F8srzmdwvlanihmin7gn

俳優

CATEGORY | 俳優

佐分利信の画像まとめ!若い頃の写真も!息子はいる?身長は?出演作品も!

2018.06.16

俳優・佐分利信をご存知でしょうか。若い頃は2枚目俳優として松竹映画を中心に出演しました。佐分利信の若いころの画像を紹介する共に、息子の情報などについてご紹介します。昭和の俳優・佐分利信さんの人生や若い頃の画像を紹介、家族(妻・息子・孫)についてまとめました。

  1. 俳優・映画監督の佐分利信の魅力を再発見!若い頃の画像から息子情報まとめ
  2. 佐分利信の画像まとめ!若い頃の写真から息子の情報【プロフィール】
  3. 佐分利信の若い頃の写真(画像)から息子の情報【映画出演作品まとめ】
  4. 佐分利信の若い頃の写真(画像)から息子の情報【小津監督の映画出演作品まとめ】
  5. 佐分利信の若い頃の写真(画像)から息子の情報【映画監督作品まとめ】
  6. 佐分利信の若い頃の写真(画像)から息子の情報【テレビドラマ出演作品まとめ】
  7. 佐分利信の息子の情報&若い頃の写真(画像)まとめ!
  8. 佐分利信の画像まとめ!若い頃の写真から息子の情報【妻は女優・黒木しのぶ】
  9. 佐分利信の画像まとめ!若い頃の写真【息子は俳優・石崎二郎】
  10. 佐分利信の画像まとめ!若い頃の写真から息子の情報【孫はサックス奏者・石崎忍】
  11. 佐分利信の若い頃の写真(画像)から息子の情報まとめ
Fiht8lol7z5llnluuqkh
引用: https://twitter.com/toei_calendar/status/227949586382204928
渋みのある演技で活躍した佐分利信さんは、「サブリどん」の愛称で親しまれた昭和の俳優です。2009年に生誕100年を迎え、佐分利信さんの魅力が再発見されるなど、近年また人気が再燃しています。
佐分利信さんは松竹の俳優として映画「華麗なる一族」やヤクザ映画「日本の首領」など数多くの作品に出演しました。また昭和初期の巨匠・小津安二郎監督の作品にも多数出演します。その後、映画監督へと転身した後、晩年はテレビドラマでも活躍しました。佐分利信さんの身長などプロフィールや出演作品、家族の情報をまとめてご紹介します。
Pdurdz0kmcp8puq3sio1
引用: https://twitter.com/foujika/status/611153148942483457
佐分利信(さぶりしん)さんは1909年2月12日、北海道空知群歌志内村(現:歌志内市)に生まれます。本名は石崎由雄(いしざきよしお)で、父親は北陸から歌志内鉱で働く鉱山夫でした。

佐分利信の身長は?平均身長よりも大きかった!?

Yt9bvyailnyzttpiejej
引用: https://twitter.com/kirariyumeka/status/881497974102032386
佐分利信さんの身長を調べてみました。公式情報がないため、正確な身長はわかりませんが、佐分利信さんの身長は「177センチ」あったと言われています。当時の日本人の平均身長は「165センチ」前後だったため、抜きんでて高身長と言えます。

職探しで奔走後「映画界」へ

地元・北海道の尋常小学校を卒業後、中学校教師になるため上京します。水道・道路工事などの肉体労働をしながら生活費や学費を稼ぎ、「正則英語学校(現:私立正則学園高等学校)」や夜間学校に通いますが、卒業することなく故郷へ帰り小学校の代用教員になります。
代用教員になって半年後、佐分利信さんは神戸へ行き、友人と婦人新聞の発行を計画しますが失敗、再び上京して職探しに奔走します。東京に住んでいた兄の家に居候する中で、職探しをしていましたが、映画を見るうちに映画監督を目指すようになります。その後、日本映画俳優学校に入学、演技を学びながら映画監督を目指しました。

