Fcxqzm0eynksq3lur0ht

女優

CATEGORY | 女優

名女優・久保菜穂子の現在は?体調を崩して療養中?映画復帰は?

2018.04.04

久保菜穂子という女優をご存知ですか。昭和時代に活躍した名女優です。久保菜穂子さんの凛とした演技は当時非常に新鮮で、その後のスター女優に大きな影響を与えたと言われています。最近は姿を見なくなった久保菜穂子さんについてまとめています。

  1. 久保菜穂子は今現在何をしている?
  2. 久保菜穂子って本名?それとも芸名?
  3. 久保菜穂子は改名し今現在は別の芸名で活動している?
  4. 久保菜穂子の出演映画は?
  5. 久保菜穂子の生い立ちは?今も芸能活動している?改名は?
  6. 久保菜穂子のデビュー作は映画?それとも舞台?
  7. 久保菜穂子は結婚してる?子供は?今も現役?
  8. 久保菜穂子が改名している可能性は?実は別の芸名がある?
  9. 『女王蜂』に出演する久保菜穂子は今見ても美しい
  10. 久保菜穂子は今現在でも美しい名女優の一人
久保菜穂子さんと聞いてパッと顔が思い浮かぶ方は今現在では少なくなっているかもしれません。久保菜穂子さんは主に昭和の時代に映画、ドラマ、舞台で活躍した女優です。1932年9月24日生まれ、2018年の今ではかなり高齢ですが、お亡くなりになった話は出ていないので現在もご存命かと思われます。
多くの映画に出演された久保菜穂子さんは、今見てもとても美しい女優です。現在も高齢ではありますが、年齢を重ねた美しさを持っていらっしゃる事でしょう。
現在でも美しいと思える美貌を持っていた久保菜穂子さんですから、当然多くのファンがいました。今も久保菜穂子のファンだという方もいます。久保菜穂子さんが今どこで何をしているのか、気になっている方も多いでしょう。
久保菜穂子という名前は本名ではなく、芸名です。本名は久保忠子です。読みは芸名と同じく「くぼなおこ」となります。
芸名の由来については特に明かされていません。読み方は本名も芸名も同じですから、画数や漢字にした時の印象から決めた可能性があります。
どんな印象を受けるのかは個人によって違うかもしれませんが、本名の忠子より芸名の菜穂子の方が、華やかで可憐な印象はあるかもしれませんね。
最近名前を聞かなくなってしまった久保菜穂子さんについて、改名をしたのではと考えている方もいるかもしれません。あれだけの美しさと演技力を持っていた人ですから、改名し別の名前で映画やドラマ、舞台に出て新たな活躍をしていてもおかしくないですね。
ですが2018年現在、久保菜穂子さんについて改名された情報は見当たりませんでした。今はインターネットがありますから、改名を隠そうとしてもそう簡単には隠しきれないでしょう。インターネット上でそれらしき情報は見当たりませんから、久保菜穂子さんが改名し別名義で映画やドラマ、舞台に出ている可能性はかなり低いを見ていいでしょう。
また久保菜穂子さんは映画以外に歌手として歌も出していました。しかしこちらも、久保菜穂子が改名しているような情報は見当たりません。久保菜穂子さんは今は芸能活動をしていない、と見る方がよさそうです。
久保菜穂子さんは多くの映画に出演されています。主な出演作品は、「女王蜂」、「女王蜂の怒り」、「空港の魔女」、「大いなる驀進」、「殴り込み艦隊」、「天下の快男児 突進太郎」、「湖畔の人」、「眠狂四郎勝負大映京都」、「座頭市あばれ凧」、「魔界転生」など。有名作品も多くあります。映画最後の出演は1989年の「桜の樹の下で」でした。
久保菜穂子さんは出演した映画の「空港の魔女」、「殴り込み艦隊」、「天下の快男児 突進太郎」では高倉健さんと共演、「湖畔の人」では鶴田浩二さん、佐久間良子さんと共演、「座頭市あばれ凧」では勝新太郎さんと共演しています。共演相手も豪華ですね。
久保菜穂子さんはドラマにも出演しました。中には「マイティジャック」のような特撮ドラマもあります。他の主な出演作品は「青春とはなんだ」、「女殺し屋花笠お竜」、「午後の恋人」、「お鏡」、「風雲!江戸の夜明け」など。脇役での出全作品も含めるとかなりの数になります。
