miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category雑貨

ダイソーの毛玉取りが大人気!売り切れ続出!使い方のコツは?

ダイソーの毛玉取りが人気です。ダイソー店舗の中には売り切れのところも出てます。毛玉取りは便利ですが、使い方にコツはあるのでしょうか。またダイソーの毛玉取りでもちゃんと効果があるのかも気になりますよね。人気の秘密や使い方のコツを調べました。

【ダイソーの毛玉取り】毛玉ができる理由

オシャレで温かいニットは冬に人気の素材です。最近は夏でも着られる素材のニットもあり、1年通してニットのファッションを楽しんでいる人もいるでしょう。そんなニットの悩みは毛玉ですよね。
引用:https://www.instagram.com/p/BizCh-gH61f/?tagged=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A
毛玉は何故できるのでしょうか。毛玉ができる理由について調べました。毛玉はニットのこすれによって発生します。腕やバッグ、ニット同士がこすれる事によってニット表面が毛羽立ちます。
ニットがこすれるとそこに静電気が発生し、繊維同士が絡まります。そうしてできあがるのが毛玉です。毛玉を発生させないためにはこすらない事が大切ですが、着る以上こすれは避けられません。

【ダイソーの毛玉取り】毛玉ができにくい素材は?

毛玉はできたら取るしかありません。できるなら、毛玉はできないようにしたいですよね。毛玉ができにくい素材はあるのでしょうか。あればそれでそろえるのも一つの方法です。毛玉ができにくい素材について調べました。
毛玉ができにくい素材というのは、綿(コットン)、麻(リネン)、絹(シルク)の天然繊維が比較的毛玉になりくいと言われています。繊維が短く熱にも強いため、摩擦が起きても毛玉になりにくいと言われています。
中でも綿100パーセントのニットはおすすめです。綿は繊維が落ちやすい特性を持っています。この特徴が、毛玉になりにくい(毛玉になるまえに落ちる)という特徴に繋がっています。

【ダイソーの毛玉取り】毛玉ができやすい素材は?

逆に毛玉ができやすい素材はあるのでしょうか。毛玉ができにくい素材は天然素材が殆どです。これに対して毛玉になりやすい素材は人工的に手が加えられた素材と言われています。
ポリエステルやレーヨン、アクリルといった化学繊維は繊維が長く熱にも弱いので毛玉になりやすいと言われています。
加えて複数の素材を合わせた混紡繊維も毛玉になりやすく、自然には落ちないと言われています。

【ダイソーの毛玉取り】毛玉取りとは?

毛玉を取る方法は幾つかあります。最も原始的な方法は一つ一つ取っていく事です。手で取ってもいいですし、ピンセットや毛抜きで取る事も可能です。しかし広い範囲で毛玉ができている場合はかなり時間がかかり、面倒です。
そんな時に助かるのは毛玉取りです。毛玉取りなら広い範囲の毛玉を一気に取る事ができますから、手間も時間も短縮できます。毛玉はつくらない事が一番なのですが、残念ながら毛玉を防ぐ事はほぼ不可能です。
ニットの服を持っているなら、毛玉取りを持っておくことをおすすめします。毛玉取りが一つあればすぐに手入れができます。いつも新品のようなきれいなニットを着る事ができますよ。

【ダイソーの毛玉取り】電動で動く?

毛玉取りは機械ですから、電動で動きます。通常の電動毛玉取りは電池で動きます。どの電池を使うかはその電動毛玉取りによりますが、単三電池で動く電動毛玉取りが多いようですね。
電動毛玉取りを買うと電池も一緒に付属されている事がありますが、多くの場合はその電池は動作確認用のマンガン電池です。電動毛玉取りにおすすめの電池はマンガンではなくアルカリ電池です。
ただし電動毛玉取りによってはマンガン電池を推奨している場合もあるので、必ず購入した電動毛玉取りの推奨電池を確認しましょう。また毛玉取りを暫く使わない場合は必ず電池は抜いておきましょう。

【ダイソーの毛玉取り】人気の毛玉取りは?