松竹俳優「佐分利信」の誕生

Svh0cbvnd7bayom9kpyr
引用: https://twitter.com/Ncm3E4a9SljlQlC/status/1007840440471580672
映画俳優学校に入学した翌年(1930年、当時21歳)、俳優学校の先輩である映画俳優・小杉勇、脚本家・八木保太郎を頼り京都へ向かいます。2人の尽力もある映画配給会社「日活」に入社、監督部に入りたいと望みましたが「俳優に向いている」と言われ、現代劇技芸部(俳優部)に入ります。
1931年(当時22歳)、芸名を「島津元」として映画「日本嬢」で俳優デビューを果たします。その後「動員令」で主役に抜擢、それまでに俳優になかった朴とつな演技で注目されます。
1933年(当時24歳、日活を退社、大阪劇団を経て2年後「松竹蒲田撮影所(通称:松竹蒲田、現在の松竹グループ)」に入社します。松竹蒲田には島津保次郎監督がおり、同姓ではまずと考え「佐分利貞男(明治の外交員。1929年に怪死)」と画家の「佐分真」にちなみ「佐分利信」と改名します。

悲願の映画監督へ転身

太平洋戦争・第二次世界大戦終戦後、佐分利信さんはメロドラマに出演していましたが、佐分利信さんのキャラクターに合わない作品ばかりで人気に陰りが出始めました。1948年(当時39歳)、松竹プロダクションの代表取締役に映画プロデューサー星野和平さんらとともに就任、俳優として活動する傍ら念願の映画監督としても活動していきます。
佐分利信さんは映画監督として活躍する一方、昭和の巨匠・小津安二郎監督の映画に俳優として出演しました。この当時に出演した映画で朴とつながら重厚な中年男や初老男を演じ、俳優として円熟期を迎えます。

映画「華麗なる一族」や「日本の首領 」などに出演

Hupsxmynqgp0xofqg3e6
引用: https://twitter.com/eigaoh2/status/862102903783178240
戦前は若手2枚目俳優として売り出した佐分利信さんは、数多くの映画出演しました。メロドラマに出演する一方、戦後は渋みのある役柄を多数演じました。1974年公開の映画「華麗なる一族」では華麗なる一族を築いた万俵家15代当主「万俵大介」を演じました。さらに1977年から1978年にかけて公開された3部作映画「日本の首領 (ドン)」ではヤクザの組長「佐倉一誠」を演じるなど、幅広い役を演じました。

1960年代以降はテレビドラマの世界へ

1960年代(当時50代)以降、佐分利信さんは映画出演から遠ざかり活動の場をテレビドラマに移します。俳優として円熟期を迎えた佐分利信さんの演技は、テレビドラマでも重宝され、ドラマ「阿修羅のごとく」などに父親役として出演しました。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1489599849927-2ee91cede3ba?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=58ecb1b1731968ec6f31354702067651&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ここからは、佐分利信さんが俳優として出演した映画厳選7本をまとめてご紹介します。

映画出演作品①「家族会議」

1936年公開の映画「家族会議」で佐分利信さんは主演で出演しました。前年に新聞連載されていた小説家・横山利一さんの同名小説が原作、島津保次郎監督がメガホンを取った恋愛ドラマです。女優・及川道子さんは同映画に出演した2年後に亡くなっており、及川道子さんの遺作としても有名です。

映画出演作品②「兄とその妹」

兄とその妹[VHS]
価格 6,800より(中古)
佐分利信主演映画「兄とその妹」
1939年公開の映画「兄とその妹」に主演で出演しました。兄と同居する妹との関係を描いた作品であり、優しさと男っぽさを演じました。同映画のメガホンを取ったのは、島津保次郎監督であり松竹での最後の作品となりました。島津保次郎監督は同年に東宝に写りますが、傑作には恵まれませんでした。

映画出演作品③「華麗なる一族」

華麗なる一族(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]
価格 ¥ 2,700
山崎豊子原作小説「華麗なる一族」を映画化。金融界の聖域といわれる銀行、その背後に暗躍する政財界黒い欲望を描いた作品。
1974年公開の映画「華麗なる一族」に主演で出演しました。映画「華麗なる一族」は、小説家・山崎豊子さんの挑戦小説「華麗なる一族」が原作であり、小説に忠実に描かれたことで原作ファンからも支持を集めました。映画「華麗なる一族」で「一之瀬四々彦」を演じた北大路欣也さんは、2007年に放送されたドラマ「華麗なる一族」に出演、佐分利信さんが演じた「万俵大介」を演じることになります。

