Yarj15vl21me9ykxxqgj

化粧品

CATEGORY | 化粧品

乳液の正しい使い方をおさらい!乳液の役割と正しい使用方法を解説します

2018.02.20

毎日のケアの必須アイテムである乳液。お肌の乾燥防止に、なくてはならないアイテムですよね。当たり前のように使っている乳液ですが、乳液の正しい使い方や役割、種類などをきちんと知っていますか?スキンケアの効率を上げるためにも、乳液の使い方について勉強してみましょう。

  1. 乳液の正しい使い方や効果、知ってる?
  2. 乳液は何種類あるの?
  3. 保湿乳液の役割と使い方は?順番は化粧水の前?後?
  4. 先行乳液の役割と使い方は?順番は化粧水の前?後?
  5. 【乳液の効果を引き出す使い方①】化粧水はよくなじませてから
  6. 【乳液の効果を引き出す使い方②】使用量に気をつけて
  7. 【乳液の効果を引き出す使い方③】温めて使うと効果アップ
  8. 【乳液の効果を引き出す使い方④】顔の中心から外側に向かって塗り広げる
  9. 【乳液の効果を引き出す使い方⑤】最後はしっかりお肌となじませて
  10. 乳液の使い方をマスターしてうる肌を目指そう
  11. この記事を見た人は以下もチェックしています
スキンケアアイテムの代表といえば、化粧水や乳液ですよね。スキンケアに気を使う女性なら、誰もが1本は持っているというほど乳液はメジャーなアイテムです。
ほとんどの女性が当たり前のように使っている乳液ですが、乳液の役割や種類、使い方などを正しく知っていますか?乳液の効果を最大限に引き出すためには、乳液の役割や使い方などを正しく理解しておく必要があるんですよ。
今よりワンランク上のうるおい肌を目指したいあなた。乳液の役割や使用法についてもう一度勉強し直してみませんか?
意外と知らない人が多いのですが、乳液にも種類があるって知っていますか?乳液には、水分と油分が含まれているということはどの種類でも変わりはないのですが、実は乳液には、大きく分けて2つの種類があるんです。
その2種類とは、保湿乳液と先行乳液です。ほとんどの人が乳液と聞いて思い浮かべるのは、保湿乳液という種類の乳液になります。ちなみに、保湿乳液はさらに3種類に分けられるんですよ。その3種類とは、保湿乳液、UV乳液、ティント乳液です。
意外とたくさんの種類がありますよね。乳液の種類によって、効果や使い方、順番などが違ってくるんですよ。それでは、それぞれの種類の役割や使い方をご紹介しますね。
一般的に、乳液といえば保湿乳液のことを指します。保湿乳液は、洗顔→化粧水→保湿乳液→クリームという順番で使います。つまり、保湿乳液とは化粧水の後に使う乳液のことです。
保湿乳液の役割は、化粧水でお肌に補った水分が蒸発しないようにフタをする役割です。お肌の中にうるおいを閉じ込めてくれる効果があるのですね。化粧水をつけただけでは、時間とともにお肌のなかの水分は蒸発していってしまいますが、保湿乳液をつけることでそれを防ぐことができます。
保湿乳液はさらに、保湿乳液・UV乳液、ティント乳液の3つに分けられます。保湿乳液は、お肌からうるおいが逃げないようにフタをする役割ですが、UV乳液はその名のとおり、保湿乳液の役割にさらに紫外線対策効果がある乳液になります。外出前の乳液におすすめです。
ティント乳液は、保湿乳液の効果にプラスして化粧下地の役割がある乳液になります。色がついているものもあるんですよ。また、ティント乳液にはUV効果のあるものもあります。乳液のあとに下地なしでメイクを始めることができるのが嬉しいポイントですよね。
先行乳液は、保湿乳液とは順番から異なります。先行乳液の順番は、洗顔→先行乳液→化粧水→クリームという順番になります。つまり、先行乳液は洗顔のすぐあと、化粧水の前という順番で使う乳液なのです。乳液は化粧水の後に使うもの、というイメージが強いので、先行乳液のことを知らない人は驚いてしまいますよね。