毛玉取りにも色々と種類があります。どの毛玉取りが人気なのか気になりますよね。毛玉取りをこれから欲しいと思っている人は、取り合えず人気の毛玉取りを持っておきたいと思っている人もいるでしょう。人気の毛玉取りを調べました。
人気の毛玉取りについて調べたところ、今人気なのはダイソーの毛玉取りのようです。ダイソーと言えば100円ショップとして有名ですよね。実はダイソーでも毛玉取りが売られているようです。
ダイソーの毛玉取りと言うと性能が心配な人もいるようですが、性能が悪ければ人気は出ません。気軽に変える値段ですし、取り合えず毛玉取りを持っておきたいと思っている人には人気のダイソー毛玉取りがおすすめです。

【ダイソーの毛玉取り】売り切れ続出?

ダイソーの毛玉取りはインターネットでも人気の商品となっています。ダイソーの人気商品は売り切れが多いですよね。ツイッターなどのSNSでも、人気商品に関しては売り切れで買えなかったという投稿もあります。毛玉取りも売り切れが出ているのでしょうか。
引用:https://www.instagram.com/p/Bg8vnrThlhh/?tagged=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A
品揃えや品数は店舗により異なりますから、毛玉取りが全国的に売り切れという事はなさそうです。ただ人気商品である事は確かなので、売り切れている可能性はあります。しかし毛玉取りは他の人気商品に比べたら売り切れになっている可能性は低めです。
その理由は、毛玉取りは大量購入の必要がないためです。ダイソーの人気商品の中には大量に購入する必要のあるものもあります。しかし毛玉取りは基本は1つ、万一故障した時のストックを含めてもせいぜい2~3個でしょう。そのため売り切れのリスクは低めです。

【ダイソーの毛玉取り】取り寄せは可能?

ダイソーの毛玉取りが売り切れていた場合、どうすればいいのでしょうか。最も手軽な方法は、店員に聞く事です。売り場にはなくても、バックヤードにはまだ商品が残っている場合もあります。
引用:https://www.instagram.com/p/Bgd0367Avjf/?tagged=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A
バックヤードにも商品が残っていない場合は、次の入荷予定日を聞きましょう。それに合わせて再度店舗に行けば、毛玉取りを購入できる可能性が高くなります。近くに別のダイソーがあるなら、そこをのぞいてみるのもおすすめです。
店舗には在庫がなくても、ダイソーとしてはまだ在庫を抱えている場合があります。店舗で売り切れの場合は取り寄せができないか聞いてみましょう。場合によっては取り寄せてくれる事もあります。

【ダイソーの毛玉取り】コツは?

毛玉取りできれいに毛玉を取るコツはあるのでしょうか。毛玉取りがあれば簡単に毛玉を取る事ができますが、コツを抑えれば更に簡単に、ニットを痛めるリスクも少ない状態で毛玉を取る事ができます。毛玉取りのコツを調べました。
毛玉取りのコツは、毛玉だけを取ろうとする事です。当たり前の事と思われるかもしれませんが、このコツを無視している人が多いです。毛玉取りを使う時は、生地に強い力を与えないようにしましょう。
毛玉取りを使う時は、テーブルなどにニットを置いて上を滑らせるように毛玉を取っていくのがコツです。しっかり取りたいからと押し付けるように使うのはニットを痛めます。優しく使うのがコツです。

【ダイソーの毛玉取り】ニット以外にも使える?

せっかく買ったダイソーの毛玉取り、徹底的に活用したいですよね。毛玉取りはニット以外にも使えるのでしょうか。毛玉取りのニットセーター以外への活用についても調べました。
引用:https://www.instagram.com/p/Bf9u6MTA6Cv/?tagged=%E6%AF%9B%E7%8E%89%E5%8F%96%E3%82%8A
身の回りに、ニットではないけど毛玉ができているものはありませんか。家のブランケットやフリースのひざ掛け、クッションなど、生地の素材によってはニットでなくても毛玉ができる場合があります。
そんな時にもぜひ毛玉取りを使いましょう。ピンセットで一つ一つ取るのは面倒ですから、毛玉取りで一気にきれいにする方が簡単です。毛玉は外見が悪いだけではなく肌触りも悪くなります。毛玉取りで新品同様に復活させましょう。