映画出演作品④「砂の器」

<あの頃映画> 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]
価格 ¥ 1,854
松本清張の社会派サスペンス小説を、橋本忍と山田洋次の共同脚本で映画化した傑作ドラマ。親子の“宿命”を断ち切り、音楽家として成り上がった和賀英良の前に、突如封印していた過去が突き付けられる。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。
1974年公開の映画「砂の器」では、特別出演として出演(クレジット上では「特別出演」の記載はありませんでした)します。1960年5月から翌年4月まで「読売新聞」に連載された同名小説の映画化であり、著者は推理小説の巨匠・松本清張さんです。映画「砂の器」はその後、何度もテレビドラマ化されました。

映画出演作品⑤「化石」

化石 [DVD]
価格 ¥ 3,900より(中古)
仕事一筋に生きてきた一鬼建設社長の一鬼太治平は、久々に仕事を離れてヨーロッパ旅行に旅立つが、やがて体の異変に気づき、医者に診てもらったところ、ガンであと1年の命であることが発覚し…。井上靖の同名小説を原作に、不治の病に侵された初老の社長が、ヨーロッパを旅していく中で生と死を見つめ直すさまを描いた全8話のTVドラマを、劇場用映画として再編集した作品。
1975年公開の映画「化石」に主演で出演しました。1965年から翌年まで「朝日新聞」に連載された同名小説が原作で、著者は小説家・井上靖さんです。

映画出演作品⑥「日本の首領 」(3部作)

日本の首領<ドン> 野望篇 [DVD]
価格 ¥ 2,698
豪華キャストの共演で暴力団抗争を描いた任侠シリーズ第2作。一宮恭夫と松枝四郎の奮闘により中島組は再建。組長・佐倉の復帰を機に、松枝は関東進出のための新組織“桜商事”を設立する。監督は中島貞夫。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。
1977年公開の映画「日本の首領 (ドン)」に出演しました。映画「日本の首領 (ドン)」は3部作で制作・公開されました。佐分利信さん演じる「佐倉一誠」は実在したヤクザ「田岡一雄」をモチーフにしています。映画「日本の首領 (ドン)」は、東京・大阪それぞれを拠点とする2つの組の抗争を描いています。映画「日本の首領 (ドン)」第1部では全国制覇を目指し、2部では東京・大阪を舞台にした抗争、そして3部では抗争の集大成が描かれています。

映画出演作品⑦「獄門島」

獄門島[東宝DVD名作セレクション]
価格 ¥ 3,089
本鬼頭と分鬼頭が対立する獄門島へ来た、金田一耕助が、連続殺人事件にまきこまれる姿を描いた作品。出演は石坂浩二、司葉子、大原麗子ほか。
1977年公開の映画「獄門島」に出演しました。推理小説家・横溝正史の推理長編小説「獄門島」を原作とした推理映画です。俳優・石坂浩二さんが主演の金田一耕助を演じ、メガホンを取ったのは巨匠・市川崑監督です。同映画は「金田一耕助」シリーズ3部作の第1作として制作されました。佐分利信さんの朴とつとした演技が光る映画です。
Cb04wxxmwxbnpq5kreea
引用: https://twitter.com/EijiMove/status/808284662963453953
佐分利信さんは昭和の巨匠・小津安二郎監督の映画にも出演しました。出演した小津安二郎監督の映画5作品をご紹介します。

小津監督の映画出演作品①「戸田家の兄弟」

戸田家の兄弟
価格 500より(新品)
上流階級である戸田家の当主が亡くなり、残された妻や子供達とそれぞれの家族が右往左往しながら、 父親の一周忌を迎えるまでの経過を描いた作品。
1941年公開の映画「戸田家の兄弟」に出演しました。当時のスター俳優を集め制作された大家族ドラマです。

