涙袋の作り方をご紹介いたします。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSkl-PdDHj_Oa7Tn7YNz3APK4jOui-7r9mCp-IjRGOGHUnxNyTQ5w
涙袋を作る方法はいろいろありますが、いったいどのようなコスメを使用するのでしょうか。まずは涙袋の影を作るにはアイブロウ。固めで書きやすく、色づきも薄いです。
引用: http://01.gatag.net/img/201508/03l/gatag-00013121.jpg
次に涙袋のぷっくり感を出す道具はアイシャドウが人気です。スティックタイプやリキッドタイプ、パウダータイプなどいろんな種類があります。自分の目のタイプや、目的別に使い分けるのが良いでしょう。
引用: https://www.silhouette-illust.com/wp-content/uploads/2016/11/16615-300x300.jpg
最後は仕上げに目元に使うハイライトです。完全マットなものや、ラメ・パールが配合されたものがあります。アイシャドウに入っている明るめのカラーでも代用ができます。
引用: https://www.beauty-co.jp/news/img/150528_onishi_02.jpg
涙袋を作るメイクのポイントはナチュラルに作ることです。間違った道具ややり方で作ってしまうと、涙袋だけ妙に浮いた顔になってしまうことも。とにかく自然に作ることを意識してみてください。
引用: http://freebies-db.com/wp-content/uploads/2015/05/free-illustration-makeup-eyeline-irasutoya.jpg
涙袋を作る際に気を付けるのは、陰影です。ぷっくりとした自然な涙袋を作るためには、本物のような質感をつくることをイメージしながらメイクをすることが大切です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/55/5520f42a4ecd2dd73f2d5f67dfd6a863_t.jpeg
つやのあるぷっくりとした涙袋を作ることが出来れば、目が大きく見えるということはもちろんのこと、見た人に色気ある芸能人のような印象を抱かせることができます。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170107%2F53%2F5255013%2F42%2F300x169x0b0ec5ea5225138b14788dd4.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
涙袋が印象的な芸能人は誰がいるのでしょうか?まずは石原さとみさん。なりたい顔ナンバーワンでおなじみの芸能人ですが、自然な涙袋がかわいい目元ですね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTlPBOREK35REgqEPmBsP1lU-aWrQRG7VHSDOTXigFuE1rV7EbRoQ
お次は世界で最も美しい顔に選ばれた芸能人、佐々木希さん。こちらもナチュラルな涙袋がありますね。魅力的なお人形さんのようなぱっちりとした目が、涙袋によって際立っています。
引用: https://pics.prcm.jp/azupamyu120/44762216/gif/44762216.gif
最後は原宿系ファッションのカリスマ、きゃりーぱみゅぱみゅさん。全体的にしっかりとしたメイクで、涙袋のハイライトがきゃりーさんの特徴的でもある大きな目に目がいってしまいます。

セザンヌ トーンアップアイシャドウ

引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/W043864_3L1.jpg
よりふっくらとした涙袋をつくるためには質感を再現するアイシャドウが重要です。そこでおすすめなのがこちらのトーンアップアイシャドウ。パレットの中は三色のグラデーションカラーが入っており、ハイライトから涙袋の影を作る暗めの色まで、これ一つで涙袋が完成します。また、税抜580円とプチプラなのも人気ですね。

インテグレート スイートトリックアイズ

引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170106%2F51%2F5026021%2F1%2F500x500xca1ea0581405f0923c68ccd1.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
涙袋をぷっくりとみせてくれるハイライトカラーがついたアイシャドウです。付属であるチップは先端が細くなっているのでまぶた全体にも、塗りにくい目のキワなどにも使いやすいです。パッケージにも涙袋メーク効果をうたった宣伝がなされており、涙袋を作るメイクにぴったりな商品であることがわかります。

ラブドロップス 涙袋ウルミライナー

引用: https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/22639360_1354589271330620_2695091853685948416_n.jpg?ig_cache_key=MTYzMjY2ODM2NDIyNDU4MDQ4NA%3D%3D.2
うるうるとした印象的な目元を作ることが出来る人気の専用ライナーです。発色もよく、1日中ぷっくりとした涙袋が持続します。ペンシルタイプで描きやすく、また細かいラメでセクシーな印象。ひと描きでうるみがちな目をつくることができます。

