Hmi8myyennbyw4ditpjk

俳優

CATEGORY | 俳優

逸見太郎の結婚・子供・自宅・学歴・母・父・家族の情報まとめ!

2018.05.18

逸見太郎の結婚・子供・自宅・学歴・母・父・家族の情報まとめ!二世タレントの逸見太郎さんについて紹介致します。紹介内容は「プロフィール」「経歴」「結婚は?子供は?」「家族の情報は?自宅」「筋肉?花火?」「出演作品」などです。

  1. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】プロフィール
  2. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】経歴
  3. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】結婚は?子供は?
  4. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】家族の情報は?
  5. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】筋肉?花火?
  6. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】花火?
  7. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】映画『HANA-BI』
  8. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】ドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』
  9. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】ドラマ『スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜』
  10. 【逸見太郎の結婚・子供・自宅は?】まとめ
逸見太郎(いつみたろう)さんは1972年12月24日生まれの45歳で東京都出身の俳優、タレント、司会者です。身長は176㎝で、趣味は野球だそうです。大の阪神ファンとしても知られています。
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1526459162/hmi8myyennbyw4ditpjk.jpg
そんな、逸見太郎さんについて紹介致します。紹介内容は「経歴」「結婚は?子供は?」「家族の情報は?」「筋肉?花火?」「出演作品」などです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DGDiay0UAAAB0No.jpg
逸見太郎さんはフリーアナウンサーとして活躍していた逸見政孝さんの長男です。15歳でイギリスに留学し、その後、アメリカのエマーソン大学を卒業しています。帰国した1999年に北野武さんの映画『HANA-BI』で俳優デビューしました。その後はドラマ・舞台に出演したり、スポーツが好きなことからスポーツ番組で活躍するようになりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DcVT2suU8AAruNr.jpg
2009年1月から『5時に夢中!』の司会に抜擢され2012年3月31日に卒業しました。その後もバラエティ番組中心に多くの番組に出演するようになり、現在は『福島まるごとライブヨジデス』の司会を務めています!
引用: https://pbs.twimg.com/media/C97tQrzVoAAYw2M.jpg
逸見太郎さんは『5時に夢中!』を卒業してから、他の番組も交番になってしまいレギュラー番組がラジオ番組のみになってしまった時期があります。その時の収入は派遣社員並みの給料であることを『有吉ジャポン』で語っていました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/ApSSIcdCEAAO7n7.jpg
そんな時の2013年1月23日に逸見太郎さんは一般女性と結婚したそうです。結婚相手の情報はほとんどありませんでした。また、子供の情報も同じく不明でした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/BEaejQtCYAIFg93.jpg

父親:逸見政孝

引用: https://pbs.twimg.com/media/DdJM9VDX4AA3iEF.jpg
先ほども紹介致しましたが逸見太郎さんの父親はフリーアナウンサーの逸見政孝さんです。逸見政孝さんは元フジテレビアナウンサーで『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『たけし・逸見の平成教育委員会』などに出演していました。父親の逸見政孝さんは1993年に胃がんのため亡くなりました。逸見政孝さんは世田谷に12億円の豪邸を建てており、亡くなったことによりその維持費が大変だということを『爆報!THEフライデー』に出演した時に語っていました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dc6xF8VUQAE9LD1.jpg

母親:逸見晴恵

引用: https://pbs.twimg.com/media/CiAmaYQUUAEXgTy.jpg
母親は逸見晴恵さんで、エッセイスト、起業家として活躍していました。母親の晴恵さんも亡くなっており、2010年10月25日に放送された『5時に夢中!』で母の晴恵さんが肺胞蛋白症で亡くなったということを報告していました。逸見政孝さんが亡くなったことにより自宅には莫大な維持費がかかっていたそうです。それを母親の晴恵さんが稼いで守ってきたそうです。

妹:逸見愛

妹は逸見愛さんで現在は女優、タレント、レポーターとして活動しています。趣味は絵画で「第24回世田谷区民絵画展」で銅賞を受賞するほどの実力があるそうです。

筋肉?

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/24/14/24/man-3256751_960_720.jpg
逸見太郎さんと検索すると「筋肉」というワードが上がってきました。逸見太郎さんの筋肉がすごいのかと思い調べてみましたが、そこまで凄い筋肉というわけではありませんでした。筋肉トレーニングをしているという情報もありませんでした。しかし、以前に『筋肉番付』に出演していたことが判明しました。おそらく『筋肉番付』に出演したことからこのワードが浮上したと考えられます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b6/ce/2e/b6ce2e78bde212030855ebd4a27f5f78.jpg

ある事をカミングアウトしていた!

