Ntamiwl7i0xcmk5wmaf9

歌手

CATEGORY | 歌手

宇崎竜童の現在!妻は阿木燿子!本名は?年齢は?代表曲は?

2018.05.18

宇崎竜童さんの現在や妻の阿木耀子さんとの作品が気になります!宇崎竜童さんは現在はどういった活動をしているのでしょうか?宇崎竜童さんの代表曲や阿木耀子さんとの出会い、山口百恵さんとの音楽作りのことなど、ロック界を代表する宇崎竜童さんについて学んでいきましょう!

  1. 【宇崎竜童の現在】プロフィール
  2. 【宇崎竜童の現在】代表曲
  3. 【宇崎竜童の現在】宇崎竜童の本名は?
  4. 【宇崎竜童の現在】結婚
  5. 【宇崎竜童の現在】妻の阿木燿子は作詞家
  6. 【宇崎竜童の現在】山口百恵との出会い
  7. 【宇崎竜童の現在】夫婦で山口百恵を支えた!
  8. 【宇崎竜童の現在】現在の活動
  9. 【宇崎竜童の現在】夫婦で趣味は英会話
  10. 【宇崎竜童の現在】オシドリ夫婦の宇崎竜童と阿木燿子
宇崎竜童さんは日本を代表するロック歌手であり、作曲家で俳優、映画監督などをこなすマルチタレントな音楽家です。宇崎竜童さんは1946年2月23日生まれで現在は72歳になります。出身は京都府京都市で明治大学法学部を卒業しています。
日本のロック界を背負ってきた作曲家で俳優の宇崎竜童さんの今現在や代表作品、妻の阿木燿子さんとの出会いなどが気になります。宇崎竜童さんの代表作品から有名作品、今現在の活動や趣味などを深堀していきましょう!
宇崎竜童さんといえば日本のロックミュージックを作り上げてきた第一人者として有名ですが、数々の代表曲があります。宇崎竜童さんの代表曲の一つが「ララバイ・オブ・ユー」です。他にも「空と海と星と」や「悲しき口笛」などの代表曲があります。
代表曲「知らず知らずのうちに」や「スモーキン’ブギ」は死ぬ前に一度は聴いておくべき名曲と言われています。数多くの代表曲を作り出した宇崎竜童さんは自身が歌う歌だけでなく、数多くのアーティストに向けて代表曲を作り出しています。
数多くの代表曲やヒット曲を作り出したロック音楽の天才と言われる宇崎竜童さんですが、名前のインパクトがとても強く存在感があります。宇崎竜童と聞くと、同じような名前の人はそうそう見つかる事はないでしょう。しかし、宇崎竜童さんとは芸名となります。
宇崎竜童さんの本名は木村修司さんです。本名の木村修司さんという名前からは想像ができないほどインパクトのある芸名の宇崎竜童さんですが、本名の木村修司さんとのギャップがとても素敵です。本名を使わずにロック世界にふさわしい芸名をつけた事で宇崎竜童さんという名前が不動の物になりました。
本名が木村修司さんととても親しみやすい名前の宇崎竜童さんですが、結婚して幸せな家庭生活を築いています。宇崎竜童さんは1971年に阿木燿子さんと結婚しています。妻である阿木燿子さんとはとても仲良しでオシドリ夫婦としても有名です。
宇崎竜童さんも阿木燿子さんも音楽に精通する仕事をしているので、お互いの事をよく理解している夫婦です。長年連れ添ってきた夫婦ですが、宇崎竜童さんも阿木燿子さんも年齢を感じさせないほど若々しく健康的な体をキープしています。
宇崎竜童さんは年齢を感じさせないほど若々しい事で有名ですが、妻の阿木燿子さんもとても美しく年齢を感じさせません。宇崎竜童さんの妻の阿木燿子さんは1945年5月1日生まれで現在73歳です。妻の阿木燿子さんは作詞家で小説家、女優でもあります。
妻の阿木燿子さんとの仲の良さが有名な宇崎竜童さんですが、夫婦揃って音楽や芸術に長けている夫婦で、妻の阿木燿子さんは2006年の11月3日に紫綬褒章を受章しています。紫綬褒章とは「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与される名誉ある賞です。
年齢を感じさせない若々しさをキープしている宇崎竜童さんと阿木燿子さん夫婦は山口百恵さんとの出会いによって大きな転換期を迎えています。宇崎竜童さんと妻の阿木燿子さんは「作詞阿木・作曲宇崎」コンビとして有名で、この2人によって山口百恵さんの全盛期の曲が生み出されました。
