P4ivek0ayg6gqklcjnzu

メイク

CATEGORY | メイク

乳液と化粧水ってどう違うの?意外と知らない正しい使い方をご紹介します♡

2018.02.20

乳液と化粧水の違いって知っていますか?また、化粧水と乳液の正しい順番は知っていますか?あなたが今まで当たり前だと思っていたことが、ほんとは違った!なんてことがあるかもしれませんよ。この記事では、意外と知らない化粧水と乳液の正しい使い方を解説します。

  1. 化粧水と乳液の正しい役割や順番、知ってる?
  2. 【基本をおさらい】化粧水や乳液はなぜ大切なの?
  3. 化粧水の役割は?
  4. 【乳液には種類があった!種類別乳液の役割①】保湿乳液
  5. 【乳液には種類があった!種類別乳液の役割②】先行乳液
  6. 保湿乳液と先行乳液の違いを教えて!順番は化粧水の前?後?
  7. 【化粧水と乳液の塗り方のポイント①】温めながら塗る
  8. 【化粧水と乳液の塗り方のポイント②】規定量を守る
  9. 【化粧水と乳液の塗り方のポイント③】しっかりなじませる
  10. 化粧水と乳液を正しく使って乾燥しらずの美肌になろう!
化粧水や乳液の役割や違いを知っていますか?意外と知らない人も多いですが、乳液の種類によって、役割や順番に違いがあるんですよ。
毎日おこなうスキンケアの基本である化粧水と乳液。何事も基本がきちんとできていれば応用もききますから、スキンケアも基本をしっかりと抑えればお肌が変わってくること間違いなしてす。
この記事では、化粧水と乳液の役割や違い、順番に加え、塗り方のポイントなども解説します。この記事を読めば、あなたも憧れの美肌へ一歩前進できるかもしれませんよ。
毎日の化粧水や乳液がなぜ大切なのかというと、お肌にとって乾燥がいちばんの大敵だからです。お肌が乾燥することによって、さまざまな肌トラブルの原因となってしまうんですよ。そのため、化粧水や乳液によって、お肌に潤いをあたえてあげることが大切なのです。
お肌が乾燥してしまうと、さまざまなお肌トラブルを引き起こします。お肌のバリア機能が低下することによって、ニキビや肌荒れ、かゆみなどにつながってしまったり、お肌の潤いや弾力が減ることによってシワが増えてしまうこともあるんですよ。
さらに、乾燥肌を放っておくと負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。乾燥肌によってバリア機能が低下し、刺激に敏感な敏感肌になってしまう→すこしの刺激でお肌が炎症を起こし、お肌のバリア機能がさらに低下する、という状況をくりかえしてしまうのです。
毎日化粧水や乳液を正しい塗り方で塗ってあげることで、お肌の乾燥を防ぎ、お肌のトラブルが少ない健やかな美肌を保つことができるんですよ。
ほとんどの人が普段から化粧水を使っていると思いますが、化粧水にはどんな役割があるのでしょうか。
化粧水の役割は大きく分けて3つあります。まず1つ目は、洗顔をすることによってお肌から失われてしまった水分を補給する、保湿の役割があります。これは知っている人も多いですよね。
2つ目に、お肌を整えて、水分とともに美容成分をお肌に浸透させる役割があります。美白効果やエイジングケアなど、化粧水によって含まれる美容成分は違いますが、その効果が出やすいようにしてくれるのですね。
3つ目は、お肌に潤いをあたえることによって、乳液や美容液などの成分を浸透しやすくしてくれる役割です。化粧水のおよそ90%は水でできていますが、こんなにたくさんの役割を果たしているのですね。
化粧水はほとんどが水でできていますが、保湿乳液は水分と油分が混ざったものです。保湿乳液には、化粧水で補った水分がお肌から逃げないようにフタをする役割があります。
保湿乳液は、さらに保湿乳液、UV乳液、ティント乳液の3種類に分けられます。まず、保湿乳液はさきほど説明したとおり、潤いを逃さないフタとしての役割をするものです。
