Uaymmzxbouwabzs2rh4k

雑貨

CATEGORY | 雑貨

ダイソーのスピーカーが300円!防水機能追加でさらに便利に!

2018.05.29

ダイソーには本当に色々な商品が売られていますよね。ダイソーにはスピーカーも売られています。プチプラで買えるスピーカーだと性能が心配ですが、性能も良いと評判です。インターネットで話題のダイソースピーカーについて調べました。

  1. 【ダイソーのスピーカー】スピーカーの使い道は?
  2. 【ダイソーのスピーカー】質は?
  3. 【ダイソーのスピーカー】値段は?
  4. 【ダイソーのスピーカー】Bluetoothとは?
  5. 【ダイソーのスピーカー】防水機能はある?
  6. 【ダイソーのスピーカー】長持ちさせるために
  7. 【ダイソーのスピーカー】色のバリエーションは?
  8. 【ダイソーのスピーカー】スマホ用のスピーカーはある?
  9. 【ダイソーのスピーカー】300円のスピーカーも人気
  10. 【ダイソーのスピーカー】改造もできる?
家電量販店やディスカウントショップでも売られているスピーカーですが、今まで使った事がない、という人もいるようです。スピーカーの使い道がよく分からない、と言う人もいるかもしれませんね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZiAeDAVwAEunOC.jpg
しかしスピーカーを使った事がないのは勿体ないです。スピーカーは生活の必需品というわけではありませんが、スピーカーがあれば毎日が快適に楽しくなる事も多いです。スピーカーの使い道について説明します。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZdBJ-SVQAAtRVw.jpg
スピーカーは音の鳴るものに接続して使います。例えばテレビに接続し手元にスピーカーを置けば、手元で音声を聞く事ができます。テレビの音を大きくしなくても音声を聞けますから、近所迷惑にならずに済みます。
ダイソーのスピーカーだとちゃんと機能しないのではないかと心配している人もいるかもしれませんね。確かに家電量販店に行くとスピーカーは安くても1000円以上はします。そんなスピーカーがダイソーで売られていたら、少し質が心配になるでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZdBLTMVoAISB8Z.jpg
話題のダイソーのスピーカーですが、スピーカーとしての機能はきちんと果たしてくれます。音も聞こえますから、スピーカーとしての機能を果たしていない、という事はありません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZdBMRaVwAAhA0y.jpg
ただ音の質については、人によっては気になる場合があるようです。音質にこだわる場合はおすすめできませんが、音割れや雑音が入るわけではないので、多くの人が満足してダイソーのスピーカーを使っています。
100円ショップとして有名なダイソーですが、最近は100円以外の商品もありますよね。最近話題のダイソーのスピーカーはいくらで買えるのでしょうか。ダイソースピーカーの値段を調べました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZdBNaVVAAAAXiw.jpg
ダイソースピーカーにも種類がありますが、最近話題になっているスピーカーは600円で売られています。ダイソー商品で600円だとかなり高額なイメージがあるかもしれませんね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZyOal3VAAIyWCx.png
しかし家電量販店だとスピーカーは1000円以上で売られていますから、性能を考えるとダイソーのスピーカーはかなりお得です。人気になるのも分かりますね。愛用者も最近は増えているようです。
ダイソーの600円スピーカーを見ているとBluetoothという文字があります。スピーカー以外にもよくBluetoothという文字を見かけますよね。Bluetoothとは何の事でしょうか。Bluetoothについて調べました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ2df87VAAIU_lu.jpg
Bluetoothは簡単に言うと無線の事です。近距離で使える無線の事で、パソコンのワイヤレスキーボードや音楽機器のワイヤレスイヤホンなどがBluetooth商品に当たります。意外と身近ですね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ3LWrrU8AEF2ht.jpg
Bluetoothは国際規格ですから、このBluetoothマークがついている機械ならメーカーや国を問わずに使える事が魅力です。ダイソーの600円スピーカーもBluetoothですから、様々な機械と連携させることができます。
