Qyeugkussuasjztjtly0

女優

CATEGORY | 女優

京塚昌子の死因は?家族や、出演ドラマの情報!身長が高かった?

2018.05.13

京塚昌子の死因は?家族や、出演ドラマの情報!「日本のお母さん」として人気だった女優の京塚昌子さんについて紹介致します。紹介内容は「プロフィール」「経歴」「死因は?」「身長は高かった?」「家族は?結婚は?」「画像」「出演作品」などです。

  1. 【京塚昌子の死因は?家族は?】プロフィール
  2. 【京塚昌子の死因は?家族は?】経歴
  3. 【京塚昌子の死因は?家族は?】死因は?
  4. 【京塚昌子の死因は?家族は?】身長は高かった?
  5. 【京塚昌子の死因は?家族は?】家族は?結婚は?
  6. 【京塚昌子の死因は?家族は?】ドラマ『肝っ玉かあさん』
  7. 【京塚昌子の死因は?家族は?】ドラマ『ありがとう』
  8. 【京塚昌子の死因は?家族は?】映画『日本一の色男』
  9. 【京塚昌子の死因は?家族は?】映画『空想天国』
  10. 【京塚昌子の死因は?家族は?】まとめ
引用: https://pbs.twimg.com/media/DcSybx4UQAAxRsJ.jpg
京塚昌子(きょうづかまさこ)さんは1930年3月16日生まれで、1994年に64歳で亡くなられた東京都出身の女優さんです。主にテレビドラマ、映画、舞台で活動していました。
今回は、女優の京塚昌子さんについて紹介致します。紹介内容は「経歴」「死因は?」「身長は高かった?」「家族は?結婚は?」「画像」「出演作品」などです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Cv37fi9UMAAdd3m.jpg
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N866_kokubantokabin_TP_V1.jpg
京塚昌子さんは、東京都出身で佐野高等女学校(栃木県立佐野女子高等学校)を卒業しています。高校卒業と同時に「新派」に入団しました。そこで、俳優の伊志井寛さんとの相手役を務め人気を獲得しました。
1968年には伊志井寛さんの娘の石井ふく子さんプロデュースの作品のドラマ『肝っ玉かあさん』で母親役を演じ知名度を全国区へとしました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYI7QjiVQAAQ7fX.jpg
その後もテレビドラマでは母親役を演じる機会が多くなり1970年代に「恰幅が良く、割烹着が似合う母親役」として人気の女優さんへとなりました。また、日本を代表するお母さん女優として多くのCMにも起用されるようにもなりました。
しかし、1971年に糖尿病を患ってしまい、1983年には脳梗塞で倒れてしましました。一時的に芸能界を休業したものの、症状が悪化し事実上芸能界を引退してしまいました。芸能界を引退してから闘病生活を送っていましたが、1994年9月23日に64歳という若さで亡くなってしまいました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNNeqL1UEAAelS5.jpg
京塚昌子さんは1960年代から1970年代にかけて人気の女優さんでした。しかし、1994年9月23日に64歳の若さで亡くなりました。死因は心不全でした。脳梗塞で倒れ芸能活動を引退し、約11年間闘病生活を送っていたそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DI7LgOCUwAA3T-A.jpg
過去には糖尿病と診断されたこともあり、自身もふくよかな体型であることから、「減量しなきゃ体に悪いわね」と共演者に漏らしていたこともあるそうです。また、一晩でウイスキーのボトルを3本も空けたことがあるほどの酒豪でもあったそうです。
病気を患ってからは食事制限をし、85㎏あった体重は60㎏をきるまでのダイエットに成功したそうです。また、ホルモン治療も受けて痩せようと努力していたそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C8hBX62U0AEafe-.jpg
糖尿病と脳梗塞と病気を患った京塚昌子さんは最後は心不全のため亡くなりました。
京塚昌子さんはふくよかな体型で日本のお母さんとして人気を獲得していました。全盛期で活躍していた時は体重が85㎏もあったそうです。では、身長はどのくらいあったのか?公式発表している身長は存在しませんでしたが、画像で見る限りそこまで身長が低いようにも見えないので、160㎝くらいではないかと言われています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYmrY7QU8AAL5j6.jpg
上の画像の右にいらっしゃるのは、俳優の草刈正雄さんです。草刈正雄さんの身長は185㎝です。画像は185㎝の草刈正雄さんが奥にいるため小さく見えます。だとしても、身長が低いようには感じられないので160㎝はあったでしょうね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DcifZ_OVwAE68a6.jpg
こちらの画像が現在の草刈正雄さんです。かなり身長が高いですね!
生前は独身で結婚を一度もしていないと言われていましたが、京塚昌子さんが30代の頃に内縁の夫がいたと亡くなってから報道されていました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Ct2D5_MVUAAH6D8.jpg
内縁の夫の方の名前などはわかりませんでしたが、相手はかなりの美貌の男性だったそうです。また、その男性はゲイだったとも言われています。その内縁の夫とは3年間内縁関係だったそうです。別れた後も酒を飲み交わす関係ではあったとも報じられています。
家族は妹がいるということがわかっています。京塚昌子さんが亡くなる直前も最後まで妹さんが付き添っていたそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Ct2D5_VUEAArQSw.jpg
京塚昌子さんといえば代表作は『肝っ玉かあさん』ですね!ドラマ『肝っ玉かあさん』は1968年から1972年までに放送され、全3シリーズで行われ視聴率は30%前後を獲得したヒット作品です。主演はもちろん京塚昌子さんで、京塚昌子さんは大正五三子役で出演しました。他にも山口崇さん、長山藍子さん、沢田雅美さん、千秋実さん、山岡久乃さんなどが出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/BxYN4wUCUAASrAZ.jpg
ここまで肝っ玉かあさんで大正五三子役を演じた京塚昌子さんの画像を紹介していきました。こちらも大正五三子役を演じた時の画像です。
【あらすじ】大正五三子(京塚昌子)は、女手一つで原宿で蕎麦屋「大正庵」を切り盛りしている。長男・一(山口崇)は清田綾(長山藍子)と結婚し、長女・三三子(沢田雅美)は看護学校に通っている。清田家や大正庵の従業員たちも巻き込み、様々な騒動が起きるが、明るく前向きに解決していく姿を描いた。

