O5ts7nm18dkbigypwosr

歌手

CATEGORY | 歌手

ディック・ミネの名前の由来は?子供(息子・娘)や妻は?孫もいる?

2018.05.17

戦前・戦後に活躍した歌手ディック・ミネさんをご存知でしょうか。ディック・ミネさんの芸名の由来や子供(息子・娘)、そして孫についてご紹介します。ディック・ミネさんの芸名の由来はある意味が込められていました!そして、息子・娘たちの現在についても追跡しています。

  1. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】プロフィール
  2. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】身長は当時の日本人の平均身長より高め?
  3. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】両親の家系がスゴイ?
  4. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】デビューのきっかけは?
  5. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】ソロ活動のきっかけは?
  6. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】俳優としても活躍
  7. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】名前の由来は?
  8. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】淡谷のり子との関係
  9. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】代表曲4選
  10. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】代表曲①ダイナ
  11. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】代表曲②或る雨の午後
  12. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】代表曲③夜霧のブルース
  13. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】代表曲④モダンエイジ
  14. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】子供(息子・娘)は何人?
  15. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】孫はいる?
  16. 【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】ディック・ミネの名前の由来は●●!&子供(息子・娘)は10人いた!!
引用: http://livedoor.blogimg.jp/hotproperty/imgs/b/2/b2fa1f82.png
ディック・ミネさんは1908年(明治41年)10月5日、徳島県徳島市に生まれました。本名は三根徳一(ミネトクイチ)で、訳詞や編曲を行う時は本名を名乗っていました。また戦時中は外来語を禁止する規制(適性語規制)が施行された時は「三根耕一(ミネコウイチ)」と名乗っていました。

【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】子供の頃から西洋音楽に親しむ

幼い頃からディック・ミネさんは、音楽好きだった母親の影響で西洋音楽をよく聞いていました。父親の仕事で新潟などに転居しますが、大学は立教大学に入学します。厳格な父親はら離れたことなどがきっかけで軟派(不良少年、異性との交際を好む者)な性格となり、ダンスホールやジャズなどを好むようになっていきます。
ディック・ミネさんは高身長だったと言われています。しかし、ディック・ミネさんの身長についての情報がないため、どれくらいの身長だったかは定かではありません。昭和20年前後の日本人の平均身長は158センチで、ディック・ミネさんはこの平均身長よりも高かったと言われています。高身長と甘いルックスでディック・ミネさんは、当時の女性たちを虜にしました。
引用: http://www.meditations.jp/images/NL-1236.jpg
ディック・ミネさんの両親は、実は高学歴で良家だったことをご存知でしょうか。ここからは、ディック・ミネさんの両親についてご紹介します。

【ディック・ミネの名前の由来&子供(息子・娘)はいる?】父親は厳格な教育者

ディック・ミネさんの父親は、東京帝国大学(現:東京大学)卒業で厳格な教育者でした。そのため、ディック・ミネさんも厳しく育てられますが、ディック・ミネさんは厳格な父親の教育の反動からか、大学では女性との交際や音楽に傾倒するようになっていきます。

母親は日光東照宮の宮司の娘

ディック・ミネさんの母親の父親は、当時日光東照宮の宮司をしていました。ディック・ミネさんの両親がどのように出会ったか不明ですが、当時は見合い結婚が一般的だったため、ディック・ミネさんの両親も見合い結婚だったと考えられます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1489797715492-dbd3bd61c6b5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8088a1c1940d6454bfd7d29b4bc6c359&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ディック・ミネさんが歌手としてデビューしたきっかけは何だったのでしょうか。ここからは、歌手としてデビューしたきっかけをご紹介します。

国家公務員として働く

ディック・ミネさんは立教大学卒業後、父親の勧めで逓信省(郵便・通信を管轄する中央官庁。現在の総務省に該当)貯金局に就職します。しかし、音楽の道にも進みたかったディック・ミネさんは、知り合いだったバンド仲間の誘いを受け、逓信省を辞職、音楽の道を突き進むことを決意します。

