Hzp3wuneviv40kg6ugcg

女優

CATEGORY | 女優

宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!最新・話題の出演チケット予約情報紹介!

2018.08.20

年々舞台女優として話題の宮沢りえさん。その舞台を「ぜひ見てみたい!」と思っている人も多いのでは?宮沢りえさんの歴史や過去・の出演作品履歴を振り返りながら、舞台・映画女優の宮沢りえさんの魅力にせまります!過去履歴や最新の出演舞台情報や最新のチケット予約方法も♡

  1. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔の宮沢りえ
  2. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔のアイドルから今の女優へ!
  3. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】宮沢りえの舞台にかける思い
  4. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔出演した話題作品『透明人間の蒸気』
  5. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔に出演した話題の舞台『ロープ』
  6. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔に出演した話題の舞台『人形の家』
  7. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔に出演した話題の舞台『MIWA』
  8. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】昔に出演した話題の舞台『ワーニャ伯父さん』
  9. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】チケット予約は?
  10. 【宮沢りえ舞台出演履歴総まとめ!おすすめ最新の出演情報もご紹介!】宮沢りえの最新出演舞台を予約しよう!
可愛らしいアイドルだった宮沢りえさんですが、今や本格派と呼ばれる女優に!サントリーのお茶『伊右衛門』で演じる和服姿の女性役が、とても素敵ですよね。
最近では舞台での活躍が多い宮沢りえさん。華奢な体で舞台に立ち続けるそのパワーは、見る人を圧倒しています。そんな宮沢りえさんの気になる舞台の情報をまとめました。最新の舞台出演情報もあるので、ぜひ一度、宮沢りえさんの舞台を予約してみてください♪
11歳でモデルデビューした宮沢りえさん。出演したCM『三井のリハウス』で注目を集め、一躍トップアイドルになりました。その後は、映画『ぼくらの7日間戦争』で映画初主演。日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。
10代でヘアヌード写真集『Santa Fe』を発売するなど、何かと話題が豊富だった宮沢りえさん。一時期露出が減ったようにも思いましたが、その間に本格派女優としての実力を、着々と身につけていきました。今は存在感を放つ本格派女優として活躍しています。とくに舞台女優として演劇にかける思いは熱いものがあるようで…。
トップアイドルとして人気者となり、女優への道へ…とトントン拍子に階段を上ってきたような印象もある宮沢りえさん。でも、華麗な経歴の裏で人知れず、抱えていた思いもあるのです。

常に劣等感を抱えている・・・

10代の頃は本当に可愛らしく、稀に見る美女。そして今も尚、美しい40代の女性である宮沢りえさんが「劣等感がある」というのです。世の女性たちから批判も浴びそうなこの言葉ですが、対談記事を読むと、等身大の自分を素直に見つめる姿に共感を覚えます。
なんだか、常に劣等感があるんですよ。(中略)ずっと考えてるんです、 この劣等感はいつなくなるんだろう?って。

インタビューコメントより

試練はごほうびだと思う

華麗な経歴がある一方で、プライベートではスキャンダルも度々報じられた宮沢りえさん。マネージャーを務めていた母親(通称“りえママ”)の存在も注目を集め、相当な苦しい思いもしてきています。でも、そんな「試練もごほうび」であり栄養になっているのだそう。
というのも、りえママが亡くなられたとき、宮沢りえさんは舞台の真っ最中。公表しないままその後の2日間、舞台に立ち続けたそうです。その時間は、2度と経験できない貴重な時間だったとお話されています。
苦難は経験したくないかもしれないけれど、 じゃあ、まったく経験しないで 50歳になったひとと、 経験して50歳になったひととだったら、おもしろい話がちゃんとできるのは、やっぱり‥‥。(中略)苦しみとか悲しみを知っている人のほうが、 豊かな気がするんです。

インタビューコメントより

ちゃんと舞台に立っていられる人になろう

宮沢りえさんが舞台にのめり込むようになったのは、30歳のころ。きっかけは、野田秀樹さん演出の『透明人間の蒸気』に出演したことだったそうです。そこで共演した役者たちに衝撃をうけ、初めて女優としての目標を持ったと言います。
「40になったとき、ちゃんと舞台に立っていられる人になろう」とにかく経験(中略)最初のころは(声の)出し方がわからなくて…いまは、けっこう量が多いセリフでも 大丈夫になりました。

