Rjogny77aphjmx0qyrsd

女優

CATEGORY | 女優

弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン?結婚は?旦那は?子供は?

2018.07.31

数々の映画やテレビドラマに出演し美人女優として人気を集めていた弓恵子です。そんな弓恵子の現在の画像はある?弓恵子に兄弟はいる?時代劇にも多く出演していた弓恵子の現在の様子や画像、兄弟や家族関係、結婚した旦那についてまとめてみました!

  1. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 女優:弓恵子
  2. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 1955年にデビューした弓恵子
  3. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の出演作品①
  4. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の出演作品②
  5. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の出演作品③
  6. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の父親
  7. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の弟
  8. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の旦那は?
  9. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 弓恵子の画像
  10. 【弓恵子の現在の画像は?兄弟はいる?ウルトラマン・家族・写真・結婚・子供・旦那?】 まとめ

弓恵子プロフィール                

1936年10月22日生まれ、東京都世田谷区出身、血液型A型、プロダクション・タンクという芸能事務所に所属し女優としての活動を行っている弓恵子です。

名女優として活躍していた弓恵子                    

東京都世田谷区で生まれ育った弓恵子は、立教女学院高等学校に入学をしています。この立教女学院高等学校在学中であった1955年に芸名の弓恵子という名前ではなく、本名の「光丘ひろみ」という名前で映画"赤いカンナの花咲けば"に出演することが決定し、見事に女優としてのデビューを果たすことになりました。
1955年に公開された映画"赤いカンナの花咲けば"でデビューを果たした後は、1959年からはの潮万太郎と同じ映画会社である大映に所属し、現在の芸名である弓恵子という名前をつけてもらい本格的に弓恵子としての活動をスタートさせました。
1960年に"東海道ちゃっきり娘"という作品に出演したことがきっかけに一気に人気度があがり、その後もいろんな作品に出演し始めるようになった弓恵子は、父親と同じ会社の大映に所属していましたが1964年からはフリーへと転換し、各映画社の作品やテレビドラマにも出演するようになっています。
いろいろな役をこなし演技力のある美人女優として人気となっていた弓恵子は、当時TBSで放送されていたテレビドラマ"水戸黄門"の第一部に出演し、お蝶役を演じたことがきっかけでその後も数々の時代劇ドラマに出演、さまざまな悪女役を演じてきました。

映画;おトラさんのホームラン               

映画"おトラさんのホームラン"は1958年に公開された映画で、弓恵子が「光丘ひろみ」という芸名で活動していた時の最後の作品となっています。この映画が公開された後の次の作品からは現在と同じの芸名「弓恵子」としての活動をスタートさせています。
『おトラさん』シリーズ第2作。本作から原作は「有崎勉(柳家金語楼)」となり、漫画の原作である西川辰美は「原案」名義となる。 タイトルから見るとおトラさんが参加する野球が主題の作品のように思われるが、実際にはおトラの野球シーンは冒頭のみ。物語の主な内容は、おトラが泥棒を退治したり、貧乏な兄妹を励ますというものである。 助演には、当時売り出し中の落語家・初代林家三平が近所の夫役で出演し、「どうも、すいません!」というお馴染みのギャグを言っている。

テレビドラマ:ウルトラマン                  

1966年に放送されていたテレビドラマ"ウルトラマン"の第7話「バラージの青い石」に弓恵子は出演していました。テレビドラマ"ウルトラマン"第7話で弓恵子はチャータムという役を演じています。
怪獣や宇宙人によって起こされる災害や超常現象の解決に当たる科学特捜隊と、それに協力するM78星雲光の国の宇宙警備隊員であるウルトラマンの活躍劇である。 本放送時の平均視聴率は36.8%[2]、最高視聴率は42.8%(1967年3月26日放送の第37話。ビデオリサーチ調べ、関東地区)[3]を記録した人気番組だった。放送終了後もその人気が衰えることはなく、最初に行われた再放送でも平均視聴率が18%台を記録した。海外でも1970年代から100を超える国・地域で放映されてきた。

テレビドラマ:クロユリ団地〜序章〜

2013年に放送されていたテレビドラマ"クロユリ団地〜序章〜 "の第7・8話に飯田民代という人物役で登場している弓恵子です。この作品が弓恵子が出演している最後の作品となっているようです。

弓恵子の父親は俳優の潮万太郎            

弓恵子の父親として知られているのが俳優の潮万太郎です。
1909年2月4日生まれ、1923年に小笠原映画研究所製作第一作の無声映画である"三色すみれ Love in Idleness"で花房綾夫という芸名でデビューした潮万太郎は2000年頃まで俳優として活動を行い、数々の作品に出演し名脇役として人気を集めながら生涯で150本近くの映画に出演していたともいわれています。
潮万太郎は2000年の4月8日、91歳の時に脳内出血によりこの世を去ってしまいました。

弓恵子の弟も俳優として活動中          

弓恵子には柴田昌宏と柴田侊彦という2人の弟がいます。この弟2人も弓恵子と同じように俳優として活動を行っているそうですね!
1966年に放送されていたテレビドラマ"これが青春だ"では弓恵子が高校教師役として出演、弟の柴田昌宏が生徒役として出演し姉弟でのレギュラー共演を果たしています。

弓恵子と結婚したのは俳優の宮口二郎

弓恵子と結婚したのは宮口次郎という男性です。1940年3月30日生まれ、数々のテレビドラマに出演し人気を集めていた俳優の宮口次郎は、1995年に55歳という若さで帰らぬ人となってしまいました。

弓恵子に子供はいる?

弓恵子と宮口次郎との間に子供はいるのか調べてみましたが、2人の間には子供がいるといった情報はありませんでした。

弓恵子の現在の画像はある?

弓恵子の現在の画像を探してみましたが、なかなか現在の様子が映し出されている画像を見つけることができませんでした。若い頃の写真もあまり出回ってはいないようです。とても美人な女優で人気を集めていたので画像がないのは残念ですね。

時代劇での悪女役で活躍していた弓恵子                  

父親や弟も俳優として活動をしているという俳優一家に生まれ、1955年に公開された映画"赤いカンナの花咲けば"で女優としてのデビューを果たし、デビュー後はさまざまな映画やテレビドラマに出演しながら演技力の高い美人女優として人気を集めてきた弓恵子です。
2013年頃までは積極的にテレビドラマや映画に出演していた弓恵子ですが、年齢が80歳を越えたということもあり、現在はテレビではあまり見かけなくなりました。
これから弓恵子が映画やドラマといった作品に出演している姿を見ることは少なくなってくるとは思いますが、弓恵子の今までの女優としての活躍はいつまでも多くのファンの心に残ることでしょう。これからもいつまでも元気に活動してほしいですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/galaxy1030/status/922251327253573632