筋肉について更に調べていると逸見太郎さんはある事をカミングアウトしているという記事に辿りつきましたので紹介致します。
そのある事とは「ゲイである!」という事でした。逸見太郎さんは度々ホモではないのかという疑惑が上がっていました。5時に夢中!でもゲイネタでミッツマングローブさんにいじられていましたし、バラエティ番組『ドラゴンレディ』に出演した際に「精神面で男性に惹かれる、肉体関係は持った事はない」とゲイは否定しませんでした。半分ネタではないかとも言われていますが男性に魅力を感じることはあるそうですね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLYHUSwUMAAkmUO.jpg
逸見太郎さんも検索すると「花火」といいうワードも浮上してきます。この「花火」は逸見太郎さんの俳優デビュー作品の『HANA-BI』からきていると考えられます。映画の花火は漢字ではなくローマ字ですがデビュー作品の映画が花火であることから浮上したワードでした。
映画『HANA-BI』は1998年1月24日に日本で公開された映画です。主演はビートたけしさん、岸本加世子さんです。逸見太郎さんは永井刑事役で出演しました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DdMBR2jXkAMlns1.jpg
【あらすじ】追われる身の刑事とその妻の逃亡劇を、これまでの乾いた視点から一転、叙情的な描写で挑む。バイオレンス・シーンの後の静寂など、“静と動”の見事な対比を通し、監督の死生観を浮き彫りにした手腕はさすが。また月夜に照らされた雪の青白さや、駅構内の緑がかった色彩など、凝った映像美も見どころ。ビートたけし、岸本加世子、大杉漣、寺島進共演。人生を走り続けてきた刑事・大西。彼が不治の病の妻を見舞う中、同僚の友人が犯人逮捕の際に大西の身代わりとなって撃たれてしまう。妻や子に逃げられ、半身不随で仕事も解雇された友人に言葉もない大西。さまざまな人への“想い”に駆られた彼は、銀行強盗を決意するが・・・。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DcqTI5bUQAUDcMH.jpg
ドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』は2006年7月8日から9月16日まで放送されていたドラマです。長瀬智也さん、手越祐也さん、田中聖さん、新垣結衣さん、市村正親さんなどが出演しています。逸見太郎さんは北極会幹部役で出演しました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DWj0q2TVAAIaogf.jpg
【あらすじ】「関東鋭牙会」の若頭、榊真喜男・27歳。ヤクザの組長を父に持つ真喜男は、次代組長を目指すもまともに学校へ通ったことがないために簡単な四則計算さえできず漢字も書けない。ケンカは強いが学力は小学生以下であった。握力は180kgあるが90秒以上考える事ができないため、香港での取引で交渉が決裂し組に大損害を与えてしまう。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DcwscXiU8AAlMCg.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/DBKHHByUQAISRd0.jpg
ドラマ『スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜』は2007年10月16日から12月18日まで放送されていたドラマです。上川隆也さん、成宮寛貴さん、劇団ひとりさんなどが出演しています。逸見太郎さんは半田俊哉役で出演しました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dc7dBSaV4AA7yXM.jpg
【あらすじ】文房具メーカー『パロット文具』営業2課・課長代理を務める会社員・諏訪野大輔は、職場では直向きに働き、部下からは金払いの良い上司と評判だが、実はそのイメージを保つ為に、必死に面倒見の良いキャラを演じていた。ある日、大輔は、妻・真澄から娘の受験の為に、自身の小遣いを3万円にすると宣告されてしまう。その翌日、同じビルで働く加茂健司と時田秀喜から、お見合いパーティーのサクラのバイトに誘われた大輔は、そこで大学時代の元恋人・志摩子と再会を果たす。その一方で、大輔は会社の近くで時々見かける美女・香月絢菜のことも気になっていたが、IT関連会社社長・川瀬光充が現れて、平凡だった大輔の日常が、少しずつ変わり始める。

今回、タレントの逸見太郎さんについて紹介致しました。逸見太郎さんの父親は元フリーアナウンサーの逸見政孝さんで母親はエッセイストの逸見晴恵さんでした。父の政孝さんが亡くなられてから、豪邸の自宅を母の晴恵さんが守ってきました。母の晴恵さんも亡くなってしまいましたが、逸見太郎さんもその豪邸を守ろうと必死に頑張っているそうです。
逸見太郎さんは結婚していましたが、奥様は一般の方ということもあり、詳細などは公開されていませんでした。現在は、司会業が中心の逸見太郎さんですが過去には北野映画の『HANA-BI』にも出演していました!今後俳優としての仕事が増えるのか注目していきたいですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DK5be7oV4AAEip4.jpg