インタビューコメントより

今も毎回オーディション

舞台女優としての経験を積み重ねてきた宮沢りえさんですが、今もオーディションを受けているのだそうです。これだけのトップ女優なら、声がかかって出演するのが当たり前のようにも思いますが…自分で勝ち取った役柄を演じているんですね。
ずーっとそうなんです。 「わたし、一生オーディションするんだな」 って思ったのが、30代の中旬くらい。

インタビューコメントより

年齢を重ね、本格派女優として魅力を増してきた背景には、宮沢りえさんの舞台に賭ける熱い思いと努力があったのです。
宮沢りえさんが衝撃をうけたという昔話題の舞台『透明人間の蒸気(ゆげ)』。宮沢りえと阿部サダヲ主演で、2004年に公演された作品です。宮沢りえさんは主人公の盲目の少女を演じ、第12回読売演劇大賞 最優秀女優賞を受賞しています。
宮沢りえさんという清々しいそよ風のような、深く透き通る水のような、遠くにまたたく星のような女優さんにお会いできたことに感激です。

『しのぶの演劇レビュー』より

2006-2007年の昔に公演された舞台『ロープ』も、野田秀樹さん演出の話題作品です。主演は宮沢りえと藤原竜也。ラストシーンでは、宮沢りえさん演じるタマシイが虐殺シーンを実況中継するという衝撃の展開に…。不思議な女タマシイを演じた宮沢りえさんは、第41回紀伊國屋演劇賞 個人賞を受賞しています。
近代演劇の父、ヘンリック・イプセン作の『人形の家』に挑んだ本作。宮沢りえさんが、海外の名作舞台に初挑戦した作品となりました。2008年の昔に公演された舞台です。堤真一演じる弁護士ヘルメルの妻、ノラを演じ、第16回読売演劇大賞 最優秀女優賞を受賞しています。
堤真一と宮沢りえの演技のうまさを改めて痛感させられた舞台でした。 ノラという女性を宮沢りえが演じていなかったら、ここまでは飽きずに見ることは 出来なかったんじゃないだろうか?って思えるくらい本当に上手でした。

『堤真一・宮沢りえ主演「人形の家」を見てきました』より

美輪明宏さんを題材に、野田秀樹さんが演出を手掛けた作品『MIWA』。2013年の昔に公演された作品です。MIWAを怪物性と聖性の二面性で描き、怪物性を古田新太、聖性を宮沢りえが演じました。この作品で宮沢りえさんは、第39回菊田一夫演劇賞 演劇賞を受賞しています。
ロシアの劇作家アントン・チェーホフの戯曲『ワーニャ伯父さん』は、2017年に公演された作品です。元大学教授のセレブリャーコフを山崎一、その後妻エレーナを宮沢りえ、セレブリャーコフの前妻の兄ワーニャを段田安則が演じました。恋の四角関係が繰り広げられる物語です。 『ワーニャ伯父さん』に出演した2017年、宮沢りえさんは第25回読売演劇大賞大賞 最優秀女優賞を受賞しています。
大竹しのぶさんと同じぐらい毎回驚くのが宮沢りえさん。(中略)本当に舞台上での姿に毎回驚かされるのです。

舞台『ワーニャ伯父さん』(鑑賞者レビュー)より

宮沢りえさんの最新舞台は、堤真一さんとの共演となる『近松心中物語』です。2018年1月10日(水)から2月18日(日)まで新国立劇場中劇場で上演されています。演出は、劇団☆新感線のいのうえひでのりさん。
演技派俳優と女優が演じる恋の物語は必見です!チケット予約もまだ間に合うみたい♪

宮沢りえ最新舞台『近松心中物語』チケット予約

舞台のチケットは、下記サイトで予約・購入が可能です。
ローソンチケットでもチケットの予約・購入ができますよ!
魅力あふれる宮沢りえさん。舞台では、その姿をナマで見ることができます。最新舞台もまだ間に合う!今すぐチケットを予約して、宮沢りえさんの演技に酔いしれましょう♡宮沢りえの魅力に刺さってしまった人は昔の映画もチェックしてみてください!