アヴァンセ ジョリ・エジョリ・エ クレヨンアイカラー

引用: https://www.soukai.com/main/prdimg/y/598/y4531560301598.jpg
美容液成分配合で、クレヨンタイプのなめらかな人気のアイカラーです。これ一本でアイシャドウ・涙袋のライナー・ハイライトの3つの用途で使える優れものです。パール配合できらきらしており、涙袋のうるうるを再現してくれます。クレヨンのように太めのライナーなので、安定して涙袋のラインを描くことが出来ますよ。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRrURR-Rbx4h2mk236LIGWcXh-FV2bWrDAma3Na4jhFPobU1382
ここでコスメ別に涙袋の作り方をご紹介していきます。まずはラメが入ったアイシャドウで作るメイクです。これは初心者の方でも簡単にでき、お手持ちのアイシャドウを使うことができるので人気です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/51/5173cee4df3e3ab203ce0a7d6b831f63_t.jpeg
まずはパレットの中にある明るめのアイシャドウを、目じりにくの字に塗ってください。下まぶた全体に塗るということではなくくの字に塗るのがポイントです。
くの字に明るめのラメ入りアイシャドウを塗ったら、次は影を書いていきましょう。影の部分にはブラウン系のアイシャドウやアイブロウなどを使用します。自分の好みの涙袋の幅にあわせて、陰になるようにラインをいれていきます。最後に麺棒でぼかせば完成です!
引用: http://thumbs.dreamstime.com/t/make-up-eyebrow-makeup-eyes-52128764.jpg
続いてはコンシーラーで涙袋を作る方法です。このやり方で作るととても自然な涙袋を再現することができます。もともとはっきりとした涙袋がある美人さんのような顔に見えるので、ナチュラルに見せたい方におすすめです。
まずは自分が作りたいと思う涙袋に、明るめのコンシーラーをいれていきます。あまり幅をとりすぎると不自然な下まぶたになってしまいますので、自分の目に合った幅で作ってください。
次は先ほどご紹介した方法で影を入れていきます。ブラウン系のアイシャドウやアイブロウなどの道具で、涙袋の下に立体的になるよう影を入れていきます。ナチュラルな仕上がりを意識して、陰影の境目をぼかすことを忘れずに。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/veritaveriveri/imgs/9/5/95357f62.jpg
最近は、涙袋メイクの流行に合わせて専用のライナーを売っているのを見かけるようになりました。ラインを描くだけで涙袋が出来上がるお手軽で人気なコスメです。
下まぶたにサッと描くだけで、立体感のある涙袋を再現できるので朝なかなか時間がない人にもおすすめです。また、自分で涙袋の形をきめて作るわけではないのでメイク初心者のティーンにもぴったりの道具です。
涙袋専用のライナーはスタンダードなペンシルタイプではなく、リキッドタイプのものもあります。リキッドタイプを使うと、よりぷっくりとしたつやのある質感の涙袋をつくることができます。
引用: http://01.gatag.net/img/201508/03l/gatag-00013121.jpg
応用編で、赤いシャドウを使うという方法があります。涙袋を赤いシャドウで作ることが、実は最近とても人気です。涙袋に赤を入れることで、色素が薄い顔に印象付けることが出来るからです。
やり方としてはかんたんで、下まぶたに赤いアイシャドウを塗るだけです。濃く入れすぎると不自然になってしまいますので、ふんわりと入れることを意識してください。塗ったら指で軽くぼかしましょう。
引用: http://dc-note.com/wp-content/uploads/2016/02/Bp5QentCEAAmu-C.jpg
またアイシャドウの選び方としては、単色のみでなく三色くらいのグラデーションカラーが入っているものを選びましょう。赤のグラデーションを作ることで、より立体的な涙袋を作ることが出来ます。赤に抵抗がある方はまずは茶色がつよい赤みがかった色などでチャレンジするのもいいですね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQlxkxOA59BJwMyBuRkgnniL790qp4VB20a2tKgEAJXsVUBtR2dpA
涙袋の必要性や、おすすめの道具などをご紹介してきましたが、役に立ったでしょうか。涙袋は美人の条件とも言われており、ナチュラルに持っている人はとてもうらやましがられるパーツです。しかしここでは、わたしはそんなに涙袋が目立たない目だわ・・という方もメイク次第で簡単に作ることができるということがわかりました。自然な涙袋をつくって、芸能人のような魅力的な目を目指しましょう!