miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category雑貨

diyで壁に棚!賃貸で穴あけNGでもできるアイデアは?収納に!

賃貸に住んでいると収納に限界がありますよね。壁に棚をつけたくても、賃貸だと穴あけが禁止されている事が多いです。しかしdiyなら、壁に穴あけをせずとも棚を作る事ができます。diyは最近女性の間でも人気が出ています。diyの壁収納を調べました。

【diyで賃貸壁に棚】穴あけ不可でもできる?

賃貸に住んでいると、穴あけできない物件も多いですよね。壁に穴あけする事で引っ越す時に修繕費を請求されたりと、穴あけが余計な出費に繋がる事もあります。そこで試したいのが、DIYです。
DIYなら壁に穴あけしないでも棚を取り付ける事ができます。壁に棚があると便利ですよね。単純に収納力がアップするだけではなく、壁の棚はインテリアにも使えます。お気に入りの雑貨や写真を飾るのもいいですね。
しかし今までは、壁に棚が欲しくても穴あけできないために諦めていた人も多いでしょう。しかしDIYなら壁に穴あけしなくても棚を取り付ける事ができます。壁に穴あけしないでも取り付けられる壁収納を調べました。

【diyで賃貸壁に棚】壁収納のメリットは?

DIYで壁に棚をつける事が話題ですが、そもそも壁収納のメリットはどこにあるのでしょうか。壁収納は雑誌などでもよく特集されていますが、そのメリットが分からない、という人もいるかもしれません。
壁収納のメリットは、まず第一に部屋を狭くする事なく収納を増やせる事にあります。床に設置する棚などの収納家具は、それだけ部屋のスペースを奪います。せっかく収納が増えても、部屋が狭くなるのは嫌ですよね。
しかし壁なら、収納棚を付けたところで部屋のスペースが占領されるわけではありません。壁収納は部屋を狭くする事なく、収納量だけを増やす事のできる手段です。だからこそ壁収納は人気なのでしょう。

【diyで賃貸壁に棚】木材が使える?

賃貸壁でも使えると最近話題の木材があります。それが2×4木材(ツーバイフォー木材)です。2×4木材(ツーバイフォー木材)は断面が38ミリ×89ミリの木材で、この2×4木材(ツーバイフォー木材)を使えば穴あきせずともおしゃれな壁収納を作る事ができます。
2×4木材(ツーバイフォー木材)はホームセンターで買う事ができます。値段はホームセンターによって変わりますが、長い2×4木材(ツーバイフォー木材)でも500円程度で買える事が多いです。
手頃な値段で買える2×4木材(ツーバイフォー木材)ですから、多くの人が壁収納DIYに2×4木材(ツーバイフォー木材)を使用しているようです。ただ大きいものなので、取り合えず購入、というのはおすすめできません。

【diyで賃貸壁に棚】ディアウォールで突っ張り柱

突っ張り棒をご存知でしょうか。長さが可動式の棒で、壁と壁の間に設置する事で洗濯物干し場など、手軽にスペースを利用できる便利グッツです。木材をツッパリ棒のように使えるアイテムにディアウォールがあります。
ディアウォールはツーバイフォー木材と合わせて使うもので、ツーバイフォー木材の上下に装着します。中にバネが入っているので、そのバネを利用して壁に沿って、床と天井の間に突っ張らせる事ができます。
これでツーバイフォー木材がかなり便利になります。1本だけでも、突っ張らせたツーバイフォー木材にフックを打ち込むだけで収納になりますし、2本並べて間に板を通せば棚になります。ツーバイフォー木材を使うならディアウォールもセットで購入して下さい。

【diyで賃貸壁に棚】板の厚みに注意

2×4木材(ツーバイフォー木材)とディアウォールを組み合わせたら、あとはそこに板をすだけで棚になります。板も同じくホームセンターで購入する事ができます。板の長さに合わせて2×4木材同士の距離を変える事も簡単です。
壁に直接板をつける場合には穴あけが必要ですが、2×4木材があれば、穴を開けるとしても壁ではなく2×4木材への穴あけだけでよくなります。板の種類を変えると見た目も変わりますから、好みの棚ができそうですね。
板を通して棚にする時は、板の厚みに注意です。薄い板は繊細なイメージでインテリアに映えるかもしれませんが、耐荷重がありません。見た目や値段だけで板を選ぶのではなく、必ず耐荷重を考えましょう。

【diyで賃貸壁に棚】ペンキは使える?

