miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryメイク

あなたの下地の塗り方、あってる?メイク崩れ知らずの下地の塗り方を徹底解説!

ベースメイクに欠かせない下地。下地の塗り方や選び方によって、メイク崩れの仕方やメイクの仕上がりを左右する、重要なものなんです。下地の塗り方が間違っていると、すぐにメイク崩れしてしまったりするんですよ。あなたの下地の塗り方、合ってますか?

下地の塗り方、見直してみない?

ベースメイクに欠かせない下地。あなたは下地の正しい塗り方を知っていますか?何となく下地を塗った方がいいということだけ知っていて、塗り方は適当なんて人も多いのではないでしょうか。
また、下地はたくさんの種類が販売されていますから、自分に合った下地がどれなのか分からない、という悩みもよく聞きます。
この記事では、ベースメイクの基本や下地の役割、下地の塗り方や選び方のポイントまでレクチャーします。今まで下地をないがしろにしてきたあなた!この記事を読めばもっとキレイになる秘訣が分かってしまいますよ。

【基本をおさらい】ベースメイクの順番を確認しよう

まずは基本をおさらいすることから始めましょう。ベースメイクの仕上がりをキレイにしたり、メイク崩れしにくくするためには基本に忠実にメイクすることが大切です。
ベースメイクの順番は、下地→コントロールカラー(使う人のみ)→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダーです。ツヤ肌を目指したい人は、フェイスパウダーを省略しても構いませんよ。
ちなみに、BBクリームやCCクリームは、下地からファンデーションまでの効果があるので、そのあとにコンシーラーとフェイスパウダーで仕上げればOKです。また、BBクリームやCCクリームを下地がわりにだけ利用することもできますよ。

下地ってなに?何のために塗るの?

ベースメイクのいちばん最初のステップ、下地。下地にはどんな役割があるのでしょうか。
下地の役割は本当にたくさんあります。下地のあとで塗るファンデーションのノリを良くしてくれたり、毛穴やシミ、くすみなどをカバーして顔色を明るく見せてくれたり、皮脂のコントロールをしてテカリや化粧崩れを防いでくれたり、紫外線や乾燥などの刺激からお肌を守ってくれたり、といった効果です。
また、下地をつけてからファンデーションを塗ることで、ファンデーションがお肌にあたえる刺激も和らげてくれるんですよ。
つまり、下地によってベースメイクの仕上がりに差が出たり、メイク崩れのしやすさが変わったりするんですね。ベースメイクの仕上がりはは下地で決まるといっても過言ではないほど、下地は重要な役割を担っているのです。

【下地の塗り方ポイント①】スキンケアをしっかりとしてから

下地を塗る前に、化粧水や乳液などでスキンケアをしっかりと行ってお肌の水分補給をしてください。
そして、スキンケアの直後に下地をつけてしまわないことがポイントです。スキンケアのあと急いでメイクを始めたくても、下地をつけるのはぐっと我慢してくださいね。
化粧水や乳液などがお肌にしっかり馴染む前に下地を塗り始めてしまうと、下地がムラになってしまい、仕上がりが汚くなったり、メイク崩れの原因になりますのでご注意を!

【下地の塗り方ポイント②】たくさん塗りすぎない

下地は、お肌にいきなり出したりせず、まず最初は使う量の下地を手の甲や手のひらなどに出しましょう。こうすることによって、顔に使う下地の全量を把握できますから、下地の塗りすぎを防ぐことができます。
下地は、塗れば塗るほど効果が高くなるようなものではありません。下地をたくさん塗りすぎてしまうと、メイク全体がキレイに仕上がりませんし、塗りすぎることでメイク崩れの原因にもなってしまいます。
その下地によって適切な量は違いますので、お使いの下地に記載されている適正量を守って使いましょう。「下地ってこれだけでいいの!?」と驚かれる人もいるかもしれませんが、下地は少ない量でしっかりと伸びてくれるので大丈夫なんですよ。

