Lzxygvh6l2r3ubluitig

アスリート

CATEGORY | アスリート

早川史哉は結婚してる?病気から復帰した現在は?病院は?ツイッター?

2018.09.04

2016年、急性白血病という病気と診断された早川史哉選手。結婚はしているのでしょうか。また、現在は、復帰に向けてリハビリや練習ができるまでに回復しているようです。今回は、早川史哉選手の病気から復帰に向けての様子や、結婚などの情報についてまとめました。

  1. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉のプロフィール
  2. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉の病気とは?
  3. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉の病院を退院
  4. 【現在病気から復帰?結婚は?病院は退院した?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉の復帰は?
  5. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉は若い選手に混じって練習開始
  6. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉の結婚は?
  7. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉に彼女がいた?
  8. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉の特集をnhkが放送
  9. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉を待っている筑波大の後輩たち
  10. 【現在病気から復帰?病院は退院した?結婚は?高校は?筑波大?ツイッターは?】早川史哉の今後を応援したい!
【早川史哉(はやかわ ふみや)】[サッカー選手][出身地 新潟県新潟市][ポジション MD・DF][身長 170cm][体重 70kg][利き足 右足]アルビレックス新潟の下部組織の出身で、2011年には高校3年でトップチームに2種登録された早川史哉選手。メキシコで開催された2011 FIFA U-17ワールドカップでは日本代表としてFWからDFまで幅広くこなす究極水準のオールラウンドプレーヤーとして3得点を挙げています。
早川史哉選手は、2016年2月27日の4月24日のJ1第8節・名古屋戦ではベンチ入りでしたが、後にリンパ節の腫れを訴えた為に病院で検査を受けた結果、急性白血病と診断されました。
早川史哉選手は、2016年11月に骨髄移植手術を行って寛解に向けた治療を行いました。クラブは選手として復帰するトレーニングが出来るようになり、選手契約を結ぶことが可能になるまで引き続きクラブを挙げてサポートするとしています。
早川史哉選手は、2017年6月には発病から入院していた病院を退院しています。その後、投薬治療などを経て、現在も経過観察のために定期的に診察を受けているようですが、食事制限や行動制限もない段階であり、順調に回復に向けて前進しているようです。
2018年からはクラブハウスにおいて、ランニングなど徐々に負荷を上げたリハビリに取り組んでいる早川史哉選手。早川史哉選手が所属するアルビレックス新潟では、早川史哉選手が病気を克服し、ピッチに戻ることを目的とした『アルビレックス新潟 早川史哉選手支援基金』を開設しています。支援金の合計は、2018年2月8日の時点で26649549円であることが発表されています。
急性白血病と診断されてから早川史哉選手が復帰したのは、実に2年4カ月ぶりのことでした。新潟のユニフォームを身につけ、スパイクを履いて、ビッグスワンのピッチに立った早川史哉選手。そこには早川史哉選手に向けた横断幕や旗などがあり、早川史哉選手の復帰を待ち望んでいたファンの姿があり、純粋にサッカーの楽しさが身に染みたといいます。
早川史哉選手は、「勲フレンズ」のスタメンとして出場し、40分ハーフまでプレーしました。まだまだ調子は本物ではなかったようですが、心からサッカーを楽しんでいたといいます。
早川史哉選手は、若い選手に混じって練習を開始しましたが、サッカーに復帰するにあたり、これまでにないジレンマを抱えたようです。とくにダッシュ系のトレーニングのときは開始15分ほど経つと早川史哉選手の表情は暗くなり、余裕がない様子が伺えたようです。早川史哉選手は、顔を上げて苦しそうな表情を浮かべてダッシュすると、ハーフライン付近で膝に手をつき、しばらくしてからゆっくりと戻ってくるという動作をしていましたが、いつの間にか周りとの差も大きく広がり、他の選手がダッシュしている最中にゆっくり戻ってくるという状態が続いたといいます。
高校生が給水しているときも、早川史哉選手はその場から動けずにその場に倒れこんだようです。しかし、フラフラになりながらも時間いっぱいまで懸命に走りきった早川史哉選手の姿は、高校生の目にたくましくうつったのではないでしょうか。
早川史哉選手の結婚について調べてみましたが、結婚しているという情報はありませんでした。年齢もまだ24歳ということで、結婚はまだ意識していなかったのかもしれませんね。
長く入院していた早川史哉選手ですが、入院中に彼女から励まされたとツイッターで語っています。早川史哉選手のお見舞いに来たのかな?と思いきや、それは、近くの病室に年下の女の子が入院していたということです。
早川史哉選手は病気になって辛い中、こうしたことから勇気をもらっていたのですね。自分が辛いときも他人のやさしさを素直に喜べる早川史哉選手はとても素敵な選手ではないでしょうか。その後、早川史哉選手は、「こういう人の優しさを素直に受け取ってパワーをもらいながら、自分も周りの人にパワーを与えられたらいいな」と語っています。早川史哉選手ならきっと、また夢が叶うのではないでしょうか。
nhkでは、早川史哉選手の闘病を1年半にわたり追っていたようです。その模様をnhk webニュースで公開しています。nhk webニュースによると、早川史哉選手は「身体を動かせるので毎日が楽しくてしょうがないですし、疲れたなと思って寝れる幸せも感じています」と語っています。辛い中でも大きな幸せを感じられる早川史哉選手はとても素敵な選手ですね。
また、nhk webニュースでは復帰に向けてトレーニングを開始している明るい表情の早川史哉選手をキャッチしています。また、nhk webニュースによると「リハビリをスタートできたことで、ようやく復帰という道が見えてくるところまできていると思います」と希望を見出した早川史哉選手。その姿は、たくさんの人に勇気や希望を与えてくれるのではないでしょうか。早川史哉選手の頑張りを応援したい方はぜひ、nhk webニュースをご覧になってください。
nhk webニュースはこちらです。
「絶対に帰ってくる。だから、また一緒にサッカーがしたい」と語るのは早川史哉選手が在籍していた筑波大の後輩たちです。2012年に筑波大に入学した早川史哉選手は、蹴球部に入部し、チームの主将として部員を引っ張ってきました。また、2016年には特別指定選手として一足早く新潟に選手登録されたこともあり、筑波大の後輩からは絶大な支持があるようです。
筑波大の後輩は、早川史哉選手と共に闘っています。筑波大では卒業生を中心に「筑波大学蹴球部 早川史哉応援基金口座」を設置し、現役選手たちは学内や試合会場で募金を呼びかけ、試合の時には、新潟から送られた早川史哉選手のユニフォームを持って集合写真を撮影しています。誰よりも早川史哉選手の復帰を待ち望んでいる筑波大の後輩たち。そんな後輩たちの気持ちも早川史哉選手の大きな力になっていることでしょう。
急性白血病という病と闘い、復帰に向けて練習に励んでいる早川史哉選手。その姿は、筑波大の後輩や現役サッカー選手をはじめ、サポーターの方々など、たくさんの人に希望や感動を与えているのではないでしょうか。早川史哉選手の今後を、これからも応援し続けたいですね。