miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category芸能人

バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!

お笑いだけではなく脚本家としても大活躍している人気お笑い芸人のバカリズムさん。少し変わった芸名ですが本名は何?高校時代や年齢についても気になります!今回は、バカリズムさんの本名や年齢などのプロフィールから、高校時代の話、ライブやネタ、歌についてもご紹介します。

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】年齢や出身などプロフィール

バカリズムさんは、1975年11月28日生まれの現在42歳。福岡県田川市出身です。タレント、ナレーター、MC、脚本家、作家などマルチに活躍中です。マセキ芸能社に所属しています。
身長は165cmと小柄です。42歳ですが小柄な体系や、見た目の可愛らしさもあり、年齢より若く見えますね。たまに身長をサバ読みしているのでは!?と噂が立ちますが、バカリズムさんは身長をサバ読みしそうなキャラクターでもないと思いますし、オードリーの若林さんと並んだところなどを見ると、165㎝くらいなのは間違いなさそうです。

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】バカリズムの本名は?

ピン芸人として活躍中のバカリズムさんですが、ピン芸人は芸名ではなく、本名で活動している人が多かった時代から「バカリズム」として活動されているので、変わった芸名だなーと思った人も多くいるのではないでしょうか?
実は本名は非公開なこともなく、普通に公表されています。バカリズムさんの本名は「升野 英知」で、読み方は「ますの ひでとも」です。「バカリズム」や「バカリ」と呼ばれることが多いですが、本名で呼ぶ芸能人も多くいますね。
オードリーの若林さんやタレントの菊地亜美さん、朝日奈央さんなどは「升野さん」、女優でモデルの菜々緒さんは「升野たん」など。バカリズムさんが様々な番組に出だした頃、オードリーの若林さんが番組内で「升野さん」と呼んだ時は、周りの芸人さん達から「本名!!」とツッコまれていたこともありました。
一人特殊な呼び方をしているのはタレントの出川哲朗さん。「まこっちゃん」と呼んでいて、本名は「ま」しか同じではありません。実はこれは、楳図かずおさんの書くキャラクター「まことちゃん」に似ているからだそうです。出川さんらしい理由ですね!

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】バカリズムはコンビ名?

バカリズムさんは実は元コンビを組んでいました。その名も「バカリズム」です。1995年から2005年まではコンビで活動していたんですね。元相方さんは松下敏宏(まつした としひろ)さんという方で、現在はすでに芸能界を引退しており、一般職に就かれているそうです。そのため、過去の映像はモザイク処理をされています。
「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!72時間不眠不休チャレンジ」や、「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」、「エンタの神様」、その他多数の番組に出演しており、今後さらに人気を獲得していくと思われていたコンビだっただけに、コンビ解散と松下さんの突然の芸能界引退は驚きでした。
松下さんの芸能界引退を機に「バカリズム」というコンビ名を升野さんは芸名として引き継がれました。なぜ、コンビ名を引き継いだかというと、「今まで積み重ねてきたものを0にするのはもったいない」という理由だったそうです。

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】高校時代はヤンキーだった!?

バカリズムさんは自身のラジオで高校時代に起こった事件について話されています。その内容が衝撃的でなんと「高校時代にレンガで頭を殴られた」というもの!大人しそうなバカリズムさんなのにケンカ!?と驚いてしまいますね。
友人と二人で年に一回のインフルエンザ予防接種を受けに行った際、友人が原因で他校生と大乱闘を起こしてしまい、結果、その相手とタイマン勝負をすることになってしまったそうです。トイレの中で勝負することになり、部活の野球でしごかれていたバカリズムさんは体力に自信があり、相手はヤンキーでしたが有利だったそうです。
しかし、途中で大人が来たので中断。人がいなくなったので再度トイレに入ろうとしたら、相手が先にトイレに入ったバカリズムさんを後ろからレンガで殴ったそうです!バカリズムさんは殴られて朦朧としていたら、「これで終わりにしてやる、男と男の約束だからな」と言って相手は帰っていったそう。
この話をラジオで話した際、「俺と友人は別にヤンキーとかそうゆうんじゃない」と発言していましたが、なかなかの血気盛んな学生時代を過ごされていたようですね。