ドラマ『ありがとう』は1970年から1975年まで全4シリーズで放送されたドラマです。1970年代を代表するホームドラマでもあります。京塚昌子さんは第4シリーズから出演しており春木治香役を演じました。
主演は水前寺清子さんで、水前寺清子さんの『ありがとうの歌』は主題歌としても使用され話題になりました。
映画『日本一の色男』は1963年7月13日に公開された映画です。植木等さん、団令子さん、草笛光子さん、淡路恵子さんなどが出演しています。京塚昌子さんは権田原コチ役で出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSrf2o6VwAEHlpE.jpg
【あらすじ】女子高教師の光等(植木等)は、厳粛な卒業式で何故か突如踊りだし、式をめちゃくちゃにして学校を飛び出してしまう。化粧品会社のセールスマンとなった彼は、言葉巧みなセールストークと破天荒ながら計算高い手法で女性たちを陥落させていきトップセールスマンとして巨額の金額を稼ぎ出すのだった。女性たちはそれぞれ自分こそが光等の恋人だと自認して追いかけるが、等は逃げ出して……。

映画『空想天国』は1968年8月14日に公開された映画です。酒井和歌子さん、宝田明さんなどが出演しています。京塚昌子さんは田丸久子役で出演しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DaGHycvVQAE5YOn.jpg
【あらすじ】気弱なサラリーマン田丸圭太郎は空想が大好き。空想の中では大活躍し素敵な女性と結ばれても、現実では失敗ばかり。そのせいでとうとう社員から守衛に格下げされてしまう。ある夜、田丸と守衛長は会社に侵入した謎の集団に襲われ、守衛長は重傷を負って入院してしまう。ところがそこで空想の中にいつも現れるあの素敵な女性と出会う。彼女は守衛長の娘、山村宏子だった。喜ぶ田丸だが、その後ちょっとしたことから田丸は警察から会社に侵入した集団の仲間ではないかと疑われ、逮捕されてしまう。留置所から脱走した田丸は、例の集団にさらわれた宏子を救うために立ち上がる。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DZ3G4EiUMAAOMfp.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSBMezDVoAIiO2m.jpg
今回、女優の京塚昌子さんについて紹介致しました。京塚昌子さんは1994年9月23日に64歳の若さで心不全で亡くなりました。ドラマ『肝っ玉かあさん』で大ブレイクし日本のお母さんとして人気を獲得しました。
身長は公式では発表されていませんでしたが、160㎝は超えていたと言われています。結婚はしていませんでしたが、内縁の夫がいたそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CasHY9KUEAA3iKJ.png
1960年代から1970年代にかけて活躍した京塚昌子さん!気になった方は京塚昌子さんの作品を是非、見てみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DcSybx4UQAAxRsJ.jpg