UV乳液は、基本の保湿乳液の機能に美白効果が加わったものです。紫外線を防ぐ役割があるので、外出前の使用がおすすめです。
ティント乳液は、基本の保湿乳液の機能に加えて、化粧下地の役割を果たしてくれる乳液です。商品によっては紫外線対策までできるものもあるんですよ。メイク前の使用がおすすめです。
先行乳液も、水分と油分を含んでいます。先行乳液は、お肌に水分や油分などを補給することで、お肌をやわらかくしてくれる効果があります。お肌がやわらかくなると、水分が浸透しやすくなりますから、先行乳液はブースターの役割をもっているのですね。
また、先行乳液にはお肌を整えてくれる役割もあります。先行乳液は、お肌に水分と油分、保湿成分を補うことで、お肌のバランスを整えてくれるのです。
お肌のバランスが整うことによって、化粧水などの保湿成分がより浸透しやすくなるのでお肌の状態が良くなるのです。先行乳液は、特に乾燥肌の人におすすめです。
保湿乳液と先行乳液の違いは、まず使う順番にあります。保湿乳液は、洗顔→化粧水→保湿乳液→クリームという順番で使いますが、先行乳液の場合は、洗顔→先行乳液→化粧水→クリームという順番になります。
つまり、先行乳液は化粧水の前に使う乳液で、保湿乳液は化粧水の後から使う乳液なんですね。
保湿乳液と先行乳液の順番が違うのは、それぞれの役割に違いがあるからです。さきほど説明したとおり、保湿乳液は化粧水で補った水分を逃さないようにフタをする役割なのに対し、先行乳液は化粧水をより浸透しやすくするブースターの役割があるのです。
つまり、先行乳液と保湿乳液は油分が含まれていることは同じですが、使うタイミングや役割に違いがあるということです。
化粧水や乳液を塗るときは、手の体温で温めるようにして塗る塗り方をするのがおすすめです。化粧水や乳液を体温で温めることによって、伸びが良くなったり浸透しやすくなったりする効果があるんですよ
また、化粧水や乳液を塗り終わった後に、手で顔を優しく押すようにハンドプレスするのもおすすめ。ハンドプレスをすることで、化粧水や乳液がしっかり浸透してくれます。このとき、強く押したり叩いたりしないようにしてくださいね。押すというよりは軽く押さえるイメージです。
ちなみに、化粧水や乳液の前に、ホットタオルなどで顔を温めておくのもおすすめです。温めることによって顔の毛穴が開いて、化粧水や乳液の成分が浸透しやすくなるんですよ。
化粧水や乳液は、規定量を守るような塗り方をすることも大切です。その化粧水や乳液によって規定量は違いますが、パッケージに記載されていますのでそれに従いましょう。
規定量に沿って試してみて、それでも乾燥を感じるという場合は少し量を増やしたりして調節しても構いませんが、つけすぎるとお肌のトラブルの原因になることもありますから注意しましょう。
反対に、化粧水や乳液の量が少なすぎると、本来の効果が発揮できません。化粧水や乳液を使う前には、規定量を確認してくださいね。
化粧水や乳液を効果的におこなうには、ワンステップ終えるたびにしっかりと時間をかけてなじませるような塗り方をすることも大切です。
たとえば、先行乳液がしっかりとお肌になじんでいないのに次のステップである化粧水にいってしまうと、先行乳液のブースターとしての役割が十分に果たせないままになってしまうんですよ。
それぞれに持っている効果を最大限に発揮させるために、ワンステップずつしっかりとお肌となじませましょう。お肌のケアは、急がずしっかりと時間をかけてあげることが大切です。
この記事では、乳液の種類や化粧水と乳液の順番・使い方などを解説しました。意外と知らない新事実もあったのではないでしょうか。
毎日のスキンケアがお肌をつくるといっても過言ではありません。正しいケアの方法を知ることが美肌への大きな第一歩となりますから、この記事を日々のスキンケアに役立ててみてくださいね。