山口百恵さんといえば知らない人がいないほど有名な歌手で女優さんです。今ではアイドルという職種の人がたくさんいますが、当時は本当に一握りの人しかなれなかった憧れの存在です。そんな山口百恵さんを音楽面で全面的に支えてきたのが「作詞阿木・作曲宇崎」コンビになります。
山口百恵さんの代表曲である「横須賀ストーリー」が三人の出会いでした。当時すでにトップアイドルの座に君臨していた山口百恵さんが自ら宇崎竜童さんと阿木耀子さんに曲を頼んだと言われています。トップアイドルになったからこその自身のイメージと曲の作りへの違和感が山口百恵さんを宇崎竜童さんと阿木耀子に引き合せました。
山口百恵さんの「横須賀ストーリー」が大ヒット曲となった事で宇崎竜童さんと阿木耀子さんの人生は一転します。「イミテイション・ゴールド」や「プレイバックPart2」など山口百恵さんの代表曲を世に送り出してきました。
山口百恵さんは当時アイドルとしてトップの世界に君臨していましたが、10代のアイドルにとって転換期という物をとても重要になります。可愛らしいあどけなさの残る年齢から女性へと転身していく年齢になった時に、宇崎竜童さんの曲と阿木耀子さんの歌詞が山口百恵さんのイメージにぴったりと一致したのでしょう。
宇崎竜童さんは現在もイベントやコンサートなどで活躍しています。2017年6月9日にコンサートを行っています。とても若々しく年齢を感じさせない宇崎竜童さんですが、これからも音楽活動に力を注いでいく事が期待されます。
ダウン・タウン・ブギウギ・バンドで活躍していた頃の代表曲である「スモーキン・ブギ」や「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」などをコンサートで演奏する時はファンにとってとても喜ばしく貴重な瞬間です。
宇崎竜童さんはコンサートなどで今でも活躍していますが、宇崎竜童さんにとって運命的なパートナーとなった阿木耀子さんとは英会話で夫婦の仲を深めています。年齢に関係なく新しい事に挑戦する姿勢を忘れない2人は70代になってから英会話教室に通うことにしました。
宇崎竜童さんも阿木耀子さんも音楽家なので英語のリスニングなどはとても得意なのでしょう。しかし宇崎竜童さんと阿木耀子さんの英会話教室には特徴があり、単語だけを使って話すというトレーニング方法があるようで、英単語を学ぶことで英会話を続ける方法に取り組んでいます。
年齢に関係なく新しいことに夫婦でチャレンジする精神はとても素敵です。仕事でもプライベートでも長い間支え合った2人にとって英会話教室に通うことはとても楽しい趣味になっています。宇崎竜童さんも阿木耀子さんも仕事や趣味を全力で楽しんでいるのでしょう。
本名が木村修司さんの宇崎竜童さんは作曲家でロック歌手として日本のロック音楽を作り出してきました。宇崎竜童さんの妻は阿木耀子さんで「作詞阿木・作曲宇崎」のコンビがいたからこそ山口百恵さんの数々の代表曲が生まれました。山口百恵さんの少しだけ暗いイメージにぴったりとハマった名曲が作詞阿木・作曲宇崎の「横須賀ストーリー」です。
山口百恵さんの代表曲を生み出した「作詞阿木・作曲宇崎」は「イミテイション・ゴールド」や「ロックンロール・ウィドウ」「プレイバック Part2」など日本の音楽の歴史を生み出していった夫婦です。宇崎竜童さんが作り出すロック音楽の仲に阿木耀子さんが綴る歌詞が入ることで他にはない音楽がどんどん生み出されていきました。
山口百恵さんにとっても宇崎竜童さんや阿木耀子さんにとっても掛け替えのない出会いとなった3人の伝説はこれからも語り継がれていくことでしょう。音楽というビジネスでもプライペートでもお互いを尊敬して支え合っている阿木耀子さんと宇崎竜童さんは誰もが羨む素敵な夫婦の鑑です!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BheJcWFAVNr/?tagged=%E5%AE%87%E5%B4%8E%E7%AB%9C%E7%AB%A5