小津監督の映画出演作品②「父ありき」

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「父ありき」
価格 ¥ 1,982
小津安二郎監督が唯一、戦時下に撮り上げた作品。男手ひとつで育て、その後別々に暮らさねばならなくなった地方の中学教師である父と、成長してやはり別の地方で教師になった息子との深い哀歓を描く。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。
1942年公開の映画「父ありき」に出演しました。小津安二郎監督が戦前、出征前に脱稿した脚本を、戦後になって改作して公開されました。戦時色が濃い内容のため、戦後になって多くの箇所がカットされてしまいました。

小津監督の映画出演作品③「お茶漬の味」

お茶漬の味 デジタル修復版 [DVD]
価格 ¥ 2,248
小津安二郎監督が、戦時中に検閲当局から却下されたシナリオを戦後に改めて映画化したドラマ。茂吉と妙子は生まれや気質の違いゆえに心が通わない中年夫婦。微妙な感情の違いによって長年蓄積していたものが、ひょんなことから爆発してしまう。
1952年公開の映画「お茶漬の味」に出演しました。地方出身の素朴な夫と、上流階級出身の妻のすれ違いから若いまでを描いた作品です。小津安二郎監督は戦前に撮影・公開を考えていましたが、戦時下で行われていた検閲に同映画の内容が引っ掛かり制作を断念、戦後に満を持して取り掛かった作品です。

小津監督の映画出演作品④「彼岸花」

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「彼岸花」
価格 ¥ 1,982
世界中の名監督に影響を与えた小津安二郎監督が初のカラー作品に挑戦したホームドラマ。娘が自分の相談なしに結婚の約束をしていたと知った渉は激怒、ふたりの結婚に反対する。佐分利信、田中絹代が共演。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。
1958年公開の映画「彼岸花」は主演で出演しました。小津安二郎監督作品の初カラー作品でもあります。

小津監督の映画出演作品⑤「秋日和」

秋日和 [DVD]
価格 ¥ 2,880
日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、夫を亡くした母と娘のお互いを思いやる気持ちを中心に、亡夫の友人たちが起こす騒動を描いた作品。
1960年公開の映画「秋日和」に出演しました。年頃の女性「アヤ子(演:司葉子)」の結婚話を進めようとする男女3人と、結婚に乗り気でない女性の物語です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1493094614670-f6784185cde0?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=01a56cd59fe0c35fe3f26880d3f297a0&auto=format&fit=crop&w=1339&q=80
ここからは、佐分利信さんが映画監督としてメガホンを撮った厳選4作品をまとめてご紹介します。

映画監督作品①「執行猶予」

1950年公開の映画「執行猶予」では、監督兼主演として制作に携わりました。同映画は「キネマ旬報(映画雑誌)」が選ぶ映画ベスト・テン第4位に選ばれた作品です。

映画監督作品②「あゝ青春」

1951年公開の映画「あゝ青春」では、監督兼主演として制作に携わりました。同映画は「キネマ旬報(映画雑誌)」が選ぶ映画ベスト・テン第8位に選ばれた作品です。

映画監督作品③「風雪二十年」

1951年公開の映画「風雪二十年」では、監督兼主演として制作に携わりました。同映画は「キネマ旬報(映画雑誌)」が選ぶ映画ベスト・テン第6位に選ばれた作品です。

映画監督作品④「慟哭」

1952年公開の映画「慟哭」では、監督兼主演として制作に携わりました。同映画は「キネマ旬報(映画雑誌)」が選ぶ映画ベスト・テン第10位に選ばれた作品です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1452451312475-5055e48f74cb?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=37b358e63bbea9d99df0cd99674d0f91&auto=format&fit=crop&w=967&q=80
50代になった1960年代以降、佐分利信さんはテレビドラマにも出演しました。佐分利信さんが出演したテレビドラマ厳選3作品をまとめてご紹介します。

テレビドラマ出演作品①「白い巨塔」

引用: https://pbs.twimg.com/media/DbY-h8VU0AEMa0M.jpg
1978年6月から1979年1月まで放送されたドラマ「白い巨塔」で佐分利信さんは、東都大学医学部第二外科主任教授「船尾徹」を演じました。同ドラマは小説家・山崎豊子さんの長編小説で、これまでに何度も映画化やドラマ化がされた作品です。

