Sxaekpi0i9kinkxiachd

女優

CATEGORY | 女優

イザベル・アジャーニの・病気・映画・画像・息子・男装総まとめ!老けない美貌!

2018.06.15

イザベル・アジャーニさんは現在病気なのでしょうか。イザベル・アジャーニさんは様々な映画に出演している女優ですが、病気の噂があるようです。イザベル・アジャーニさんは画像を見るととても美人ですよね。イザベル・アジャーニさんの映画作品、画像も調べました。

  1. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】プロフィール
  2. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】若い頃は?
  3. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】老けないと噂が?
  4. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】出演映画
  5. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】男装姿が話題?
  6. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】恋多き女性だった?
  7. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】息子がいる?
  8. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】ポゼッションに出演?
  9. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】サブウェイに出演?
  10. 【イザベル・アジャーニの画像・映画・病気】王妃マルゴに出演?
イザベル・ヤスミン・アジャーニ(Isabelle Yasmine Adjani)さんは1955年6月27日生まれのフランス女優です。これまでにセザール賞の主演女優賞を5度も受賞しているベテラン女優で、フランス映画史上最多記録を保持しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Ddycgt8VQAEpgDw.jpg
またイザベル・アジャーニさんはアカデミー賞にも2度ノミネートされています。それだけイザベル・アジャーニさんの演技が評価されているという事でしょう。フランスだけではなく世界的に人気のある女優です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdycibxU8AA7JtD.jpg
またイザベル・アジャーニさんは2010年にレジオンドヌール勲章、2014年に芸術文化勲章を受勲しました。現在でも人気が高く、イザベル・アジャーニさん出演作品には多くのファンがいます。
イザベル・アジャーニさんは今でも美人だと評判ですが、若い頃はどうだったのでしょうか。最近イザベル・アジャーニさんのファンになった人は、イザベル・アジャーニさんの若い頃を知らない人も多いでしょう。イザベル・アジャーニさんの若い頃を調べました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdIzt75UQAAKInP.jpg
イザベル・アジャーニさんの若い頃の画像がこちらです。かなり美人ですよね。美人にも流行があると言われますが、イザベル・アジャーニさんの若い頃は時代を問わず美人だと思います。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdIzuJhVQAA3aYu.jpg
イザベル・アジャーニさんは若い頃から活躍をしていた女優です。そのためファン層も老若男女と広く、世界中で愛されている女優です。若い頃にこんな美人なら、年齢を重ねても美人のままでいられそうですね。
イザベル・アジャーニさんについては老けないという噂もあります。既に高齢と言われる年齢であるはずなのに、イザベル・アジャーニさんは老けないと評判です。イザベル・アジャーニさんは本当に老けないのでしょうか。
イザベル・アジャーニさんの画像を見ていると、確かに年齢を重ねているようには見えません。しかし全く老けないのかと言われると、老けないと言い切るほどでもないように思えます。
よく見るとイザベル・アジャーニさんも老けないという事はなく、年齢を重ねたなりの容姿の変化はあります。ただその変化があまりにも少ないために、老けないという噂も出ているのでしょう。
イザベル・アジャーニさんは様々な映画作品に出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdyckQGU8AA2mn7.jpg
全体的に見るとフランス映画が多めですが、アメリカ映画など他国の映画への出演実績もあります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdyclSdVAAA4ECT.jpg
「アデルの恋の物語」、「テナント/恐怖を借りた男」、「ザ・ドライバー」、「カルテット」、「イシュタール」などの作品に出演しました。