2×4木材は木材ですから、ペンキでペイントする事が可能です。ペンキを使う場合は壁に設置してからではなく、壁に設置する前にペンキを使う方が良いでしょう。壁に設置してからでは、万一壁にペンキがつくと大変な事になります。
インターネットなどでも、2×4木材にペンキでペイントしている事例を確認する事ができます。最近は様々なペンキが出ていますから、ペンキの種類によって印象を変える事もできるでしょう。
ペンキで色付けしなくても、ワックスなどでつやを出すだけでも印象が変わります。ペンキで個性を出すか、自然の色を生かすかはどんなインテリアにするかで変わってきます。自分好みの収納を作っていきたいですよね。

【diyで賃貸壁に棚】リビング収納に

2×4ツーバイフォー木材の利用で壁収納の幅はぐっと広がります。インターネットでも最近は2×4ツーバイフォーを使ったDIY事例が流行っているようです。2×4ツーバイフォー木材は、使う板の厚みで収納スペースの調整ができます。
当然、幅の広い板を使えば大きなものも収納できるようになりますが、壁に大きな棚があると圧迫感を覚える事もあります。また出っ張った板に頭をぶつけるなど、怪我のリスクもあります。
2×4ツーバイフォーを使った収納では、あまり幅のない板の使用がおすすめです。その方が圧迫感もないですし、安全性も保たれます。例えばテレビ周りの収納はいかがでしょうか。CDケースやDVDケースなど、たまりがちで大きさの揃っているのもを収納すると見栄えもよく、スッキリ整理されるのでおすすめです。

【diyで賃貸壁に棚】玄関収納に

2×4ツーバイフォーはスリムな木材ですから、玄関に設置しても邪魔になりません。玄関って、置いておくと便利なものが多いですよね。宅急便を受け取る時の印鑑や、いつも持ち歩く鍵などの収納におすすめです。
特に印鑑は、毎日使うものではありませんが、ないととても困りますよね。2×4ツーバイフォーを使って印鑑を置く専用スペースを作っておけば、なくす心配もありませんし、必要な時にすぐ取り出せます。
また玄関は帰宅してまず先に通る場所ですし、誰かが訪ねてきた時、家に上がらなくても玄関は人目に晒されます。飾る収納などでオシャレにしておけば、自分も気分がいいですし相手にもいい印象を与えるでしょう。

【diyで賃貸壁に棚】レンガを使った壁収納?

場所を選ばず、とにかく手軽に壁の収納を作りたいならレンガを使う方法もあります。壁に沿ってレンガを数個ずつ積み上げ、そこに板を通せば立派な収納棚です。レンガと板を更に積み上げてれば複数段の収納棚になります。
もちろん壁の穴あけはありませんし、レンガを設置するだけで壁に固定するわけでもないので手軽です。不要になったらレンガと板を撤去するだけです。DIYとは言えないほど手軽ですよね。
しかしこれも一種のDIYです。レンガはインテリアに映えますし、水はけもいいので玄関にもおすすめです。玄関に背の低いちょっとしたレンガ棚があれば、下駄箱に入れる前に乾燥させておきたい靴の一時置き場に便利ですよ。

【diyで賃貸壁に棚】個性を生かして

賃貸でも工夫すれば壁収納は作れます。
自分で作る収納は好きに調整できることもありますが、何よりも愛着がわきます。
考えている時間も楽しいDIY、是非チャレンジして下さい。