バンドを結成

1934年26歳の時、タンゴ楽団「テット・モンパレス・タンゴ・アンサンブル」を結成、歌手兼ドラマーとしてダンスホールを中心に活動します。同楽団で活動していた時、運命的な出会いが待ち受けていました。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1516280440614-37939bbacd81?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=3dd4e03b7ee0a4a60d5f34e0cc11a66c&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ディック・ミネさんはある人との出会いによりプロの歌手としてデビューします。ディック・ミネさんがデビュー後についてご紹介します。

淡谷のり子に見出される

引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/30/a2/9e30a24146161bc654e50c5c56dd6b3c.jpg
タンゴ楽団「テット・モンパレス・タンゴ・アンサンブル」の歌手兼ドラマーとして活動していたディック・ミネさんを見出した人がいました。後に「ブルースの女王」として歌謡曲界に君臨する淡谷のり子(アワヤノリコ)さんです。淡谷のり子さんは1930年に歌手デビューしており、翌年「私此頃憂鬱よ」がヒットして、スターダムを駆けあがっていました。

ジャズバンドを結成

淡谷のり子さんに見出されたことがきっかけで、ディック・ミネさんはレコード歌手として歩むことを決意します。1934年に設立されたレコード会社「テイチクレコード(現:テイチク)」に所属、同会社専属のジャズバンド「ディック・ミネ・エンド・ヒズ・セレナーダス」を結成、「ロマンチック」でデビューします。(「ディック・ミネ・エンド・ヒズ・セレナーダス」は1940年に名称が変更、その後、ジャズバンドとして活躍しました)

「ダイナ」が大ヒット

レコード会社「テイチク」が設立間もない年に当時の重役であり、作曲家の古賀政男さんの勧めでアメリカで流行していた「ダイナ」を日本語の詞をあててレコーディングすることを提案、レコードが発売されると瞬く間に「ダイナ」は大ヒットしました。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1518885137200-434f43a6d583?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=636f844feafdb6e4f4b57340a97c10de&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発、ジャズなどの外国語の流行歌や文化を排除する運動が起こったためディック・ミネさんは活躍の場を求め、上海租界(外国人居留地)に活動の場を移しました。戦後はジャズの復活とともに流行歌にも積極的に取り組み、1947年(昭和22年)に「夜霧のブルース」を発売、ディック・ミネさんは日本で再び歌手として活動します。「夜霧のブルース」は松竹映画「地獄の顔」の主題歌として起用、自身も俳優として出演しました。
ディックミネさんはレコードデビュー後の1935年より俳優としても活躍していました。当時流行した日活や松竹などの映画に多数出演、時には「夜霧のブルース」のように主題歌も担当することがありました。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/41/Singing_Lovebirds_2.jpg/220px-Singing_Lovebirds_2.jpg
引用: https://images.unsplash.com/photo-1517838818694-c430f95a8ff1?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=6c448018bf6036b59f1ee920eb44ec0b&auto=format&fit=crop&w=1340&q=80
ディック・ミネさんを知らない人は、外国人またはハーフと間違えますが、ディック・ミネさんは日本人名が本名としてあり、「ディック・ミネ」は芸名です。なぜ「ディック・ミネ」が芸名になったのでしょう。

名前の由来はアメリカ人教師のひと言

ディック・ミネさんの芸名は、大学在学中に既に決まっていました。立教大学でディック・ミネさんは相撲部に所属していました。大学部の相撲部屋でディック・ミネさんが廻しを締めていた際、それを見ていた大学のアメリカ人教師が「君の(男性器)はディック(男性器のスラング)だね」と言ったことが由来です。
また後輩歌手であるジェームス三木さんは「あれ(ディックの由来)は、でっかい!見ねぇ(見なさい)!という意味もある」と語っています。いずれにしてもアメリカ人教師も驚くほどの巨根が芸名になるとは驚きの出来事です。

本人が自慢するほどの大きさ?

