miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category芸能人

芦屋雁之助の兄弟・娘や息子(子供)は?死因は?性格は?山下清?

裸の大将でお馴染みの芦屋雁之助さんですが、芦屋雁之助さんに娘や息子はいたのでしょうか?また、兄弟にはどのような方がいらっしゃったのでしょうか。この記事では、娘や息子の有無や兄弟についてを詳しく調べてきたので、ご紹介していきたいと思います。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助のプロフィール

まずは芦屋雁之助さんの簡単なプロフィールからご紹介していきたいと思います。芦屋雁之助さんは1931年5月29日生まれで、2004年4月7日に72歳でお亡くなりになられました。芦屋雁之助さんの実家は京都で友禅染の染物屋を営んでいましたが、父親が芸人として活動し始めるばかりか、一座を組んで巡業の日々となります。芦屋雁之助さんは父親について芸をこなしながら、漫才師・五條家弁慶の弟子となり、前座として中国の服を着て手品をしたり師匠と漫才や芝居の舞台に立っていくようになります。
その後京都の京都新京極の富貴、大阪の戎橋松竹を中心に活躍されるようになり「若手漫才の有望株」といわれ将来を嘱望されますが、3、4年間コンビで活動したところで、演劇評論家の武智鉄二さんの勧めで漫才をやめ、1954年に開場した「OSミュージックホール」に入り、座付作者の花登筐さんのコントを演じるようになります。それ以来兄弟で喜劇役者に転身されるようになります。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の死因は?

芦屋雁之助さんの死因についてですが、芦屋雁之助さんは2004年の4月7日に、うっ血性心不全のため京都市の病院でお亡くなりになられました。うっ血性心不全とは、心臓のポンプ機能が不十分なために全身に血液を送り出すことができず、血液がうっ滞している状態のことになります。
芦屋雁之助さんは大食漢で、1994年頃からは持病の糖尿病が悪化していたらしいので、その辺りも関係しているのかもしれません。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の性格・人物像は?

芦屋雁之助さんの性格についてエピソードや詳しいことは分かりませんでしたが、人物像については少し書いてあったのでご紹介していきます。芦屋雁之助さんは毎日欠かさず飲むほどのコーヒー好きで、葬儀の際には参列者が焼香の代わりに小さな缶に入ったコーヒー豆をコーヒー樽に移し替えるといった方法がとられたようです。
また、弟と共に大食漢で知られ多い時で1日に5回もの食事をされていたそうです。それが原因で持病の糖尿病を患ったといわれていますが、「山下清の役作りのために体重を落とすわけにもいかなかった」と語っていたそうです。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助に娘や息子はいたの?

芦屋雁之助さんに息子さんはいませんが、娘さんが1人いらっしゃるようです。娘さんは「西部里菜」という名前で女優・歌手として活動をされています。「indigo blue」という音楽ユニットを結成されていましたが、現在は活動を休止されソロでの活動をされているそうです。
元々は父親の芦屋雁之助さんが出演されていた「裸の大将」に一緒に出演され、子役として活動をされていました。その後ミュージカル「アニー」に出演されたことがきっかけで歌うことに興味をもち、アーティストへの道を志すようになったそうです。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の兄弟は?

芦屋雁之助さんには弟が2人いらっしゃり、俳優の「芦屋小雁」さんと、同じく俳優の「芦屋雁平」さんがいらっしゃいます。芦屋雁平さんは2015年に亡くなられており、芦屋小雁さんは俳優として現在も活動されています。
芦屋小雁さんは兄の芦屋雁之助さんと初めの頃にお笑いをされており、その後芦屋雁之助さんと共に俳優の道へと進まれています。芦屋雁之助さんの死後は、芦屋雁之助さんに代わり舞台版の「裸の大将放浪記」で山下清役を演じられています。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の出演しているおすすめ作品①:サザエさんの脱線奥様

ここからは芦屋雁之助さんの出演されていたおすすめの作品をご紹介していきたいと思います。まず最初におすすめするのは、1959年に公開された映画「サザエさんの脱線奥様」になります。この映画は長谷川町子さんによる漫画が原作となっており、サザエさんがマスオさんを追って大阪に出発するも、トラブルに巻き込まれ…というストーリーになっています。
芦屋雁之助さんは「雁七(番頭)」役で出演されており、当時絶大な人気を誇ったTV番組「番頭はんと丁稚どん」から、芦屋雁之助さんや芦屋小雁さんが番組と同じ役で出演されました。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の出演しているおすすめ作品②:裸の大将放浪記

次におすすめするのは、1980年から1997年まで放送されていたドラマ「裸の大将放浪記」になります。このドラマは実在する人物「山下清」さんをモデルとしたドラマで、知的障害があるものの天才画家である山下清があてのない放浪の旅に出て、各地のいがみ合う人たちの人情を呼び覚まし、みんな仲良く納まって大団円となるというストーリーになっています。
芦屋雁之助さんは主演の「山下清」役を演じられており、芦屋雁之助さんといえば裸の大将と言われるほどの人気を誇りました。ドラマでは度々おむすびを食べるシーンがあるのですが、晩年の芦屋雁之助さんは糖尿病が悪化していたのでおむすびを食べるのがとてもきつかったそうです。しかし役のイメージもあってファンの方から差し入れでおむすびを貰うことも多く、無理をして食べていたとのエピソードがあります。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の出演しているおすすめ作品③:あすか

次におすすめするのは、1999年から2000年まで放送された「あすか」になります。このドラマは、父親の和菓子作りに魅せられた主人公「あすか」が、父のもとで修業を始めるが…というストーリーになっており、家族との絆や和菓子のリアルな描写が魅力のドラマになっています。
芦屋雁之助さんは「藤吉巌治郎」役を演じられています。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の出演しているおすすめ作品④:よーいドン

次におすすめするのは、1982年から1983年まで放送されたドラマ「よーいドン」になります。このドラマは、裕福な家庭に生まれた主人公「浦野みお」が、家業の倒産からどんどん転落していき、マラソンランナーとして波乱万丈に生きていく人生を描いた作品になっています。
平均視聴率は38.8%で、最高視聴率は43.1%と驚異の視聴率を記録しています。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助の出演しているおすすめ作品⑤:必殺シリーズ

次におすすめするのは、1972年から2018年現在まで放送されているドラマ「必殺シリーズ」になります。このドラマは池波正太郎さんの小説が原作となっており、報酬ををもらい弱者の晴らせぬ恨みを晴らすために裏の仕事を遂行していく人たちの活躍を描いた作品になっています。
芦屋雁之助さんはそれぞれの必殺シリーズで異なる役柄を演じられており、必殺からくり人では「八尺の藤兵ヱ」、新・必殺からくり人では「ブラ平」役を演じられています。

【芦屋雁之助の兄弟・娘・息子・死因・性格・山下清】芦屋雁之助のまとめ

芦屋雁之助さんの死因や家族について、また出演されていたドラマや映画についてなど、芦屋雁之助さんについて詳しくご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
山下清さんとしてだけでなく、多くの役柄を演じられた芦屋雁之助さんの偉大さがよく分かりますよね。これからももっと芦屋雁之助さんの出演された作品が愛され続けられると良いですね。