先行乳液の役割は、化粧水の前に使うことでお肌をやわらかくしてくれる役割です。お肌がやわらかくなることで、あとから行なう化粧水がよりお肌に浸透しやすくなるんですよ。つまり、先行乳液はブースターの役割があるのですね。
また、先行乳液を使うことでお肌のバランスが整う効果もあります。先行乳液によって、お肌の水分と油分のバランスが整うのです。そのため、先行乳液を使い続けることによってニキビなどの肌トラブルが起きにくくなるんですよ。
これは、保湿乳液を使う場合のポイントとなります。保湿乳液は化粧水が終わってから使いますよね。そのとき、お肌の化粧水がきちんとなじんでいない状態で乳液を上から重ねていませんか?
お肌の化粧水がしっかりとなじんでいないのに、乳液を重ねてしまうと、化粧水の保湿効果が薄れるだけでなく、乳液の効果も薄れてしまうんですよ。
保湿乳液の、お肌にフタをしてうるおいを逃さないようにするという効果を最大限に引き出したいのであれば、化粧水をつけたあと、よくなじませてから乳液へとうつりましょう。スキンケアは時間をかけてあげることも大切です。
使用量については、先行乳液にも保湿乳液にも言えることです。使用量をたくさんにすればするほど効果がアップする気がして、乳液の使用量を増やしていませんか?これ、NGな使い方なんです。
乳液は、油分を含んでいるので、使用量が多すぎると皮脂の量も増えてしまい、ニキビなどの肌トラブルにつながりかねないんですよ。乳液の使用量を増やしても、効果は上がらないどころか逆効果になることもあるのです。
乳液の効果を最大限に発揮させたいなら、お使いの乳液に記載されている使用量の目安を守りましょう。そして、記載の使用量で乾燥を感じた場合にだけ使用量を増やすようにしてください。
先行乳液でも保湿乳液でも、この方法は効果があります。温めるというとめんどうな感じがしますが、やり方は簡単です。
乳液を塗る際に、手に乳液をとりますよね。その手に乗せた乳液を、両手で挟んで体温で暖かくなるまで待つだけです。自分の手の体温ですぐに乳液が温まりますので、手間もかかりませんよ。
乳液には油分が含まれているので、温めることでお肌に浸透しやすくなるんです。お肌に浸透しやすくなれば、乳液の効果を存分に発揮させることができますよね。
先行乳液と保湿乳液の双方に言えることですが、乳液を塗るときは顔の中心から外側に向けて塗るようにしましょう。顔の中心から外側に向かって塗ることで、シワ防止などの効果があります。
また、乳液を塗るときは手に力をを入れないこともポイント。擦り込むように塗るのではなく、なでるような優しいタッチで塗ってください。力が入りすぎてしまうと、お肌のトラブルの原因になったり、シワなどができやすくなってしまいます。
ちなみに、人差し指や中指だと力が入りやすいので、塗るときは薬指をメインに使って塗るのがおすすめですよ。薬指で塗ると、力が入りづらいので優しいタッチで塗ることができます。
先行乳液でも保湿乳液でも、塗り終わったあとはしっかりとお肌になじませてあげることが大切です。しっかりとお肌になじませないまま次のステップにうつってしまうと、せっかくの乳液の効果が発揮できないんですよ。
乳液を塗り終わったあとには、両方の手のひら全体で顔を包み込むようにハンドプレスして、乳液とお肌を密着させましょう。また、ハンドプレスすることによって、手の体温でより乳液がお肌と馴染みやすくなる効果もあります。
この記事では、乳液の種類や役割、使い方など、乳液についてさまざまなことを解説しました。今までのあなたの乳液の使い方や知識は合っていましたか?
乳液に種類があるということや、乳液の効果を引き出す使い方など、知らないことがあった人も多いのではないでしょうか。
「はじめて知った!」ということがあった人は、ぜひこの記事で得た知識を、日頃のスキンケアに活かしてみてくださいね。乳液を正しく使って、ぷるぷるのうる肌を目指しましょう。