最近の作品では女性が男装する作品も多くありますね。男装ものの作品には一定の需要があるのか、男装というジャンル分けをされる事もあるようです。実はイザベル・アジャーニさんも作品の中で男装を披露した事があります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DfZb3RuVMAECefO.jpg
こちらは男物のターバンを羽織ったイザベル・アジャーニさんです。これも男装と言える姿かもしれませんね。男装をしていてもイザベル・アジャーニさんが美人である事はすぐに分かります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DOP0tVSUEAE-RH5.jpg
こちらはもっと堂々と男装をした画像です。男装をしてパーティーに向かう場面で、この男装姿に憧れを抱いた女性も多いでしょう。本当に美しい男性は中性的とも言われているし、イザベル・アジャーニさんのような美しい男性もこの世の中には存在するかもしれません。
イザベル・アジャーニさんの出演映画は恋愛映画が多く、映画の中で恋愛に没頭する女性役も多く演じました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C7WXswxVAAAtqxL.jpg
イザベル・アジャーニさんは実生活でも恋多き女性だったと言われています。イザベル・アジャーニさんは1979年にブリュノ・ニュイッテンさんと交際していたようですが、俳優のウォーレン・ベイティさんとも噂がありました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DKlT2ukV4AAN_Pl.jpg
またダニエル・デイ=ルイスさんやミュージシャンのジャン・ミッシェル・ジャールさんとの交際も噂されています。最近では俳優のスタニスラス・メラールさんとの交際も言われましたが、破局しているようです。
イザベル・アジャーニさんには息子がいるという噂があります。イザベル・アジャーニさんには息子がいるのでしょうか。イザベル・アジャーニさんの息子について調べました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DEwxMi6VoAA7X6r.jpg
イザベル・アジャーニさんには息子が二人いるようです。しかし息子二人はそれぞれ父親が違うようですね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DEwxWZ2UMAExmVF.jpg
一人目の息子の父親は撮影監督のブリュノ・ニュイッテンで、二人目の息子は俳優のダニエル・デイ=ルイスと言われています。
イザベル・アジャーニさんは「ポゼッション」にも出演していました。ポゼッションはイザベル・アジャーニさんが「カルテット」と合わせてカンヌ国際映画祭女優賞を受賞した作品でもあります。ポゼッションでイザベル・アジャーニさんのファンになった人も多いでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DEwxXbeUwAEkvOB.jpg
ポゼッションは1981年の映画です。ポゼッションじゃフランスと当時の西ドイツの合作で製作されたホラー映画でした。元々ポゼッションには悪魔が取り付く事という意味があります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DEwxYlmVwAELtK7.jpg
ポゼッションは自分の妄想が生み出した魔物に欲情する女性アンナが次第に狂気に陥っていく姿と、それに翻弄される夫の姿を描いています。イザベル・アジャーニさんがアンナ役を演じました。
イザベル・アジャーニさんは映画「サブウェイ」にも出演しています。このサブウェイの出演でイザベル・アジャーニさんの演技はセザール賞主演女優賞の候補にノミネートされました。サブウェイとはどんな映画なのでしょうか。
サブウェイは1985年のフランス映画で、リュック・ベンソンの出世作とも言えます。サブウェイはリュック・ベンソンが初めてハリウッドからスターを招いて撮影した映画でもありました。
サブウェイはパーティーの最中、金庫破りが中の重要書類を盗み出す所から始まります。イザベル・アジャーニさんはパーティー主催者の妻エレナを演じています。エレナの夫は犯人と重要書類奪還の交渉を進めますが、その中でエレナと犯人が惹かれ合っていきます。サブウェイにはスターになる前のジャン・レノさんも出演していました。
イザベル・アジャーニさん出演の映画で印象深いものとして「王妃マルゴ」があります。イザベル・アジャーニさんと言えば王妃マルゴと思ている人も多いかもしれません。イザベル・アジャーニさんは映画「王妃マルゴ」に出演していました。
王妃マルゴは1994年のフランス映画です。王妃マルゴは日本でも1995年に公開されました。王妃マルゴは小説を原作としている映画作品で、フランスでは製作費が巨額である事も話題となりました。
王妃マルゴは、王妃でありながら男漁りのために町を歩くような本望な生活を送るマルゴを主人公にしています。しかしそんなマルゴも政略結婚を強いられる事になりますが、騒動に巻き込まれていくうちにマルゴは本当の恋を見つけます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/Dfa5kaRVQAAgEcV.jpg