久保菜穂子さんの当時のプロフィールは身長163cm、体重56kgとなっています。身長160cm以上の女性は今では珍しくありませんが、平均身長の低かった当時は長身の部類に入ります。またスタイルも良かったため、日本人離れした体型としてテレビによく映えていました。
久保菜穂子さんは柳生新陰流の剣道場主の娘として育ちました。1952年に新東宝へ入社し人気女優となりましたが、新東宝の経営が傾いたため1959年に退社しています。その後東映への入社を経て、1963年にフリーとなりました。
久保菜穂子さんが育った剣道場は、伝統ある柳生新陰流(やぎゅうしんかげりゅう)です。柳生新陰流は時代劇でもよく聞く流儀で、天才剣士と謳われる柳生十兵衛を輩出した事でも有名です。
久保菜穂子さんが剣道を習っていたというはっきりとした情報はありませんが、一部では剣道は得意だったという情報もあります。道場主の娘として育ったなら、剣道を教え込まれていた可能性はあります。
実際、久保菜穂子さんは時代劇や任侠映画への出演が多く、剣道場主の娘として育った経験がその演技に生かされていたのかもしれません。
久保菜穂子さんが出演した作品として記録が残っている中で最も古いのは、1952年製作の「芸者ワルツ」という映画です。新東宝の映画で、旧華族でありながら現在は没落してしまった家を支えるため、家族に偽って芸者として働く女性を描いた物語です。
久保菜穂子さんの転機となったのは、1958年に映画「女王蜂」女博師・お竜として主演した事でした。続いて女組長役の「女王蜂の怒り」にも出演、彼女の演技は後女性任侠映画に大きな影響を与えました。以降は多くの映画に出演、特撮ものや現代ものもこなす実力派女優としての地位を築きます。
久保菜穂子のプライベートについては、明らかになっていない部分の方が多いです。当時はインターネットがありませんでしたから、本人達がマスコミを通じて明らかにする情報がほぼ全てでした。久保菜穂子さん自身がプライベートを明かす事を避けていた可能性があります。
僅かですがインターネット上で出ている情報によると、久保菜穂子さんは結婚のため引退したが、夫と死別したため芸能界に戻ってきたという話があります。
公式記録だと久保菜穂子さんは1970年に引退し、1977年に復帰とありますから、1970年前後に結婚し、1977年より前に夫と死別している、という事になりそうです。
久保菜穂子さんについて、夫や子供、再婚についての情報は見当たりませんでした。夫は一般人だった可能性があります。また子供についても情報は乏しく、結婚生活も短い間だったようですから、再婚もしていないなら子供はいない可能性が高いです。
久保菜穂子さんについて、活躍していた昭和時代や現在においても、久保菜穂子以外の芸名があった事や別の芸名に改名した情報は見当たりません。
長らく姿を見せていなかった久保菜穂子さんですが、2013年に都内で開催されたトークショー「復活!!久保菜穂子」に出演されました。この時は元気なお姿を見せていたとの事です。このトークショーにも久保菜穂子の名前で出ていますから、別名義があるとは考えにくいでしょう。
久保菜穂子さんは昭和を代表する女優ですが、その美しさは今でも十分に通用するものです。特に「女王蜂」、「女王蜂の怒り」の彼女はその後の任侠作品に大きな影響を与える程でした。
どちらも、今見ても充分に楽しめる映画です。
また、共演した俳優、女優も非常に豪華です。今は古い映画でもDVDやブルーレイ作品になっていますから、一度作品を見てもいいでしょう。大物俳優の若かりし頃の姿を見るのも楽しみの一つです。
最近は姿を見なくなってしまった久保菜穂子ですが、彼女が素晴らしい女優だった事実は変わりません。
高齢のため、姿を見せないのは病気療養中だからではという噂もあります。もしそうなら是非元気になって、映画に復帰してもらいたいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b2-32/landberk2000/folder/1123374/95/66064895/img_0?1366631573