Mryla08bo3wjnp56ty6m

ハンドネイル

CATEGORY | ハンドネイル

短い爪が映えるネイルデザイン総まとめ!短いからこそ可愛くなれる!

2018.02.12

長い爪でなく短い爪でもかわいいネイルが可能なんです!短い爪におすすめのネイルデザインと、おすすめのネイルカラー、簡単なセルフネイルのやり方をご紹介します!簡単セルフネイルのやり方をマスターして、簡単かわいいオリジナルネイルを作り上げましょう♪

  1. ネイルは短い爪が可愛い♪
  2. 短い爪のおすすめネイルデザイン
  3. 短い爪におすすめのネイルカラー
  4. 簡単!セルフネイルのやり方
  5. 短い爪ネイルを試してみよう
ネイルというと長い爪のイメージですが、最近では短い爪のショートネイルがブーム♪
淡いピンクと押し花が可愛いデザインです。
パステルブルーをベースに細かいホログラムが散りばめられています。

Smelly

「Smelly」のネイルはなんといっても色が豊富!なかでも珍しいくすんだ色味がおすすめです。

THREE

「THREE」のネイルポリッシュは、クリアな発色とみずみずしい質感が特徴です。オイルが配合されているので、ネイルを楽しみつつ爪をいたわります。

パラドゥ

セブンイレブンで購入できる「パラドゥ」は、塗るだけで黄ばみや色むらなどをカバーします。淡い色あいなので派手なネイルが出来ない人にもおすすめです。
ネイルサロンでプロに仕上げてもらえば可愛くきれいになりますが、お金がかかりますよね。セルフネイルは正しいやり方をマスターすれば、簡単にネイルサロン顔負けのネイルができちゃうんです♪

1.爪を整える

最初にネイルファイル爪の長さや形を整えます。。角が残っていると爪をひっかけてしまったり、亀裂や割れにの原因となるので、念入りにやすりをかけてなめらかなラウンドを意識しましょう。
ネイルファイルは爪に対して45℃の角度で当て、一定方向に動かして削りましょう。最初に爪の先端を平らに整え、次にサイドを整えます。最後に外側から中心に向かって一定方向に動かし、角を丸く整えます。

2.キューティクル(甘皮)ケア

皮膚と爪の間にある余計な甘皮は爪を短く見せ、ネイルの範囲を狭くしてしまいます。また、甘皮の下にある薄い皮・ルーズスキンを取り除くことで、爪の表面のでこぼこが整いネイルの持ちがよくなります。見た目とネイルの持ちをよくするためにも、甘皮はきちんとケアしましょう。
①キューティクルリムーバーを詰め全体に塗って指でなじませます。
②お湯に指先を3分ほどつけて、甘皮をやわらかくしましょう。
③水気をとったら再度キューティクルリムーバーを塗り、湿らせたコットンスティックで円描くように甘皮を押し上げます。
④指にガーゼを巻き先端を水で少し湿らせます。甘皮のラインに沿ってルーズスキンを取り除きます。
⑤ネイルオイルを塗り、爪の根元をマッサージします。こうすることで爪に栄養が補給され、丈夫な爪の成長が促進されます。

3.爪の表面を磨く

甘皮を除去したら、ネイルバッファーで爪の表面を磨いてツヤを出しましょう。
①爪の表面をバッフィングし、でこぼこをなめらかにします。このとき、力を入れすぎないように注意してください。
②シャイナーを爪に密着させて磨きます。さらにツヤを出したいときは、鹿皮バッファーを使用します。
③ネイルオイルを爪になじませます。オイルをなじませることで自然なツヤが出て、ネイルカラーを塗らなくてもきれいな爪になります。

4.ベースカラーを塗る

①ネイルの持ちをよくするために、爪の表面の油分や汚れをふき取ります。
②ボトルの入り口部分でハケの片面をしごいて量を調節します。
③爪の裏部分にベースコートを塗り、次に爪表面の中央から塗っていきます。爪の幅が均等になるように意識して、爪の生え際の手前から爪先まで一気に塗りましょう。
④次に塗る部分を自分側に向けながら、爪の左右に塗っていきます。また、台の上に手多くことで聞き手でない方でもきれいに塗ることが出来ます。
これで基本的なネイルケアが完成です!このあとはネイルカラーとトップコートをベースコートと同じ要領で塗って完成です。セルフネイルはとても簡単なので練習してマスターしましょう。
引用: https://alicey.hottopics.jp/wp-content/uploads/2015/09/imasia_7139825_S.jpg
セルフネイルをマスターしてショートネイルに挑戦してみましょう!