テレビドラマ出演作品②「阿修羅のごとく」

向田邦子原作 阿修羅のごとく 全集 パートⅠ【NHKスクエア限定商品】
価格 ¥ 9,504
女は一皮むけば、闘いの神様、阿修羅のようである。 静かに定年後を過ごす父親、しとやかな母、それぞれの人生を送る四人の娘たち。 一見、平穏そうな家族関係のかげに密かに渦巻く嫉妬や猜疑心を、辛辣に、繊細に描き出した向田邦子の代表作
1979年に第1作、1980年に第2作が放送された「阿修羅のごとく」に父「竹沢恒太郎」役で出演しました。同ドラマは脚本家・向田邦子さんの代表作であり、幾度となく映画化やドラマ化されてきました。

テレビドラマ出演作品③「入試問題殺人事件」

1982年放送のドラマ「入試問題殺人事件」に出演しました。TBS系列の2時間ドラマ「ザ・サスペンス」内で放送、公式情報では佐分利信さんの最後の出演作品となりました。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508354728440-18544c571b66?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=77ed4968a40c8f0355db2f30d09d943c&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
松竹の若手2枚目俳優として活躍した佐分利信さんの若い頃の写真(画像)を厳選してご紹介します。

若い頃の写真(画像)まとめ①

引用: https://i.pinimg.com/564x/66/b0/5b/66b05b7c7503f329d3ec214266bafb5f.jpg

若い頃の写真(画像)まとめ②

引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/5c/a9/f25ca966b0cb81b11466fc521b97066a.jpg

若い頃の写真(画像)まとめ③

引用: https://i.pinimg.com/564x/0e/20/a3/0e20a3519b136dc35cb9505b1c8e9f5d.jpg

若い頃の写真(画像)まとめ④

引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/ab/1a/baab1ad5bd70a522d0fba2e7eb862cf5.jpg

若い頃の写真(画像)まとめ⑤

引用: https://i.pinimg.com/564x/dd/74/63/dd7463adc78d6c8b00561ef4d6e5e7f9.jpg
引用: https://images.unsplash.com/photo-1497120573086-6219573cf71c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=ce6032d8d7955f6d9601c7293dab2f2f&auto=format&fit=crop&w=1352&q=80
佐分利信さんの妻は、元女優の黒木しのぶさんです。2人は1932年公開の映画「さらば東京」で共演したことがきっかけで交際、同姓を経て結婚しました。黒木しのぶさんは1934年結婚を機に女優業を引退、佐分利信さんが仕事する日は、玄関で夫を激励して送り迎えをするなど愛妻家として知られていました。黒木しのぶさんは1964年は肝臓がんで死去、53歳でした。
Ce1ojqpgpxgvrm91vopm
引用: https://twitter.com/HMV104/status/969414958357213184
引用: https://images.unsplash.com/photo-1527076599903-d8d14515408f?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b4c563a4e2efd0ef1c97d36d6391cf93&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
佐分利信さんの長男は、後に俳優として活躍する石崎二郎さんです。石崎二郎さんは、1962年公開の映画「東京湾」に出演しています。
Q3fgxp30ngwjh19cbxnn
引用: https://www.instagram.com/p/Bj4YkMIh2l_/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
佐分利信さんの孫はジャズ・アルトサックス奏者の石崎忍さんです。石崎忍さんは現在もアルトサックス奏者として活動しており、都内でコンサートを開いています。
Qde8lfugv1t0tfs1vi29
引用: https://twitter.com/hamabin1/status/862985681819140096
戦前から戦後の昭和に活躍した佐分利信さんは、監督志望で映画界に入りますが2枚目俳優として多くの映画に出演しました。晩年は朴とつとしつつ渋みのある演技でテレビドラマにも出演しました。また念願だった映画監督として携わった作品は、映画ベスト・テンで10位以内に入るなど監督としても高評価でした。佐分利信さんの作品を見たことがない人は、ぜひ、この機会に映画「華麗なる一族」や「日本の首領 」など見てみませんか。
Kebl2emo7u6cuhvtbt1j
引用: https://twitter.com/hamabin1/status/888697276260012032
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/way515t/status/505395058309214208