サ活Journey
記事のサムネイル

Categoryお笑い芸人

松本人志の子供の年齢は?嫁は?かわいい?幼稚園や学校はどこ?

嫁である伊原凛と電撃結婚して子供も授かった松本人志。結婚した時のふたりの年齢は?そして松本人志の嫁はどんな人?年齢も含めて子供の情報は?といった気になる事柄いろいろを、面白いエピソードも含めて調べてみましたので見てみましょう!

[松本人志の子供の年齢は?嫁は?かわいい?幼稚園や学校はどこ?]松本人志の結婚生活は?

お笑い芸人として一時代を築き、長年に渡ってトップであり続けてきたダウンタウンの松本人志。一時期は本人が書いた書籍で「芸人は結婚したら丸くなって面白くなくなるから、しない」くらいの事を言っていましたが、2009年5月にお天気キャスターの伊原凛と結婚しました。松本人志は1963年生まれなので46歳、伊原凛は1982年生まれなので27歳での結婚という事になります。
二人の出会いは後輩が主催した合コンで出会ったのがきっかけであり、交際一年半にして伊原凛が交通事故にあい、レントゲンを撮影した時に子供がいる事が分かり、それを機に結婚したのだそうです。

[松本人志の子供の年齢は?嫁は?かわいい?幼稚園や学校はどこ?]松本人志のかわいい娘の名前は?

同年10月にかわいい長女を出産、「てら」という名前を付けます。「てら」という名前の由来は特になく、語感で決めて、ひらがながしっくりきたと本人はテレビで言っていますが、冗談かもしれず名前の本当の由来は分からないままです。一説では「地球」、「大地」を意味するTerraなのではないかと言われたり、伊原凛の両親が韓国系なので韓国語で「祈り」を意味する「てら」にしたのではないかとも言われています。ちあみに二人目の子供はまだ作っていないようです。
若いころは「子供がいる姿が想像できない」なんて言っていた松本人志も子供にメロメロ、すっかり溺愛しているそうです。以降結婚生活は浮気などの主立ったスキャンダルも無く幸せな家庭生活を続けているようです。

[松本人志の子供の年齢は?嫁は?かわいい?幼稚園や学校はどこ?]溺愛している娘の年齢は?画像は?

てらちゃんは2009年生まれなので現在8歳になります。画像は調べたらすぐにネットで見る事ができました。
引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AXISIMG_0120_TP_V1.jpg
しかし検索して出てくる松本人志の子供とされる画像は、すべて本人によって否定されています。
引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TC160130090I9A6530_TP_V1.jpg
なぜ検索するこれらの画像が出てくるのが不思議ですが、どれも「自分の子供じゃない」と松本人志が言っていましたので、ネット上には画像は無いのでしょう。さすがに自分の子供にはあまり目立って欲しくないのかもしれませんね。

[松本人志の子供の年齢は?嫁は?かわいい?幼稚園や学校はどこ?]娘の幼稚園や学校はどこ?

引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SHIO151020084797_TP_V1.jpg
てらちゃんの通っている学校は諸説ありますが、「The British School in Tokyo」という、木村拓哉が通っていた幼稚園と同じ所に通っている可能性が高いと言われています。
ちなみに松本人志が坊主を辞めて金髪にした理由は、「坊主だと娘の送迎にいけないから」なのだそうです。ビートたけしさんの影響とのうわさもありますが、そればかりでは無かったんですね。
他にも娘のためにバルーンアート教室に通うようになったり、絵本を100冊買って読み聞かせたりと、溺愛エピソードは数知れず。でも「娘のために身体を鍛えた」というのは、本人はテレビで否定していましたね。筋肉を鍛えた本当の理由は、「バイオハザードのキャラクターがマッチョで、負けたくないと思ったから」だそうです。
引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DI_IMG_5780_TP_V1.jpg
小学校は奥さんの母校である聖心女子学院ではないか、または芸能人が通う事が多い青山学院や成城ではないだろうか、という噂はあるのですが、どれも特定にはいたっていません。

[松本人志の子供の年齢は?嫁は?かわいい?幼稚園や学校はどこ?]まとめ

結婚して子供が誕生後、すっかり性格も子煩悩に変わって娘を溺愛する日々になってしまっている松本人志。「結婚しても女遊びしまくるぞ!!」なんてテレビでも堂々と言っていたものの、結局それらしい噂は現在ひとつもたっていませんね。今後浮気するかどうかは分かりませんが、娘も含め幸せな家庭生活はずっと続きそうです!