Tbb0e38w85th7nxlm6hu

俳優

CATEGORY | 俳優

倉田保昭の現在!妻や息子は?空手が凄い!千葉真一との関係は!

2019.06.03

日本のアクション俳優といえば「倉田保昭」さん!倉田保昭さんは結婚し、妻、息子に恵まれ、大好きな空手を教えているのでしょうか?俳優の千葉真一さんとのつながりとは?今現在は日本ではなく、香港に住んでいるのかなど、調査しました!

  1. 倉田保昭のプロフィール
  2. 倉田保昭は、あのブルース・リーを知る日本人!
  3. 倉田保昭のは、あのジャッキー・チェンとも共演している?!
  4. 倉田保昭は、結婚しているのか?
  5. 倉田保昭に子供はいるのか?
  6. 倉田保昭は、どのような活動をしているの?
  7. 倉田保昭は、あの千葉真一と仲がいいの?
  8. 倉田保昭は、今現在、香港に住んでいるの?
  9. 倉田保昭は、シングルやアルバムをリリースしているの?
  10. 倉田保昭さんは今も昔もかっこいい!!!
本名:倉田保昭、生年月日:1946年3月20日、出身地:茨城県、血液型:O型、身長:173cm。最終学歴は、日本大学芸術学部演劇学科を卒業。空手七段、柔道三段、合気道二段と格闘家としても有名です。1966年にテレビドラマ「丸出だめ夫」で芸能界デビューを果たしています。
1967年には「続・組織暴力」で映画デビューをしをしており、1971年には香港映画界へ足を踏み入れ、カンフー映画「悪客」で香港映画デビューもしています。行動する力が素晴らしく、どんなことでも挑戦をして自分の道を切り開いている倉田保昭さんは、世界的に認められているのがわかりますよね。
「ドラゴン怒りの鉄拳」でブルース・リーにヌンチャクをプレゼントした日本人として、有名な話があります。当時、盟友として倉田保昭さんはブルース・リーと仲が良かったと報道されていましたが、実際のところは、神のような存在だったと明かしています。「ヌンチャクといえばブルース・リー」という概念は、倉田保昭さんが作ったようなものですが、実は、最初にヌンチャクを使用していたのは、倉田保昭さんのほうが早かったといえますよね。
当時、最先端を行っていた倉田保昭さんがプレゼントしたヌンチャクを、ブルースリーさんの代名詞になっているのは、本当にすごいことですよね。武道の道では、倉田保昭さんは神のような存在なのがわかりますよね。
倉田保昭さんは、香港でも大変有名なアクション俳優で、映画は100本以上も出演されています。なんとあの有名なジャッキー・チェンとも「七福星」で共演を果たしており、日本を代表するアクションスターといっても過言ではありません。カンフー映画ファンにとって、倉田保昭さんは神のような存在なのですね。
香港映画で成功した倉田保昭さんは、香港の大スターとして有名です。とにかくモテたことでしょう!そんな素敵な倉田保昭さんは結婚しているのか、とても興味がありますよね。ご結婚はされているようですが、詳細がほとんどわからず、どのような方との結婚をされているかは、不明な部分が多いようです。今現在で、離婚されている形跡もなさそうです。
とにかく、日本に香港に大活躍されている倉田保昭さんなので、結婚をして家庭をもっているイメージがありませんよね。結婚をして普通の家庭を築いている優しいパパというよりは、やはりアクションスターで世界を飛び回っているイメージが強いですよね。
倉田保昭さんの私生活は、いろいろ調べてみたところ全くといっていいほど、情報がありません。現在は、ご自身の芸能プロダクション「株式会社 倉田プロモーション」を立ち上げ、空手道場や子供に対しての武道のすばらしさを教える学び舎も併設して、活躍されています。
残念なことに、妻の存在が不明な分、子供についても情報が見つかりませんでした。倉田てつをさんという方が、倉田保昭さんの息子さんなのでは?という説もあったようですが、事実ではないようです。子供がいるいないどちらにしろ、結婚はされているようなので、もしかすると子供の存在を隠しているのでは?という説もありました。芸能人らしく、私生活を見せないのというファンへの配慮も素敵ですよね。
倉田保昭さんは、数多くの映画にも出演されていますが、その中でもVシネマや格闘技の世界を表現した強面の役を演じています。とても優しく面倒みが良い倉田保昭さんゆえに、役柄とは全く違ったギャップが素敵といえます。
「帰って来たドラゴン」は、倉田保昭さんという俳優を世に知らしめた作品となりました。また、香港では「少林寺VS忍者」で倉田保昭という日本人俳優の知名度を一気に頂点へと導きました。日本でも「ぼくらの七日間戦争」では、体育教師の役を演じ一躍有名となります。1989年には自ら企画、原案、プロデュースした「ファイナルファイト」は、世界50ヶ国で劇場公開され大ヒットとなりました。
2009年には、ジャッキー・チェン主演映画「新宿事件 -SHINJUKU INCIDENT-」で夢の共演を果たし話題を集めました。現在(23018年5月現時点)で72歳という年齢にも拘わらず、力強い演技力でこれからも沢山の映画に出演し続けるようです。また、創造芸術学部芸術学科客員教授を務めていたこともあり、人生は全力で走り続けていればどんなことでも夢はかなう!と生き証人的に表現をしているといえますよね。
同じアクション俳優として有名なのが、千葉真一さんですが、倉田保昭さんとの接点は多いにあるようです。仲がいい二人というよりは、先輩後輩の仲で、倉田保昭さんにとってあこがれの存在でもあるようです。
年齢は7つも離れているので、武道の世界では大先輩の大先輩という感覚ですよね。年功序列は絶対な世界なので、倉田保昭さんが千葉真一さんを立てる形をとっていることでしょう。なんと、その二人が映画「マスターオブサンダー 決戦!!封魔龍虎伝」で夢のコラボタッグが組まれました。これは、ファンの方がとても楽しみにしていた共演者とあり、かなりの注目を集めました。ちなみに、千葉真一さんにはとてもハンサムな息子さんがいます。昔の千葉真一さんにそっくりですよね。
倉田保昭さんは、今現在(2018年5月時点)は、日本で子供達に武道を教える講師として活躍されています。ご自身のプロダクションを立ち上げ、アクション俳優の育成などにも力を入れている反面、ご自身の映画出演にも積極的に活動されています。いつまでも、若々しくいられるのには、今を大切に全力で挑戦し続けているからなのでしょう。今の子供達に教えるべきことは、こういった強い精神をもって、自信をもって活躍していく努力に、成功の秘訣が隠されているのでしょう。
1975年にワーナー・パイオニアから、アルバムをリリースしている「こぼれ花」は、倉田保昭さんの最初で最後のアルバムのようです。あの有名な「闘え!ドラゴン」のエンディングテーマにも起用された「ロンリードラゴン」は、当時は爆発的な人気を誇っていたようです。まさか、あの強面の倉田保昭さんがミュージシャン活動もしていたという事実は、ちょっと驚きですよね。
倉田保昭さんは、結婚はされているようですが、子供の存在は明らかになっていません。日本や香港で大活躍されている倉田保昭さんは、私生活を明かさずにファンを大切にするアクションスターといえます。昔の古き良き時代の美学をもって、今でも武道の道を切り開いていく倉田保昭さんは、どの世代からも愛される日本の誇りです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhWIl0sFORS/?tagged=%E5%80%89%E7%94%B0%E4%BF%9D%E6%98%AD