Prhcadp6m2hntyswdmft

グルメ

CATEGORY | グルメ

コーヒーリキュールのおすすめ商品10選!作り方や使い方も総まとめ!

2018.02.12

コーヒーの豊かな香りとを味わえるコーヒーリキュールはカクテルによく使われており、作り方によっていろんな味を楽しむことができます。コーヒーとアルコールどちらも好んで飲む方にはピッタリのコーヒーリキュール。そんなコーヒーリキュールのおすすめ10選をご紹介します!

  1. 人気のコーヒーリキュール10選
  2. 1.カルーア コーヒーリキュール
  3. 2.アマヤ
  4. 3.エクリッセ・エスプレッソ
  5. 4.パトロンXOカフェ
  6. 5.ティア・マリアコーヒーリキュール
  7. 6.永昌源 珈琲酒
  8. 7.アイリッシュ・ベルベット
  9. 8.ボルスコーヒー
  10. 9.南都酒造所 35コーヒーリキュール
  11. 10.久米仙酒造 泡盛コーヒー
  12. コーヒーリキュールを使ったカクテルランキング
  13. 堂々のランキング1位 カルーア ミルク
  14. 2位 ティファナ・コーヒー
  15. 3位 ブラック・ルシアン
  16. 4位 カルーアソーダ
  17. 手軽に楽しめるコーヒーリキュールを使ったカクテル
コーヒーリキュールはいろんな種類のものがあり、それぞれ違った特徴を持っています。コーヒーの独特の香りを十分に楽しむことができる幅広い世代から人気を集めているコーヒーリキュールをご紹介します!
コーヒーリキュールの中では一番ポピュラーな商品ともいえるのが、カルーア コーヒーリキュールです。スーパーなどでも取り揃えられており、どこに行っても比較的に簡単に手に入る定番のコーヒーリキュールです。カルーア コーヒーリキュールを使った代表的なカクテル、カルーアミルクは甘くて飲みやすいことから女性からの支持も多く、好きなコーヒーリキュールランキングの上位となっています。
アルコール度数20% 参考値段 1,055円(税込)
フランスが生産国のコーヒーリキュール、アマヤは香りの深いブランデーをベースとしたリキュールとなっています。焙煎されたコーヒー豆に中性スピリッツを通してリキュールに仕上げています。こちらのアマヤは、フランスを代表とするコーヒーリキュールとなっていることでも有名です。
アルコール度数26度 参考値段 3,170円(税込)
コーヒー独特の苦みが強く感じられるこちらのエクリッセ・エスプレッソは、イタリアのディスティラリー・フランチャコルタ社で作られており、イタリアの伝統的なエスプレッソマシンで作られている本格的なエスプレッソを使ったコーヒーリキュールとなっています。コーヒーの渋みを十分に味わうことができ、コーヒーの味をじっくりと楽しみたい方におすすめです。
アルコール度数21% 参考値段 1,954円(税込)
他のコーヒーリキュールと比べてアルコール度数の高いパトロンXOカフェです。100%天然のコーヒーエッセンスとテキーラをブレンドさせてつくられており、甘さを控えたドライな辛口の口当たりで大人の味に仕上がっているコーヒーリキュールです。
アルコール度数31度 参考値段 2,324円 (税込)
ラム酒やブルーマウンテンの産地として知られているジャマイカで作られたTia Mariaは、焙煎されたコーヒーにサトウキビで作られた中性スピリッツを通して作られています。コーヒーの風味をしっかりと味わうことができるリキュールとなっています。
アルコール度数26.5度 参考値段 2,660円(税込)
コーヒー豆をお酒に漬け込む、浸漬(しんせき)製法という方法で作られたコーヒーリキュール珈琲酒は、甘さを控えたまろやかな口当たりが特徴的で、値段も買いやすいお手頃な値段となっているので自宅でお酒を楽しみたいときにもピッタリのリキュールです。
アルコール度数 17% 参考値段 300ml 523円(税込)
アイリッシュウイスキーがベースとなっているアイリッシュ・ベルベットは、アイルランドで生まれたコーヒーリキュールです。アイリッシュ・ベルベットにお湯を入れるだけの簡単な作り方で、誰でも自宅で簡単にアイルランドのコーヒーカクテル「アイリッシュコーヒー」を楽しむことができます。
アルコール度数20% 参考値段 2,678円(税込)
品質の高いオランダ・ボルス社のコーヒーリキュールであるボルスコーヒーは、コロンビア産の豆を使用しています。マイルドな甘さをもつこちらのボルスコーヒーはロックやカクテルなど作り方次第でいろいろ味を楽しむことができるコーヒーリキュールです。
アルコール度数24% 参考値段 1,740円(税別)
35という文字が際立つボトルデザインがオシャレな南都酒造所 35コーヒーリキュールです。アルコール度数は12%とあまり高くはないリキュールとなっています。南都酒造所 35コーヒーリキュールは、焙煎熟成されたコーヒー豆を泡盛に入れてコーヒーエキスを抽出するという方法で作られたというところが、このリキュールの特徴となっています。
南都酒造所 35コーヒーリキュールは甘さが控えめになっているので、しっかりとコーヒーの香りと味を楽しみたい方におすすめのリキュールです。
アルコール度数 12% 参考値段 1,512円(税込)
お酒好きにはたまらない泡盛をベースにして作られた久米仙酒造 泡盛コーヒーです。このリキュールの中には黒糖も入っており、コーヒー独特の苦みと程よい甘さがクセになるコーヒーリキュールとなっています。甘さも程よくあるので、泡盛を飲むのは少し抵抗がある方や、泡盛をまだ飲んだことのない方でも試しやすいリキュールです。
アルコール度数 12% 参考値段1,080円(税込)
よく行く居酒屋やバーなどではいろんな種類のカクテルを置いていますが、カクテルの中でもコーヒーリキュールを使ったカクテルはいろんな味があり、幅広い世代から人気を呼んでいるカクテルとなっています。コーヒーリキュールさえあれば、簡単なレシピで自宅でも手軽に作って楽しむことのできる、コーヒーリキュールを使った人気カクテルランキングをご紹介します!
カルーア コーヒーリキュールを使ったカクテルの代表といえばカルーアミルクです!一度は飲んでみたことがあるという方がほとんどではないでしょうか?甘くてとても飲みやすいカルーアミルクは女性からの人気も高くなっていますよね。コーヒーリキュールを使ったカクテルランキング1位なのも納得のいく美味しさとなっています。
飲みやすいからといってゴクゴクとたくさん飲んでしまいがちのカルーアミルクですが、アルコール度数は低いものではないので注意が必要です!