ダイソーの600円スピーカーはお風呂でも使えると書かれていますね。そのため防水と思っている人もいるようですが、ダイソーの600円スピーカーは防水機能はありません。あるのは防水ではなく防滴です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ7g4qDU0AAHbRs.jpg
防水と防滴は混同される事がありますが、防水と防滴は違います。防滴は水滴や湿気には強いのですが、水をかけても壊れない、という意味ではありません。そこを混同すると思わぬ故障に繋がります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ7g5N0VwAEmq6h.jpg
防水機能のある機械は水に沈めてもある程度は壊れないという実験を済ませているものが多いのですが、防滴の場合は違います。そのためダイソーの600円スピーカーをお風呂で使う場合はお湯が直接かからない場所に設置する必要があります。
ダイソーの600円スピーカーはプチプラなところが魅力です。万一壊れても気軽に買い直せるところが魅力ですよね。しかしせっかく買ったものですから、長持ちさせたいと思うでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ7g5uCUQAAzWho.jpg
ダイソーの600円スピーカーを長持ちさせる方法はあるのでしょうか。ダイソーの600円スピーカーを長持ちさせる方法について調べました。できるだけ長く、大切に使っていきたいですよね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZmxCVNVQAAFrbE.jpg
ダイソーの600円スピーカーには防滴機能がついていますが、機械は原則、水分や湿気を嫌います。お風呂で使っている場合でもお風呂や湿気のこもる脱衣所に置きっぱなしにするのではなく、使い終わったら湿気の少ない場所で保管しましょう。
ダイソーの600円スピーカーにはどんな色のバリエーションがあるのでしょうか。売り場やSNSの情報から色のバリエーションを調べましが。
現時点では、ダイソーの600円スピーカーの色は白、緑、青があるようです。くすみのない色なのでおくと存在感があります。
形はシンプルなので、自分なりにデコレーションしても楽しそうですね。
ダイソーにスマホ用のスピーカーは売られているのでしょうか。スマホ用のスピーカーについても調べました。既に何度か紹介している600円のスピーカーはBluetooth対応なので、それをスマホで使っている人もいるようです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZv187hVQAMxaP3.jpg
既存のスピーカーをスマホ用に使う事も可能ですが、ダイソーにはスマホ用のスピーカーも売られています。スマホスタンドと兼ねているスピーカーもあり、こちらも人気のようです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZv187hU8AEXSgs.jpg
ただスマホスタンドも兼ねている場合は機種が限定されます。対応のスマホを持っていない場合は使えませんので、違うタイプのスピーカーを使用する必要はあります。音質に関しても、特別に良いわけではないが許容の範囲内、という意見が多いです。
最近話題になっているのは600円のスピーカーですが、300円のスピーカーも人気です。300円のスピーカーは2個で1セットになっているもので、その分場所は取りますが使い勝手は悪くありません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZbsnLCVwAI2clt.jpg
人によっては600円のスピーカーよりもこの300円のスピーカーの方がお気に入りという人もいるようです。300円なら気軽に買う事が出来ますよね。音質は300円も600円もさほど変わらないので、最低限の機能だけで良い場合は300円スピーカーで良さそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZXdadaVAAAqEbY.jpg
300円スピーカーのバリエーションを調べましたが、ダイソーでは黒が主流のようですね。もっとカラーバリエーションがあればインテリアにも映えると思うのですが、それは今後に期待かもしれません。
ダイソーで買えるスピーカーは値段の安さが魅力です。しかし音質が気になる人もいるようで、中には改造する事で音質を改善させたり、使い勝手の悪さを改造により解消している人もいます。どんな風に改造しているのでしょうか。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZwTyYYUQAAlpmB.jpg
改造によく使われているのは、300円で買えるスピーカーが多いようです。300円のスピーカーの中にフエルトを入れる方法がよく改造として使われているようです。これなら簡単ですね。
中にはもう少し大がかりな改造をしている人もいます。改造用の知識として300円スピーカーの回路を調査、公開している人もいます。しかしこれは上級者向けでおすすめできません。また改造は必ず自己責任で行いましょう。