サ活Journey
記事のサムネイル

Category雑貨

ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出?出先で困ったら!

モバイルバッテリーをひとつカバンの中に入れておけば、充電がなくなってしまったときの心配がなくなります。普通に買えば結構な値段のするモバイルバッテリーもダイソーに行けば安くで手に入ると大人気に!ダイソーで販売しているモバイルバッテリーについてまとめてみました!

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 ひとつ持っていると便利なモバイルバッテリー

コンパクトで持ち運びに便利なモバイルバッテリー      

自宅にいるときは心配することがないけれど、外出したときの移動時間やちょっとした合間についついたくさん携帯電話を触ってしまうと、気が付いたら充電がなくなってしまっていた!なんてことはよくある話ですよね。
そんなときにカバンの中にひとつ持っていると便利なのが、携帯につなぐだけで充電をすることができるモバイルバッテリーです。
1人ひとつは持っていてもおかしくないほどの必需品となっているモバイルバッテリーは携帯ショップや電気屋でもいろんな大きさや種類のものが販売されていて簡単に手に入るようになっています。

分解せずにすぐに使えるモバイルバッテリー

外出時によく携帯を使って充電のなくなるペースがはやいという人にはモバイルバッテリーはなくてはならない必須アイテムとなっています。分解して組み立てる必要もなくそのまま使えて便利ですね。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 ダイソーのモバイルバッテリーが使えると人気

ダイソーでもモバイルバッテリーは買える!

主に携帯ショップや電気屋で購入することができるモバイルバッテリーですが、携帯ショップや電気屋で買うとモバイルバッテリー1つの値段が少しお高めだというデメリットあります。
なかなかいくつも買うことができないモバイルバッテリーですが、大手100均であるダイソーに行けばなんとモバイルバッテリーを安い値段で買うことができます。
ダイソーでは生活用品や雑貨などだけでなく、携帯電話やタブレットといったものの周辺機器も販売がされています。
値段が高いイメージのモバイルバッテリーもダイソーに売っているということを知ったら、すぐにでも買いに行きたくなりますよね!

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 ダイソーのモバイルバッテリーは全部で2種類

ダイソーのモバイルバッテリーは300円から       

ダイソーで取り扱いされているモバイルバッテリーは300円と500円の2種類となっており、どちらも分解したり組み立てたりする必要はなく、そのまま使えるモバイルバッテリーとなっています。
組み立てたり分解したりする必要がないので、買って箱を開ければすぐに使えるのも嬉しいですね。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 300円のモバイルバッテリー

300円で買えるダイソーのモバイルバッテリー    

ダイソーで販売されているモバイルバッテリーの中で一番安いのが300円のものとなっています。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 300円のモバイルバッテリーのデザイン

無地のものからロゴマークが入っているものまで         

ダイソーで売られている300円のモバイルバッテリーは、何の柄も入っていないシンプルな白のデザインのものや、本体にイラストやロゴマークが書いてある可愛らしいタイプのものもあります。
シンプルな無地のモバイルバッテリーは男性が持つのに最適で、イラストが書いてある可愛いデザインのものは女性に人気のモバイルバッテリーとなっています。
モバイルバッテリーにイラストがデザインされているものは300円で買ったとは思えないくらいオシャレでかわいいですね!

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 300円のモバイルバッテリーはちゃんと使える?

小さくてもちゃんと使える300円のモバイルバッテリー    

ダイソーで300円で売っているモバイルバッテリーはプチプラでとても安いのは良いですが、ちゃんとモバイルバッテリーとしての機能は果たしてくれるのか?といった点が気になってきます。
とても安いのでもしかしたら使うとすぐに壊れてしまったり、あまり充電できなかったりするのではないかと思うかもしれませんが、ダイソーの300円のモバイルバッテリーは普通に充電する分には何の問題もなく使っていけるとのことです。
ですが、一度充電をし始めたら満タンになるまで充電できる一般のモバイルバッテリーと比べると、ダイソーの300円のモバイルバッテリーは7割程の充電しかできなくなっています。
一度に充電を満タンにすることはできませんが、コスパから考えると7割も充電をしてくれるのであれば、許せる範囲ですね!

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 500円のモバイルバッテリー

500円で買えるダイソーのモバイルバッテリー    

ダイソーでは300円のコンパクトなモバイルバッテリーの他にも、少しサイズが大きくなった500円のモバイルバッテリーも販売されています。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 500円のモバイルバッテリーのデザイン

シンプルなものから可愛いデザインのものまで  

500円のモバイルバッテリーは300円のものよりもデザインの種類が多くなっています。
無地で何も書かれていないシンプルなモバイルバッテリーから、ハート柄やドット柄などといった女子向けの可愛いイラストが書かれているタイプのものもあります。
モバイルバッテリーの柄に合ったケーブル線もついているところがとっても可愛いですよね。見た目のデザインで見ると、500円で購入したとは思えないくらいの高クオリティーに仕上がっています。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 500円のモバイルバッテリーはちゃんと使える?

500円でもちゃんと使えるモバイルバッテリー   

気になる500円モバイルバッテリーの機能性ですが、300円のモバイルバッテリーと比べると容量が3000mAhと大きくなっているので、iPhoneやandroidであれば100パーセントまで充電をすることが可能になっています。
500円で購入することができて見た目も可愛く、さらには充電も満タンにできるという超優秀アイテムとなっています。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 ダイソーのモバイルバッテリーの使い方

繋げるだけで簡単充電

モバイルバッテリーの使い方はとても簡単で、本体と携帯をUSBケーブル線でつないでスイッチをいれるだけでOKです。
分解したりする必要もなく、モバイルバッテリー自体は初めから少し充電がされているようなので、購入後にすぐ使うことができます。

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 ダイソーには他にも使える携帯アイテムが!

充電ケーブル

モバイルバッテリーと携帯をつなぐ充電ケーブルも別売りがされています。
本来ついていたものを分解して、自分好みの充電ケーブルと組み合わせてみても良いかもしれませんね!

USB ACアダプタ

コンセントに差し込む部分のUSB ACアダプタもダイソーに行けば可愛いデザインのものがたくさん販売されています。

携帯ケース

モバイルバッテリーやUSB ACアダプタのデザインに合わせた携帯ケースも販売されています。
ダイソーにはモバイルバッテリーをはじめ、いろんな種類のデザインの携帯ケースや充電ケーブルなどが置いてあるので自分の好きなように分解していろんなでサインを楽しむのも良いかもしれませんね!

【ダイソーのモバイルバッテリーが売り切れ続出!使い方は?】 進化し続けているダイソー

どんどんと使える可愛いアイテムが続出!             

いかがでしたか?携帯ショップや電気屋でモバイルバッテリーを買おうと思うと結構な値段がするのでなかなか手が出しづらいですが、ダイソーに行けば300円・500円で分解せずにそのまま使えるモバイルバッテリーを購入することができます。
100均で売っている安いモバイルバッテリーだからといって使えないわけでもなく、しっかりとモバイルバッテリーとしての役割を果たしてくれ、充電のスピードもそこまで遅いわけではありません。
急に充電がなくなってしまったときのためにも、モバイルバッテリーはカバンの中にひとつは入れておきたいアイテムですよね。
ダイソーで取り扱いされているモバイルバッテリーはシンプルなものからとても可愛いデザインのものまでいろんな種類のものがあり、どれも人気が高くなって売り切れ続出となっているのではやめにダイソーに足を運んで購入することをおすすめします!