2011年1月、ディック・ミネさんの息子である三根健二朗さんは、父親から巨根自慢をされたことを「NEWSポスト セブン」の取材で明かしています。現在に比べて英語に親しみがなかった当時ですが、英語のスラングをそのまま芸名にしてしまうディック・ミネさんは異色の存在だったのでしょう。
亡くなる前に息子の俺にいったよ。『若いころはでかいといわれて、結構自慢だったけどな、ふはぁっ。こうやって使えなくなると邪魔だ。いまはしょんべんするだけだ。この半分でいいな』とさ」

「ディック」は当時の流行語に

「ディック」の意味をあまり知らない当時の若者にも広がり、流行語にもなったそうです。1980年代には週刊誌「週刊プレイボーイ」で「巨根に訊け」というコーナーをディック・ミネさんが担当しており、さまざまな男性の相談に応えていました。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/0b/b0/b20bb0309a588dca10c1a0bacc8b1652.jpg
ディック・ミネさんを見出し、レコードデビューまで導いた淡谷のりこさんと、ディック・ミネさんの関係についてご紹介します。ディック・ミネさんは19808年生まれ、そして淡谷のり子さんは1907年生まれと、実は2人は1歳違いのため年齢が近いことがわかります。淡谷のり子さんはレコード会社「テイチク」などに所属、晩年はディック・ミネさんとのデュエットソングや一緒に番組に出たこともありました。

師弟関係以上の関係が?

引用: https://i.pinimg.com/564x/e7/29/33/e72933c86297c54a006698f9e6e32995.jpg
師弟関係のような2人ですが、同時に男女の関係だったのではと言われています。後ほど詳しくご紹介しますが、ディック・ミネさんは4人の女性と結婚、子供は10人います。また隠し子もいると言われており、淡谷のり子さんとも関係していたのではと言われています。しかし、当時は現在のようにSNSなどが発達していなかったため、本当のところは不明です。2人は単に仲が良かっただけなのでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91%2BqTP713fL._SL1500_.jpg
ジャズや歌謡曲、流行歌を歌ってきたディック・ミネさんですが、その中でも代表的な曲4曲をご紹介します。
1934年12月発売の「ダイナ」はディック・ミネさんのデビュー曲でした。原曲は1925年にアメリカで発売された「Dinah(ダイナ)」で、俳優であり歌手のエディー・カーターが歌いました。日本では1934年5月、中野忠晴さんとコロムビア・リズム・ボーイズが発売したのが最初です。「ダイナ」を発売する際ディック・ミネさんは自ら訳詞・編曲を行っています。現在でも「ダイナ」はディック・ミネさんの代名詞となっている楽曲です。

「ダイナ」を動画でチェック

何度もカバーされている「ダイナ」

「ダイナ」はディック・ミネさん以外にも多くの人にカバーされています。喜劇俳優として戦前活躍した榎本健一さんや芸人の川田義雄さん、なぎら健壱さんなど芸人に歌い継がれてきたことが「ダイナ」の特徴です。
引用: https://i.ytimg.com/vi/PcTV_TJ0nJ8/maxresdefault.jpg
1939年1月に発売された「或る雨の午后」は、ジャズソング・タンゴジャンルとして発表されました。ミュージカル映画「鴛鴦歌合戦(オシドリウタガッセン)」内でも「或る雨の午后」のメロディが歌われています。
引用: http://www.clinck.co.jp/jacket.php?id=SWDNT04323
1947年に発売された「夜霧のブルース」は、映画「地獄の顔」の主題歌として制作されました。戦争により活躍の場を上海に移していたディック・ミネさんですが、「夜霧のブルース」で日本の歌謡界に復活します。「夜霧のブルース」では、映画の舞台が中国であることから中国の地名が入っています。

「夜霧のブルース」を動画でチェック

「夜霧のブルース」をモチーフにした映画が制作

1963年に公開された日活映画「夜霧のブルース」は、ディック・ミネさんの「夜霧のブルース」をモチーフにして制作された映画です。主演は当時人気俳優・歌手として活躍した石原裕次郎さんです。

歌い継がれる「夜霧のブルース」

「夜霧のブルース」は多くのアーティストにカバーされてきました。先ほどご紹介した映画「夜霧のブルース」では石原裕次郎さんがカバー、その他に後輩歌手のフランク永井さん、ちあきなおみさんなど多くのアーティストにカバーされてきました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gaw9wszVL._SY355_.jpg
1982年発売の「モダンエイジ」は、ジャズ歌手であり自分の恩師でもある淡谷のり子さんとのデュエットソングとして発売されました。出会ってから約半世紀経ってからのデュエットソングは、ディック・ミネさんにとっても思い出深い1曲なったでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1503847752244-32e931070a43?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=2384865724dc18763954a559bdc19abd&auto=format&fit=crop&w=1286&q=80
ディック・ミネさんはジャズ歌手として活躍する一方、子供が多かったことでも有名です。ディック・ミネさんの子供についてご紹介します。

実子は10人!

