Mic4t5o2ailifye7tzm4

俳優

CATEGORY | 俳優

市川右太衛門の息子は北大路欣也!家族や自宅の情報!映画にも出演していた?

2018.09.14

市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族や自宅の情報!昭和の時代劇スターの市川右太衛門さんについて紹介致します。紹介内容は「プロフィール」「人物」「家族や自宅の情報!」「スターの受賞歴」「息子、北大路欣也とは」「出演映画」などです。

  1. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】プロフィール
  2. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】人物
  3. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】家族情報!
  4. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】自宅情報!
  5. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】息子、北大路欣也とは
  6. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】映画『血斗水滸伝 怒涛の対決』
  7. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】映画『水戸黄門』
  8. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】映画『新選組血風録 近藤勇』
  9. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】映画『ちゃんばらグラフィティー 斬る!』
  10. 【市川右太衛門の息子はスター北大路欣也!家族、子供、出身】まとめ
市川右太衛門(いちかわうたえもん)さんは1907年2月25日に生まれ、1999年9月16日に92歳で亡くなられた元歌舞伎役者で映画俳優です。大阪府大阪市西区出身で、時代劇スターとして人気を獲得していました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DFoqQiqXkAQyLFz.jpg
今回はそんな、市川右太衛門さんについて紹介致します。紹介内容は「人物」「家族や自宅の情報!」「受賞歴」「息子、北大路欣也とは」「出演映画」などです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C8YRAKpUwAATyG7.jpg
市川右太衛門さんは5歳の頃から日本舞踊を習い始め、6歳の時には『菅原伝授手習鑑』に菅秀才役で初舞台に出演しています。小学校を卒業し、2代目市川右團次さんの弟子となり、市川右一(いちかわういち)として活動をスタートさせます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dczes6JU8AEJzxY.jpg
映画の世界に進出したのは1925年のことで映画監督の牧野省三さんが当時市川右一さんの評判を聞き映画出演を依頼します。それを承諾した市川歌右衛門(当時・市川右一)さんはマキノプロダクションへ入り、名を「市川右太衛門」とし、1925年12月25日に公開された映画『黒髪地獄』で主演を演じ、映画デビューしました。その後もマキノプロダクションで多くの作品に出演するようになりました。
1927年にはマキノプロダクションを退社し、市川右太衛門プロダクションを設立しました。それからも戦前の映画に多く出演するようになります。
戦後はチャンバラ映画の製作が規制された日本で、市川右太衛門さんは時代劇にも出演するようになり、時代劇においても主演映画に多く出演していました。市川右太衛門さんの代表作品は『旗本退屈男』で、早乙女主水之介役を演じ『時代劇のスター』と呼ばれるようになりました。
そんな、市川右太衛門さんは1999年9月16日に老衰のため、92歳で亡くなりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DTGZ8DKU8AAJcAE.jpg

家族情報

市川右太衛門さんの息子は俳優の北大路欣也さんで、実の兄は全勝キネマ設立者の山口天龍さんです。
息子の北大路欣也さんは次男となっているので、長男がいることはわかっています。しかし、一般の方のようで、名前などは公開されていませんでした。また、奥さんの情報もありませんでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DWrHpVTUMAEtJS-.jpg

