サ活Journey
記事のサムネイル

Category女優

三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?

舞台を中心に活躍されている三田和代さん。演技面だけでなく、岸田森さんとの結婚疑惑で騒がれていましたが、現在は何をされているのでしょうか?今回は、三田和代さんの出演作品や今現在、そして岸田森さんと結婚されていたのかどうか調べてみました。

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】プロフィール

三田和代(みた かずよ)さんは、1942年11月20日生まれ、大阪府出身の女優です。関西学院大学文学部を中退された後、演劇の道に進まれています。

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】経歴

関西学院文学部を中退後、俳優座育成所に第15期生として入所。同期には、前田吟(まえだ ぎん)さん、原田芳雄(はらだ よしお)さん、地井武男(ちい たけお)さんがいらっしゃるそうです。1966年に日生劇場「アンドロマック」で舞台デビュー。1967年「ぜったい多数」でドラマデビュー。その後、劇団四季に入団し、「なよたけ」、「オンディーヌ」、「汚れた手」、「カッコーの巣をこえて」、「エレファント・マン」に出演し、1984年に劇団四季を退団。
今もなお、舞台を中心に活動されている実力派女優です。2016年6月24日には、自身初のバラエティ番組となる「爆報THEフライデー」に出演されました。

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】岸田森さんと結婚?

三田和代さんは、1977年公開の映画「歌麿 夢と知りせば」で夫婦役を演じた岸田森(きしだ しん)さんと、実生活でも恋人同士だったそうです。お二人は結婚されていませんが、事実婚状態だったそうです。1982年に岸田森さんが亡くなられた際は、三田和代さんが喪主を務められました。岸田森さんとの事実婚については、2016年にゲスト出演された「爆報THEフライデー」で語られています。

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】弟は誰?

三田和代さんの弟さんは、小説家・大学教授の三田誠広(みた まさひろ)さんです。「僕って何」では芥川賞を受賞されています。「いちご同盟」、「恋する家族」、「わたしの十牛図」、「僕の赤ちゃんたち」など、数多くの小説作品を発表されています。
1988年から早稲田大学で教鞭をとり、早稲田大学文学部客員教授を務められていました。2011年からは武蔵野大学の教授を務められています。

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】所属事務所は?

三田和代さんが現在所属されているのは、矢島聡子事務所でした。"知的で品格ある役者"をマネジメントしている事務所です。雅楽師の東儀秀樹(とうぎ ひでき)さんやバレエダンサーだった熊川哲也(くまかわ てつや)さんなど、バラエティーに富んだ人材をマネジメントされているようです。

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】出演作品「おはようさん」

ドラマ「おはようさん」は、1975年10月6日から1976年4月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説第16作目。NHK大阪放送局制作としては第2作目となる作品です。原作は田辺聖子さんの小説「甘い関係」。平均視聴率は39.6%、最高視聴率は44.0%でした。三田和代さんは秋野暢子さん演じる主人公とともに共同生活を始めた松尾美紀役。
このドラマは1本15分をカメラを止めずに撮影する方法が撮られていたそうです。そのため俳優の動きだけでなく、効果音や同時録音していた音楽など、何かにミスが起こると最初から全部撮影し直す必要があったそうです。

■番組詳細 大阪の街を舞台に、ワリカンで共同生活を始めた鮎子、彩子、美紀の3人娘が、恋や友情、仕事を通じて次第に新しい連帯感を得る姿を明るくユーモラスに描く、青春讃歌。この作品から、「朝ドラ」を半年ごとにNHK大阪放送局が制作するようになり、西日本に舞台を求めるようになった。大阪出身の秋野暢子がヒロインに起用された。

https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010196_00000

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】出演作品「古畑任三郎 すべて閣下の仕業」

引用:https://i.pinimg.com/564x/d5/74/b2/d574b292d4073f7486a5b51effecc6ca.jpg
「古畑任三郎 すべて閣下の仕業」は、2004年1月3日に新春ドラマスペシャルとして放送されました。三田和代さんは、松本幸四郎(まつもと こうしろう)さん演じる中南米某国の日本特命全権大使の妻、黛竹千代夫人を演じました。親も日本大使であり、外交一家の娘という役どころでした。
引用:https://i.pinimg.com/564x/f0/d3/30/f0d330e93ccc004ec6f98e9dca7819c2.jpg

事件が起こるのは中南米某国の日本大使館。  古畑はパスポートを紛失したことをきっかけに、またもや旅先で殺人事件に遭遇してしまう。  そこに赴任している信頼の厚い特命全権大使の犯罪とは…? そのトリックとは…?  古畑はさらなる強敵、難事件にどのように取り組んでいくのか…。  果たして事件を解明することが出来るのか?

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/furuhata2004/

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】出演作品「少年時代」

映画「少年時代」は1990年に公開された映画。藤子不二雄Ⓐさんの漫画が原作です。映画の主題歌である井上陽水(いのうえ ようすい)さんの「少年時代」は大ヒットしました。この楽曲は、原作者である藤子不二雄Ⓐさんが友人である井上陽水さんに依頼されたそうです。日本アカデミー賞など、様々な映画賞を30部門以上受賞し、非常に評価された作品でもありました。三田和代さんは主人公の叔母である風間しげ役を演じました。

太平洋戦争末期、主人公の風間進一は東京から富山へ疎開する。そこで進一はタケシという少年と親友になるが、級長であり同級生の少年達の中の権力者であるタケシは、何故か学校内では進一を冷たくあしらう。やがてタケシと級友達との権力争いが始まり、進一は否応なくその争いに巻き込まれて行く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%99%82%E4%BB%A3

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】蜷川舞台に出演

引用:https://i.pinimg.com/564x/93/fe/ba/93febad814912c32afd20d6a159ee8f8.jpg
数々の舞台作品に出演されている三田和代さんは、蜷川幸雄(にながわ ゆきお)さんの舞台にもいくつか出演されています。その中から「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」をご紹介します。
引用:https://i.pinimg.com/564x/f2/51/ec/f251ecf648e6ef9ca97881151b246986.jpg
「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」は、2009年にシアターコクーンで上演された舞台です。8年ぶりに清水邦夫さん作、蜷川幸雄さん演出でタッグを組み、上演された作品でした。劇中でシェイクスピア「ロミオとジュリエット」が演じられてる点が特徴の舞台でした。

深夜のデパートで「ロミオとジュリエット」劇の稽古をする人々 ― 吹雪景子と「バラ戦士の会」のメンバーらである。 太平洋戦争の直前、日本海沿岸の地方都市にあるこのデパートに少女歌劇団が結成され、ヒロイン・吹雪景子と男役・弥生俊が人気を集めていた。しかし、空襲のため団員の半数は死亡、あとの半数もバラバラになってしまった。弥生俊は亡くなり、景子は頭に負った傷のせいで、その後の人生を「夢のなかに」生き続けることになった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E3%81%AE%E5%A4%8F%E3%80%81%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8C%E9%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F

【三田和代の現在!岸田森と結婚?爆報フライデーで明かす!舞台や事務所は?弟?画像あり】まとめ

三田和代さんについてご紹介してきましたが、いかがでしたか? これまで数々の作品に出演されてきた三田和代さん。事実婚だった岸田森さんの助言もあり、昔から舞台を中心に実力派として活躍されてきたようです。現在も舞台に出演されているようなので、ぜひ観に行ってみてくださいね!これからも三田和代さんの活躍に期待しましょう!