Qjq6vk08rvufq3vkvuat

俳優

CATEGORY | 俳優

大物俳優・佐藤浩市の父親は三国連太郎?親子関係は?確執の噂は?

2018.02.10

大物俳優・佐藤浩市さんの父親は同じく俳優の三国連太郎さんでした。しかし佐藤浩市さんは幼少期に両親の離婚を経験し、母親に育てられました。その事から父親とは不仲が続き、確執や不仲も噂されていました。2人の共演作や確執を思わせるエピソードについてまとめています。

  1. 佐藤浩市ってどんな俳優?父親は三國連太郎?
  2. 佐藤浩市の父親、三國連太郎は昭和の名俳優だった?
  3. 佐藤浩市の出演作品まとめ!父親・三國連太郎との共演は?
  4. 佐藤浩市の父親・三國連太郎の出演作品まとめ
  5. 佐藤浩市のプライベートは?父親・三國連太郎との関係は?
  6. 佐藤浩市とその父親・三國連太郎、確執があり不仲って本当?
  7. 佐藤浩市と父親・三國連太郎の確執は父親に原因があった?
  8. 佐藤浩市に兄弟は?父親・三國連太郎は他にも子供が?
  9. 佐藤浩市と父親・三國連太郎の確執も最後は解消か?
  10. 名俳優・佐藤浩市の活躍をこれからも応援
佐藤浩市さんは1960年12月10日生まれの俳優で、父親は有名俳優の三國連太郎さんです。佐藤部長のニックネームでファンからは親しまれています。 テアトル・ド・ポッシュ所属しています。元モデルで身長182cmの長身、スタイルの良さも人気の理由です。
大学在学中にNHKの「続・続事件」でデビューしました。その翌年の1981年に「青春の門」でブルーリボン賞新人賞を受賞しましたが、30代前半までは脇役での出演が多かったようです。
ルックスの良さに加えて演技力も高いため舞台出演への期待もされていますが、佐藤浩市さんのこだわりから、映像作品のみの出演となっています。
佐藤浩市さんの父親、三國連太郎さんはどんな人だったのでしょう。三國連太郎さんは1923年生まれの俳優です。 2013年に90歳で亡くなりました。
三國連太郎さんは戦争による徴兵、敗戦後の様々な職歴を経て、1951年の映画『善魔』でデビューします。この映画の役名である「三國連太郎」をそのまま芸名としました。三國連太郎さんは第2回ブルーリボン新人賞を受賞しています。 個性派俳優として出演作品の中で独特の存在感を出してきました。
その後三國連太郎さんは多くの作品に出演、個性派俳優として独特の存在感を作品に残してきました。
三國連太郎さんの息子、佐藤浩市さんは様々な作品に出演されています。舞台への出演は本人のこだわりによりなく、全て映像作品となっています。三國連太郎さんとの共演作品に、「人間の約束」、「美味しんぼ」があります。親子共に名俳優として活躍していましたが、共演作品は意外と少ないのです。
佐藤浩市さん出演のドラマ作品は主に「炎立つ」、「横浜心中」、「天気予報の恋人」、「天国への階段、「新選組!」、「けものみち」、「官僚たちの夏」、「鍵のかかった部屋」があります。
佐藤浩市さんは映画への出演も多くあります。主な作品として「青春の門」、「美味しんぼ」、「らせん」、「ホワイトアウト」、「KT」、「亡国のイージス」、「ザ・マジックアワー」、「感染列島」、「最後の忠臣蔵」、「愛を積むひと」、「64(ロクヨン)」があります。
三國連太郎さんは昭和の名俳優として非常に多くの作品に出演されました。そして彼は作品毎に徹底的に役作りをする事でも有名です。老人役の役作りのため上下の歯を10本抜いたエピソードは有名です。また乱暴者の役を演じている間は、役にのめりこむあまりプライベートでも近寄りがたい雰囲気になっていた話もあります。
三國連太郎さん出演作品の中で特に有名なのは「釣りバカ日誌」です。「釣りバカ日誌」は万年平社員のハマちゃんと、ハマちゃんが務める会社の社長スーさんが巻き起こすドタバタコメディ劇です。ハマちゃん役を西田敏行演じ、三國連太郎さんはスーさん役を演じました。名俳優による掛け合いが人気のヒット作品です。
元々三國連太郎さんは「釣りバカ日誌」という作品に対して高い評価はしていなかったようです。義理で出演した作品だとコメントしていた時期もありました。しかしシリーズを重ねる毎にその気持ちが変わってきたようで、「釣りバカ日誌20ファイナル」の会見では生涯の仕事だったとコメントしています。