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】ネタ「贈るほどでもない言葉」

テレビで引っ張りだこなバカリズムさんですが、ライブも精力的に開催しています!そんなライブで披露されていたネタを含む、おすすめのネタをご紹介します!
教師が卒業生に最後の出席をとると共に言葉を贈るネタです。「たとえ、どんな困難にぶち当たっても自分が行きたいと思った階のボタンを押せば必ず必ずその階に行ける!それがエレベーターだ!」など、別に贈るほどでもない言葉を、生徒一人一人に言っていくネタです。
バカリズムさんの演技がとても上手で、全然どうでもいい内容の無い言葉なのに、ものすごく深い言葉に聞こえてくる不思議さがとても面白いです。バカリズムさんの代表的なネタのうちの一つです!バカリズムライブ「科学の進歩」で披露されました!

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】ネタ「青い偏見」

偏見を持った使者「偏見仮面」が昭和のヒーローのような口調で、偏見で喧嘩をふっかけていくネタです。「この目で見たとは言わないがどうせやったに決まってる」というセリフの後、オリジナルテーマソングを歌い始めます。「B型は全員自己中心的フラーッシュ!」、「やたらフェスばっかり行く女は貞操観念がゆるいビーム!」など必殺技もあります!
ネタ自体も面白いですが、やたらと歌が上手いことも面白さがあります。かなりのどぎつい偏見も含まれており、ネタ内でも「テレビで出来ぬネタならば、ライブでやるのが当たり前!」というセリフがあるほどです。ただ、そのすごい偏見も面白さにもっていくのがバカリズムさんの凄いところです。バカリズムライブ「COLOR」で披露されました!

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】ネタ「トツギーノ」

バカリズムさんの代表的なネタのうちの1つである「トツギーノ」。フリップネタであり、イラストで一人の女性の行動や人生を表しながら、「〇〇し~いの、〇〇したり~の、トツギーノ」といった流れのネタです。最後は絶対嫁ぐという落ちなんですが、かなりシュールなネタです。
このシュール過ぎるネタは、「どこが面白いのか分からない」、「理解できない」など面白くないと感じる人も多いようですが、「イラストの表情がいい」、「バカリズムさんの口調があるから面白い」などハマる人も多くいます!

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】歌「「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する」

2015年から放送されているバカリズムさんMCの音楽番組「バズリズム」の企画で、様々なアーティストとコラボをするユニット「バカリズムと」を2017年に結成しました。2017年8月25日に第一弾として歌手の秦基博さんと「ハタリズム」として【いくらだと思う?」って聞かれると緊張する】を配信しました。作詞と歌を升野さん(バカリズム)、秦基博さんが作曲と編曲、コーラスを担当しました。
秦基博さんらしい優しい曲調に、バカリズムさんらしい独特のシュールな歌詞が、合っていないようでピッタリ合っているという一曲になっています。男性は「分かる」と共感できる歌詞になっているのではないでしょうか!この曲はバズリズムライブでも披露されています。

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】歌「白が人気(ミズノリズム)」

「バカリズムと」の第二弾として配信された【白が人気(ミズノリズム)】です。第一弾と同じく作詞と歌バカリズムさんが担当、そして作曲はいきものがかりの水野良樹さんが担当しました。
アップテンポなノリの良い曲調に、ただただ「世の中、白が人気、黒も人気、紺も人気、茶色は今日も在庫がある」ということを歌っている一曲となっています。歌っていると思わず笑ってしまいそうな楽しい曲です!こちらもバズリズムライブで披露されました。

【バカリズムの本名は?高校時代や年齢も!ネタや歌が話題!相方や出身についても!】まとめ

今回は、多彩な才能を持つバカリズムさんのプロフィールからネタや楽曲を動画と共にご紹介しました!意外な高校時代の話もありましたが、バカリズムさんの説明の話し方がとても上手で、衝撃的な内容でも楽しく聞けることができるのはさすがですね。今後の活躍も期待していきたいと思います!