Waj2xz94hlqhoyipgzg3

ライフスタイル

CATEGORY | ライフスタイル

diy作業台のおすすめは?自作でも簡単にできる!費用はどのくらい?

2018.06.23

diy作業台、憧れますよね。自作できるのでしょうか。おすすめの使い方も気になりますよね。簡単に作れるのでしょうか。費用も知りたいと思う人が多いでしょう。折りたたみだと便利ですよね。diy作業台のおすすめや自作方法などを調べました。

  1. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】使い方は?
  2. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】自作は可能?
  3. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】自作は簡単?
  4. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】図面は必要?
  5. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】折りたたみできる方が良い?
  6. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】高さは?
  7. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】キッチン用の作業台?
  8. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】市販作業台の費用は?
  9. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】自作作業台の費用は?
  10. 【diy作業台のおすすめは?自作できる?】作業台選びのポイント
DIY関係のショップやホームセンターに行くと、DIY用の工具や材料だけではなく、DIY作業をするための作業台が売られている事があります。使い方が気になっている人も多いようですね。作業台の使い方に決まりはあるのでしょうか。作業台の使い方について調べました。
作業台の使い方ですが、実は作業台にも種類があり、使い方はそれぞれあります。ただどの作業台も使い方は難しいものではなく、作業台を使いこなせればDIYの効率はかなり上がるでしょう。
DIY作業台の使い方としては、サイズの大きい作業台なら図面を広げたり一枚板の扱いに便利です。中にはくぼみがあったりメモリのついた作業台もあります。こういった作業台の使い方としては、くぼみを利用して板を固定しカットしたり、メモリを利用して正確な加工ができるようになるなど、便利に使えます。
DIY作業台は憧れますが、値段は結構高いです。せっかく趣味でDIYをしているなら、作業台も自作できないかと考える人は多いですよね。DIY作業台の自作は可能なのでしょうか。作業台の自作について考えました。
K0k6o0i5yyltl1l7dsy7
引用: https://www.instagram.com/p/BjQeN8TBm-V/?tagged=diy%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%8F%B0
DIY作業台と一言で言っても、用途は様々です。高機能な作業台の自作は難しいですが、単純に作業をするだけのテーブルと考えれば自作は可能です。DIYを趣味としている人の中には、自作の作業台を使ってDIY作業をしている人も多くいます。
自作作業台のメリットは、サイズなど自由に決められるところですよね。住宅事情はそれぞれですから、自分が作業できるスペースに合わせた作業台を作れるのは、自作の最大のメリットでしょう。
DIY作業台は、高機能のものでなければテーブルと変わりありません。テーブル自体が比較的簡単に作れますから、作業台の自作も簡単にできます。ただDIY初心者にとってはそこまで簡単ではないかもしれません。
Jo1lyyyas6hnn50neuaz
引用: https://www.instagram.com/p/BfA2682Bmnm/?tagged=diy%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%8F%B0
DIY初心者でまだ何も作った事がないなら、いきなり作業台の作成は簡単ではないので、まずは棚などの簡単なものから始めて、DIYに慣れていく事から始めた方がいいと思います。そもそもDIY初心者では、どれだけのスペースでどんな作業台が理想なのかもまだつかめませんよね。
まずは簡単なDIYで作業自体に慣れる事から始め、徐々に自分の理想の作業台を考えていくのがいいと思います。慣れてくれば作業台は簡単に作成できます。自作の作業台で行うDIYはまた格別の楽しさがありますよ。
DIYに限らず、何かを作成するときには図面があります。DIYもどんな風に作るのかイメージするために図面をまず作る人もいます。作業台を作る際も、図面はあった方が良いでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DgSWnwMUEAELRVv.jpg
しかし全ての人が図面をまず作成してからDIYに取り掛かるわけではありません。DIYに慣れている人は図面がなくても材料をそろえてすぐにDIYに取り掛かる人がいます。その人の経験と技術によってまちまち、といったところでしょうか。
ただ材料を買う際に間違いがないように、図面とまではいかなくても必要な材料のリストアップはしておいた方がいいと思います。図面はなしでリストだけで作業している人もいます。ただ慣れないうちは簡単でもいいので図面に起こして、完成をイメージしてから取り掛かった方がいいです。
DIYの作業机は折りたたみできる方が良いのでしょうか。折りたたみできる作業台は便利ですよね。必要な時だけ取り出せばいいので、普段の生活スペースを圧迫しません。DIY作業台はどうでしょうか。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Df-HX1cW4AAuxEB.jpg
DIY作業台ですが、DIYは1日で完結するわけではありません。折りたたみの場合、作業が終わったら片づけて折りたたみ収納しますが、できればやりかけの作業分はそのままにしておきたい場合もあるでしょう。
DIY専用のスペースがあり、作業机を出しっぱなしにできるのなら、折りたたみにする必要はありません。ただ住宅事情でそれが難しい、またはDIYできるのは週末の限られた時間だけという状況なら、折りたたみ式の方がスペースを節約できるのでおすすめです。
作業台の高さはどれだけあればよいのでしょうか。DIY作業台を自作したり、セミオーダーする場合、DIY作業台の高さに悩む事があると思います。DIY作業台の高さについて調べました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Df-HX1VXkAAwgGj.jpg
DIY作業台の高さについてですが、これは個人の身長に関わるので一概にこの高さが良いとは言えません。最適な高さと言うのは個人の身長によって変わってきます。そのため、自分に合った高さを考える事が大切です。
人間工学の点から考えると、DIYをする時のクスを吐いた状態の身長を2で割り、そこに5センチ足した高さが良いとされています。身長160センチなら85センチの高さが最適という事ですね。
最近DIYで人気なのが、キッチン用の作業台です。キッチンのスペースに悩んでいる人が多いです。キッチンに作業台を作るDIYが人気のようで、ちょっとした工夫で使い勝手が大きく変わると言われています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Df4N-SHVAAE82GA.jpg
DIY初心者なら、まずキッチンの使い勝手を良くするための作業台を作ってみるのもおすすめです。キッチン用の作業台なら比較的簡単にできますし、キッチンは毎日使うものですから改善点を見つけやすいメリットもあります。
まずはキッチン用など身近に使えるものからDIYに慣れていって、徐々にDIYの腕を上げていくといいと思います。DIYの腕が上がってくれば、自分がDIY作業台に求めるものも見えてくるでしょう。
DIY作業台の費用も気になりますよね。
引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1009303571920138240/cpF-CiZ_?format=jpg&name=600x314
もし市販の作業台の費用を購入した場合ですが、目安としては15000円~50000円が相場のようです。
作業台の大きさによって差が出ているようで、大きい作業台ほど高くなる事が多いです。
自作した場合の費用ですが、これは材料によるので何とも言えません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYoRLn-UQAAnOO4.jpg
安く済ませようと思えば数千円単位での自作も可能です。必要なのは天板と脚、固定具になりますが、天板も一枚板で選ぼうとすると高くなります。
複数の板を組み合わせた天板なら安く揃えられる可能性も高いので、作業机を自作する場合には、一枚板にこだわらないでおくと費用を抑えられるかもしれません。
市販の作業台を選ぶ場合、選び方のポイントがあります。それは実際に作業台に向かい、作業するような動きを実践してみる事です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYoRLoFU0AA6ctF.jpg
人間工学から最適な高さを割り出す事は可能ですが、それは全てではありません。最適な高さは同じ身長の人でも異なります。
そのため実際に試してみる事が大切です。試したうえでこれだと思う作業台を購入しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BOoZKFRjdau/?tagged=diy%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%8F%B0