佐藤浩市さんは三國連太郎さんの息子ですが、佐藤浩市さんが幼い頃に両親が離婚したため、一緒に暮らしたのは僅かな年数だったとの事です。その事から親子間では確執があり、不仲であったとされています。共演作品が少ない事はこれが原因だと言われています。
佐藤浩市さんは1986年にモデルの女性と結婚していますが、3年後に離婚しています。この間には手塚理美さんとの不倫騒動がありました。1993年に舞台女優の女性再婚しています。また佐藤浩市さんには前妻と現在の妻との間にそれぞれ子供が1人ずついます。現在の妻との間に生まれた息子、寛一郎さんは俳優をしています。
佐藤浩市さんは大のゴルフ好きでも知られています。頻繁に練習場に行っているようで、フジサンケイクラシック、サントリーオープン、日本メディアシステムカップなどの大会にも出場しています。アマチュア部門での優勝経験もあります。またゴルフ番組も不定期ですが放送されています。
また競馬好きでも知られています。特に東京競馬場のターフビジョンでレースを見るのが好きとコメントしています。ペットに競走馬の名前をつけたエピソードもあります。
佐藤浩市さんは幼少時代に両親の離婚を経験しました。この離婚は父親・三國連太郎の家でが原因とされています。三國連太郎さんは恋多き人物としても有名で、結婚を4度経験しています。佐藤浩市さんは3番目の妻との間に生まれた子供です。
両親が離婚したため、佐藤浩市さんは母親に育てられました。これが三國連太郎さんとの間に確執を生んだとされています。実際、2人はそれぞれ第一線で活躍する俳優であるにも関わらず、共演作品は非常に少ないです。
芸能人同士の確執や不仲は噂のみである事が多いのですが、佐藤浩市さんと三國連太郎さんは実際に確執があり、不仲であったエピソードが残されています。
佐藤浩市さんの両親の離婚は、父親・三國連太郎さんの家出がきっかけでした。この後三國連太郎さんは別の女性と再婚、佐藤浩市さんは母親に育てられました。この事から親子間には確執があり、不仲な状態が続いていました。
佐藤浩市さんと三國連太郎さんの確執ある関係を窺わせるエピソードに、初共演した映画「人間の約束」での話があります。2人は親子関係にあるにも関わらず、撮影以外では殆ど関わらなかったと言われています。
もう1つ、2人の親子関係を表すエピソードがあります。2作目の共演映画「美味しんぼ」の制作会見ではお互いを「三國さん」「佐藤くん」と他人のように呼んでいました。またこの会見の中で佐藤浩市さんが「俳優はサービス業」と発言した事に対し、三國連太郎さんが「サービス業などという考え方は間違っている」と返し、会見の雰囲気が険悪になってしまいました。これは2人の不仲、確執ある親子関係を表すエピソードとして有名です。
4度の結婚を経験した三國連太郎さんですが、子供として公表されているのは佐藤浩市さんのみです。結婚した女性が子供を産んでいた可能性はありますが、現時点で情報は残っていません。
佐藤浩市さんのお母さんがその後再婚したという情報は残っていません。異母兄弟含めて佐藤浩市さんには兄弟はいないようです。
三國連太郎さんにとって唯一の息子である佐藤浩市さん、2人の関係に確執があった事には、三國連太郎さんも心を痛めていたかもしれませんね。
三國連太郎さんとの不仲が有名だった佐藤浩市さんですが、その不仲も年数が経つにつれて和解できたようです。
実際、2008年ANAのCMでは仲のいい姿を見せています。その後佐藤浩市さんは出演したトーク番組で、三國連太郎さんの事を努力の人とコメントしています。
2013年に三國連太郎さんが亡くなった時、佐藤浩市さんは息子として喪主を務めています。
佐藤浩市さんには幼少の頃に離婚をし、その後父親とは不仲のままでいました。しかしそれも晩年には解消され、最期は息子として父親を見送る事ができました。短い期間でしたが、いい親子関係を築けたのではないでしょうか。
俳優の演技には人生経験が反映されるといいます。年齢を重ねてなお魅力を重ねる佐藤浩市さん、これからも素敵な演技を見せてくれるでしょう。
ますます佐藤浩市さんから目が離せませんね。