自宅情報

市川右太衛門さんの自宅を調べていると、亡くなられた場所が千葉県館山市となっていました。自宅が館山市にあったのか調べると、自宅ではなく老人ホームでした。
市川右太衛門さんは最後の一年間は自宅ではなく、千葉県の海、山に囲まれた老人ホームで過ごしていたそうです。最初は老人ホームでの生活は拒んだそうですが、次第に慣れ老人ホームでも人気者だったそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C0GAS6dVQAAzqlg.jpg
市川右太衛門さんの息子の北大路欣也さんは1943年2月23日生まれの75歳で京都府出身の俳優です。北大路欣也とは芸名で父の市川右太衛門さんが『北大路の御大』と言われていたため、北大路という芸名にしたそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/BlkKDbKCIAAh5vP.jpg
息子の北大路欣也さんも俳優で、父の代表作品『旗本退屈男シリーズ』にも出演しています。時代劇も多く出演していますが、現代劇も出演しています。
現在は夫婦で介護付き有料老人ホームに入居していますが、作品には出演しているので体調を崩しているわけではなさそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdJ3NULVwAA-V_6.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/Ddcgw1pV0AAc0-1.jpg
映画『血斗水滸伝 怒涛の対決』は1959年8月9日に公開された映画です。市川右太衛門さんは主演の笹川繁蔵役で出演しました。他には中村錦之助さん、大川橋蔵さん、大川橋蔵さん、美空ひばりさん、片岡千恵蔵さんなどが出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CGEe3e6VIAA1Pcj.jpg
【内容】峰岸義一の小説『丁半』を原作として「独眼竜政宗」の高岩肇が脚本を書き「旗本退屈男 謎の大文字」の佐々木康が監督。「天保水滸伝」の映画化で、東映のオールスターキャストが顔をそろえた。  飯岡助五郎一家と笹川繁蔵一家は利根川をはさんで対立していた。助五郎はことあるごとに繁蔵一家にちょっかいを出し、それが元で争いが絶えなかった。国定忠治が花会を開催するが、助五郎は仮病で欠席。怒った忠治は助五郎にむりやり繁蔵との和睦を承知させ手打ち式を済ませるが、助五郎のいやがらせはとどまることを知らなかった。ついに繁蔵の怒りは頂点に達し、一家を挙げて助五郎一家を倒すことにするのだが…。

映画『水戸黄門』は1960年8月7日に公開された映画です。月形龍之介さん、東千代之介さん、中村賀津雄さん、中村錦之助さん、大川橋蔵さんなどが出演しています。市川右太衛門さんは紀伊大納言光貞役で出演していました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C8MuyV1UMAAE0Vv.jpg
【内容】名優・月形龍之介の映画生活三十八年を記念して製作された日本映画史上空前の超大作。主演級スター数十名がずらり顔を揃えた壮観さ、絢爛豪華とは、まさにこの作品のためにあるといっても過言ではない! 極めつけ、月形龍之介の水戸黄門が、徳川幕府転覆の大陰謀と対決。お馴染み、助さん・格さんをお供に、波瀾万丈の大活躍を繰り広げる物語。東映時代劇全盛期の最大のヒット作となった本作は、水戸黄門の決定版といわれ、いまだに語り継がれる娯楽時代劇の名作である。

映画『新選組血風録 近藤勇』は1963年5月12日に公開された映画です。市川右太衛門さんは主演の近藤勇役を演じました。他には加藤武さん、佐藤慶さん、品川隆二さんなどが出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C7VH68oVsAEQ2PF.jpg
【内容】元治元年六月、新選組は倒幕派志士二十余名が結集する池田屋に凄絶な斬り込みをかけた。蛤御門の変の後、幕府に長州征討の勅命が下るも、将軍家茂は上洛の気配を見せず、京の町には再び不穏な空気が流れていた。近藤は力の限り新選組によって治安を守ることを決意する。伊東甲子太郎が篠原泰之進他八名を連れて新選組に入隊したのはこの頃だった。慶応元年、新選組は総勢百五十名に達し、近藤は組織を守る為「局中法度」「軍中法度」など鉄の規則を敷いた。

映画『ちゃんばらグラフィティー 斬る!』は1981年4月11日に公開された映画です。尾上松之助さん、片岡千恵蔵さん、大友柳太朗さんなどが出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Ck8sS_dUoAA0xVT.jpg
【内容】東映創立三十周年を記念して製作された時代劇バラエティ作品。1920年代から1970年代までに公開された東映時代劇800本の中から100本を厳選し、名場面をダイジェストで見ることができる。また作品と作品との間には、往年の時代劇スターたちのインタビュー映像も。

引用: https://pbs.twimg.com/media/Cz2kT2IUQAAW4w_.jpg
今回、昭和の時代劇スターの市川右太衛門さんについて紹介致しました。市川右太衛門さんの次男が俳優の北大路欣也さんでした。他の家族情報などは残念ながら公開されていませんでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DTqaNvYUQAAHkbn.jpg
受賞歴もすごく、1961年に牧野省三賞を受賞、1972年に紫綬褒章を受賞、1979年に勲四等旭日小綬章を受賞しております。
市川右太衛門さんはこれまで多くの作品に出演してきました。しかも、そのほとんどが主演で、『旗本退屈男』は約30年間続いた人気作品でした。この作品での人気もあり、『時代劇スター』と呼ばれ活躍していました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DTQmjqBVQAA7MBO.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DOxO5bcUMAA2QqV.jpg