ディック・ミネさんは生涯で4人の女性と結婚、10人の子供がいます。中でも最も有名なのが、三男として生まれた三根信宏(ミネノブヒロ)さんであり、後に「伝説のギタリスト」として日本のみならず世界的に有名になりました。三根信宏さんの身長について調べてみましたが、身長についての情報がありませんでした。しかし、ディック・ミネさんを父親に持つ三根信宏さんも高身長であると想像できます。

隠し子を含めると10人以上の子供が!?

ディック・ミネさんは日本人離れした容姿とスラリと高い身長で、当時の女性を虜にしました。話題になるのは歌以上に女性関係が多かったほど、当時の芸能誌を賑わす存在でした。ディック・ミネさんは歌手活動で全国を回る間に、複数の女性と関係を持ってきたと言われています。
また巨根自慢をしているほどディック・ミネさんの男性器は大きかったため、避妊具を使ったことがないと自身も語っています。息子の三根健二朗さんは、ディック・ミネさんから生前「避妊具を使ったことはない」と聞いていたことから、10人以上子供がいるのではと言われています。
「『俺は一生、コンドームってもんを使ったことがねえ。そもそも合うサイズがない。一回やってみようとむりやり入れたら破けちゃった』って。

歌手・秋元順子は隠し子?

ディック・ミネさんの子供として噂されているのが、ジャズシンガーとして活躍する秋元順子(アキモトジュンコ)さんです。秋元順子さんはハワイアンバンドの一員として活動後、ジャズシンガーとして58歳でデビューしました。一部では「ディック・ミネと淡谷のり子の子供では?」と言われていますが、真相は定かではありません。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1440015153132-a81ea2998882?ixlib=rb-0.3.5&s=be9a39153f86f839610b1163cf7d0f38&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
昭和の時代に活躍したディック・ミネさんは、多くの子供をもうけたことがわかりました。豪傑な祖父の血を継ぐ孫たちの現在について調べてみましたが、多くの情報を得ることができませんでした。先述したギタリスト三根信宏さんの子供(ディック・ミネさんから見ると孫)の存在にていての情報もないため、子供がいるかどうかもわかりませんでした。

青木選手(西武)とディック・ミネの孫が結婚

ディック・ミネさんの孫に関して、ひとつだけ情報がありました。2004年4月、当時西武ライオンズの投手・青木勇人(アオキハヤト)さんが結婚しました。お相手はなんと、ディック・ミネさんのお孫さんでした。ディック・ミネさんの孫である佐久間多香子さんは当時26歳でした。現在、青木勇人さんは現役を引退、広島東洋カープ三軍投手コーチとして指導しています。
佐久間多香子さんはディック・ミネさんの何番目のお子さんで、何人目の孫かは不明でした。佐久間多香子さん以外の孫の情報がないため、他の孫の現在や近況については不明です。孫の代になると、一般人として普通に生活している可能性があります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/07/ec/2a07ec7da2c825dbcae9be6494d3fb1d.jpg
ディック・ミネさんは昭和初期からジャズシンガーとして活躍してきました。淡谷のり子さんに見出されてデビューしますが、音楽的才能は幼い頃に聞いた西洋音楽のおかげかもしれません。当時の日本人の平均身長を上回る身長だったという説や、子供は10人以上いた、そして隠し子がいるという噂など本職の歌手活動以外の話が絶えない人物でもありました。
ディック・ミネさんの楽曲はシングル盤でも聞くことができます。また動画配信サイトでも当時の映像を見ながら聞くことができるので、気になる人はディック・ミネさんの曲を聞いてみましょう。昭和の匂いを感じることができるかもしれませんよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BO4YcmQjo8n/?tagged=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9F%E3%83%8D