カルーアミルクの作り方

カルーアミルクの一般的な作り方は、氷をの入っているグラスに「カルーア:牛乳=1:3」の割合でいれます。
基本的な作り方はカルーア:牛乳=1:3の割合ですが、甘さを控えめにしたいときは牛乳を多く入れてみたりと自分なりの作り方を試してみるのも良いかもしれませんね。
ランキング2位にあがったのはティファナ・コーヒーです。ティファナ・コーヒーはコーヒーリキュールにホットコーヒーを混ぜてできたカクテルとなっています。仕上げにホイップクリームを乗せるのがポイントです。温かいカクテルなので寒い冬の季節にもってこいのティファナ・コーヒーです。ほっと一息つきたいときに飲みたいカクテルです。

ティファナ・コーヒーの作り方

作り方はコップに、お好みのコーヒーリキュール30ml、ホットコーヒー100mlをいれて仕上げにホイップクリームをのせます。シナモンがお好きの方はシナモンパウダーを加えても良しです。
ランキング3位のブラック・ルシアンはコーヒーリキュールとウォッカを混ぜ合わせたカクテルです。ベースがウォッカなのでアルコール度数が少し高めのカクテルです。ブラック・ルシアンは、コーヒーリキュールの香りと甘さを楽しむことのできるとコーヒー好きの人からの人気も高くランキング上位にとなっています!

ブラック・ルシアンの作り方

氷の入ったグラスにウォッカ40ml、コーヒーリキュール20mlの割合で入れます。ウォッカとコーヒーリキュールの2種類を使ったカクテルがブラック・ルシアンですが、仕上げに生クリームをのせると「ホワイト・ルシアン」というカクテルになります。
カルーアといえばカルーアミルクといった甘めのカクテルのイメージがありますが、コーヒーリキュールにソーダを加えるだけで一気に爽やかなカクテルに大変身します。スッキリ系のものが飲みたいときにおすすめのカクテルです!

カルーアソーダの作り方

氷を入れたコップにお好きなコーヒーリキュールをいれ、その上からソーダを注いでいきます。子k-ヒーリキュールとソーダをよく混ぜたら完成です!爽やかさをプラスしたいときはレモンを添えてもおいしく仕上がります。
いかがでしたか?コーヒーリキュールにはいろんな種類のものがあるので、自分好みのものを探してみるのも良いかもしれません。コーヒーリキュールを使ったカクテルは比較的に飲みやすいものが多いので、まだ飲んでみたことのないカクテルがある方はぜひこの機会に試してみてください!きっと自分に合ったカクテルが見つかるはすです。