【下地の塗り方ポイント③】塗るときは優しくなでるように

それでは下地を塗っていきましょう。顔全体にムラなく均等に塗ることができるように、手の甲などにとった下地を5箇所に分配します。両頬と顎、おでこ、鼻に下地を点々と乗せます。
そして、下地を乗せた5箇所から、顔の外側に向かって下地を指を使って伸ばしていきます。このとき、力が入ってしまうとお肌の負担となり、シワなどの原因となることもありますので注意してください。人差し指や中指だと力が入りやすいので、薬指で塗るのがおすすめです。なでるような感覚で塗り広げましょう。
ちなみにこのとき、手や指の温度が高い方が、下地が温まって伸びが良くなります。よく動く目元や口元などは、薄く塗るように心がけてくださいね。また、首や生え際との境目はよくなじませましょう。

【下地の塗り方ポイント④】仕上げはスポンジを使って丁寧に

顔全体にまんべんなく下地を広げおわったら、最後にスポンジを使って仕上げをします。スポンジで顔をトントンとしていくだけなので簡単ですよ。優しくおこないましょう。
スポンジで仕上げをすることで、余分な皮脂がスポンジに吸着するので、メイク崩れしにくい仕上がりになります。ほかにも、スポンジで仕上げをすることで、下地とお肌の密着度が高まったり、ムラのない均一な仕上がりにすることができます。
下地の次のステップはコントロールカラーかファンデーションですが、どちらを塗るにしても下地が乾いてから塗るようにしましょう。

メイクの仕上がりを左右する!下地の選び方は?

下地は、自分の肌質やお肌の悩みに合わせて選ぶのですが、選ぶポイントは3つです。その3つとは、色・機能・パールの有無です。
まず色について。下地の色は、ベージュ・ピンク・無色や白色の3つのグループに分かれます。色の選び方ですが、ベージュはシミやニキビ跡、クマ、顔の赤みなどが気になる人におすすめです。ピンクは顔色をよく見せたい人向け。無色や白色は、特に当てはまる悩みがない人が使うといいでしょう。
次に機能ですが、テカリ防止機能か保湿機能かを選びます。テカリ防止機能はオイリー肌の人向け、保湿機能は乾燥肌の人向けとなっています。汗をかきやすい夏はテカリ防止機能、乾燥しやすい冬は保湿機能というように、季節で使い分けても良いですね。
最後はパールの有無を選びます。ツヤ感が欲しいという人やのっぺり顔がきになる人はパール有りを、特にツヤはいらないという人やマットな質感が好きという人はパール無しを選ぶと良いでしょう。

メイク崩れなし!おすすめ下地をご紹介

ポール&ジョー/モイスチュアライジングファンデーションプライマー

ポール&ジョーの下地は、特に乾燥肌の女性から絶大な人気を誇る下地です。かわいいパッケージも嬉しいポイントですが、その機能もすばらしいんですよ。
乾燥肌でもカサつくことがなく、かといってベタベタするわけでもなく、付け心地は軽やかです。それでいて化粧崩れもしにくいので本当に優秀な下地ですよね。
価格は30mlで3,500円。プチプラとは呼べないお値段ではありますが、この下地はとても伸びがいいので、1回で使う量がワンプッシュ以下で済んでしまうのです。そのため、買い換える頻度もそう高くはないので、この価格でも出費に感じませんよ。

プリマヴィスタ/皮脂崩れ防止化粧下地

プリマヴィスタの下地は、特にオイリー肌の人から人気が高い下地です。なんといってもこの下地の売りはテカリを抑えてくれる機能です。
普段なら皮脂で化粧が崩れてテカテカになるところが、この下地を使うとサラサラのまま維持できるんだとか。夏場は顔全体に使って、冬場はテカリやすいTゾーンのみに使っている、という人もいるようです。
価格は、25mlで2,800円。Tゾーン専用下地として使うなら、減りも少ないですからコスパ良く使えそうですね。皮脂崩れで悩んでいる人にはぜひおすすめしたい下地です。

下地の塗り方をマスターして脱!メイク崩れ

この記事では、下地の正しい塗り方や、自分に合った下地の選び方を詳しく解説しました。あなたの下地の使い方、合っていましたか?少し違ったな、という場合はこの記事を参考にしてメイクするようにしてみてくださいね。
下地の塗り方をマスターすれば、あなたのメイクの格はぐんとアップするはず。メイク崩れ知らずのメイクで、いつでもいちばんキレイな自分を目指しましょう!